« 大塚康生先生の本 | トップページ | オープントップ礼賛 »

季節外れですが水上機なんかも

わたしはいわゆる『ゲタバキ機』も好きでして、日本機で言うと零式水偵、二式水戦、米軍機だとシーガルやこのキングフィッシャー、英のウォーラスなんかがストライクゾーンです。

このキングフィッシャーはモノグラムのいわゆるHI-TECH版のやつです、○ザワヤの模型売り場で見つけて条件反射的に買ってしまいました。

組んでみるとやっぱり古さは隠せないのですが、そこはそれ雰囲気重視の私としては気になるところさえ手を入れれば全然OKになりました。Kf1











そんでもって最近書店で見た(立ち読んだ)歴史群像の戦史シリーズにキングフィッシャーの写真があったので勢いでウイングフロートに斜めの支柱を一本ずつ追加してみました・・・(このへんは細かい考証無視です、すみません)

Kf2





オオタキのクルーに登場してもらいました。



さて制作意欲の向上のため一度トライカラーに塗って、盛り上がったところでエッチングをあらかたつけて写真の状態になりました。

ここまでくると今まではここからしばらく放置状態になってしまうことの多かった自分ですが、最近のテーマは『とにかくフィニッシュまで持っていく』なので、萎えないうちにこのままフィニッシュまで持っていくぞ~。

Ff3










やっぱ作りかけで放置するといろいろ問題が・・・ほこりは付くわ、部品はなくなるわ・・・このキングフィッシャーも回転機銃のリングがどっかに飛んでいってしまって見つからなくなってしまいました。

みなさん開けたら早めに食べま、じゃない完成させましょうね~(自戒)

|

« 大塚康生先生の本 | トップページ | オープントップ礼賛 »

模型製作記 キングフィッシャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 季節外れですが水上機なんかも:

« 大塚康生先生の本 | トップページ | オープントップ礼賛 »