« P-63キングコブラ(その2) | トップページ | T-34/76 1942年型 »

矢矧(5)-細部艤装

矢矧・・・細々と続いております。

ジョーワールドのEPを組立、塗装、組み付けしております・・・手間がかかるのですが、手を入れただけの効果は歴然ですね。

しかしエッチングの手すりがよれよれになってきて廃艦のようになってきました(^^;)

1

こうなるとWLのリニューアルパーツをそのまま使ってしまった三連装機銃が今頃になって気になってしまう・・・でもこの仕上がりに合わせるためには最終的に武装もEPにしなくてはいけなくなってしまう気が・・・玉突き的に工作が増えて工期と予算が膨らんでしまいます。むやみに時間を開けてはいけないですな~

2

ところで最終時の矢矧は艦載機を定数積んでいったのでしょうか?とりあえず予備フロート台にフロートを積んでいったとは思えないんですが、どうなんでしょう。

3

あとは単装機銃です・・・艦載艇を降ろした後の増設機銃は再現するつもりですが、そうすると他の単装機銃もすべて再現するのか?目立つとこだけにして間引くのか?

学研の帝国海軍艦艇模型集を眺めながら構想を練ります。

4

考証のゆるい私もけっこう悩みは尽きません・・・駆逐艦だとあまり悩まないんですよね~どうしてだろ?

Photo

しかしこの姿は優美です。

5

軽巡の正常進化型ですね^^

6

大淀も作りたいっすね・・・フジミだけど(笑)

|

« P-63キングコブラ(その2) | トップページ | T-34/76 1942年型 »

模型製作記 矢矧」カテゴリの記事

コメント

シロイルカさん、こんにちは^^
矢作はストックが数隻あり構想だけが先に進んでいる状態です^^;
最終時の水偵ですが特攻時の破壊された有名な写真を見ると航空甲板の横にずり落ちた翼の様な物が確認されます
人の見解によってはカッターと言う方もいます
意見が分かれるところですね
後はシロイルカさんの判断に委ねます^^/

投稿: らびQ | 2008年11月30日 (日) 11時35分

らびQさん、早速のご教授ありがとうございます。
見た目的には三座水偵2機積んでおきたいのですが、あの時期に貴重な水偵の搭乗員を伴っていったのがどうかちょっと疑問だったので・・・

投稿: シロイルカ | 2008年11月30日 (日) 15時56分

こんばんは

機銃は、私は、P社の駆逐艦などから奪ってWLシリーズにも使って統一しております。

HPは買う気はありませんが、ファインモールドのものは、組み立てる必要が無いようですので、値段によっては買うかもしれません。

水偵は、模型的には乗っていたほうが楽しいと思います。

私たちのようなマニアが知らないのですから、気にすることは無いのでしょうか。

学研の帝国海軍艦艇模型集の模型も推測で作っている部分が多々あると思いますよ。

投稿: Kさん | 2008年11月30日 (日) 21時45分

先ほどのHPはEPの誤りです。

投稿: Kさん | 2008年11月30日 (日) 21時46分

艦艇の考証は難しいみたいですね
私は気にしてないのですが資料もない
ので何とか完成に持ち込みたいのです
飛行機を載っているのがいいです
どうしても飛行機から離れられないの
で艦艇でもそんなのが多いです

投稿: あきみず | 2008年11月30日 (日) 22時48分

Kさんこんばんは、
Kさんのようにレギュレーションがはっきりしてくると迷いが無くなると思うのですが・・・
正直みなさんの見解を聞いて自分なりの基準を作っている最中です・・・
男らしく素組みにも惹かれるんですが^^

投稿: シロイルカ | 2008年11月30日 (日) 23時51分

あきみず様こんばんは
考証に関しては予防線を張って自分の無知をあらかじめお伝えしておく意図もあります(笑)

>飛行機から離れられない
いいセリフですな~私もAFVは対空戦車とか好きですし航空兵装のない船はさみしいと感じます。

投稿: シロイルカ | 2008年11月30日 (日) 23時59分

矢矧、凄いディテールですね。
艦船シロウトの私ですが、現在秋月を難儀しながら作っているので、凄さが判ります。

それにしても、艦船の資料写真は不鮮明でわかりづらいですね。

投稿: pierre k | 2008年12月 1日 (月) 00時03分

pierre K様おはようございます。
私も、もともとはリニューアルのタミヤの『長良』を手にしたのがきっかけです。
pierre K様も病み付きになったりして(笑)
まだまだ戦艦には手が出ません…今のところキットを眺めているところです。

投稿: シロイルカ | 2008年12月 1日 (月) 09時47分

スミマセン時間が無いので要点だけ。

坊ノ岬沖海戦時の”矢矧”には
出撃時には零式3座水偵を2機とも搭載。
08:15対潜警戒のため1機射出。
もう1機は矢矧とともに水没。

はっきりした証拠写真はあります。
ブログ復帰時に写真を2枚ほどどこかに提示しますのでお待ちください。

投稿: シミソ | 2008年12月 2日 (火) 23時38分

シミソ様、ご多忙中恐縮です;
対潜警戒ですか…なるほど(納得)
これで気懸りなく搭載できます。

ご復帰をお待ちしております、季節柄ご自愛ください。

投稿: シロイルカ | 2008年12月 3日 (水) 10時18分

シロイルカさん、こんばんは
やはり搭載されているようですね
ご参考にしてください
http://www.d4.dion.ne.jp/~ponskp/yamato/imperialfleet/yahagi_1.jpg

投稿: らびQ | 2008年12月 7日 (日) 17時12分

らびQさん、こんばんは
みなさんに考証の手伝いをしていただき恐縮です。
これで心置きなく搭載できます^^
〇arbirdsならば間違いなく自分で調べるよう諭されるところです(汗)
でも私にはこういう感じが性にあっているようです。これからもまたお手を煩わせると思いますが、よろしくです。

投稿: シロイルカ | 2008年12月 7日 (日) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 矢矧(5)-細部艤装:

« P-63キングコブラ(その2) | トップページ | T-34/76 1942年型 »