« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

T-34/76 1942年型

また血中AFV濃度が上がってまいりました(笑)

またストックをかき回して未完成品を引っ張り出します・・・一時私の中で東部戦線ブームがあったらしくT-34の1942年型がでてまいりました。

別に新品のキットを開けても良いのですが根っからの貧乏性でこうなります(笑)

フォッケのA-4も出てまいりました(ハセガワの旧版)いつか成仏させます。

KV-1の時も書きましたがこの頃のタミヤのフィギュアは皆、男前過ぎるので露助らしく丸顔に替えてあげます。

T34

このキットももうドラゴンやズベズダやマケットのキットがあるのでお役御免ですか・・・

T341

戦車帽もクッションの部分を強調してアップデートします。

T342

まるでコメディアンのようになってしまったので少し男前に直してあげました(笑)

この先どうするかは決めておりませんP-63が余りにも手が掛かるので息抜きです(^^;)

T343

箱絵の冬季迷彩で仕上げてみましょうか・・・どっかから跨乗歩兵を調達してきて・・・

| | コメント (10) | トラックバック (0)

矢矧(5)-細部艤装

矢矧・・・細々と続いております。

ジョーワールドのEPを組立、塗装、組み付けしております・・・手間がかかるのですが、手を入れただけの効果は歴然ですね。

しかしエッチングの手すりがよれよれになってきて廃艦のようになってきました(^^;)

1

こうなるとWLのリニューアルパーツをそのまま使ってしまった三連装機銃が今頃になって気になってしまう・・・でもこの仕上がりに合わせるためには最終的に武装もEPにしなくてはいけなくなってしまう気が・・・玉突き的に工作が増えて工期と予算が膨らんでしまいます。むやみに時間を開けてはいけないですな~

2

ところで最終時の矢矧は艦載機を定数積んでいったのでしょうか?とりあえず予備フロート台にフロートを積んでいったとは思えないんですが、どうなんでしょう。

3

あとは単装機銃です・・・艦載艇を降ろした後の増設機銃は再現するつもりですが、そうすると他の単装機銃もすべて再現するのか?目立つとこだけにして間引くのか?

学研の帝国海軍艦艇模型集を眺めながら構想を練ります。

4

考証のゆるい私もけっこう悩みは尽きません・・・駆逐艦だとあまり悩まないんですよね~どうしてだろ?

Photo

しかしこの姿は優美です。

5

軽巡の正常進化型ですね^^

6

大淀も作りたいっすね・・・フジミだけど(笑)

| | コメント (13) | トラックバック (0)

P-63キングコブラ(その2)

仮組み中・・・

具を詰め込んでみたものの案の定レジンパーツ同士で干渉してふたが閉まりません・・・

覚悟はしていましたが、地道な削りあわせと相成りました。

格闘3時間でどうやら具を詰め込むことに成功(笑)

この手のキットの場合最初に仮組みして様子を見てから組み始めないと、途中で破綻してしまう事が経験上予想されますので、テープとパテと真鍮線を駆使して仮組みしてしまいます。

P63_2

レジンパーツ自体は精密感のあるモールドでいい感じです、湯口を粉まみれになりながら削り取ると案外きっちりとはまってくれました・・・ラッキー

P633

プラパーツの合わせはいまいちです、ICMとはえらい違いです・・・

P631 

脚を仮付けして三点姿勢にして見ます・・・プロポーションは悪くないっすね、思ったよりかっこいいぞ^^

しかしプロペラのクリアランスがちょっとなさ過ぎる感じです、本当は前車輪の脚柱を延長した方が良さそうだけどソフトメタルなのでちょっと無理かも・・・

それともペラのほうが長すぎか???

P632

仮組み完了・・・次は具に色を塗りましょうか・・・レジンって嫌いだけど頑張ります(笑)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

P-63フランス空軍(その1)

さて、次の空物を物色

以前エデュアルドのテンペストを完成させたのに味をしめて、フォンドリー・ミニチュアのP-63を買い込みました。

これはHi-TechのP-63と同じキットだと思います。完全なるマルチマテリアルキットです・・・エデュアルドのキットはクリアパーツか成型品だったのですがこいつは塩ビのバキュームでした・・・

P63

成型品も表面がボッコボコでエデュアルドとは天と地ほどの違いでした(笑)

仮合わせだけして蜜柑山に積んでおいたのが3~4年前でしょうか・・・

P631

Hi-Techのロゴがマジックで消されているのが笑いを誘います・・・自分で買ってなければ買うやつの気が知れないタイプのキットです・・・

P632

さて・・・と、一番のネックは資料のないことです。私の持っている資料は新旧世傑が2冊、すべてP-39のおまけなのがまた笑いを誘います。

P633

カードアのパーツが入っておりますがモールドを自分で切り取って合わせなければいけません・・・嫌がらせか(笑)

P634

しかしこのキットはプラがやわらかいので切り取り自体は簡単でした。

こいつは開状態で固定しないとだめかもしれない・・・

P635

プロペラハブがレジンでブレードはホワイトメタル・・・です。

本当に完成させられるのか・・・・・・

やっぱり期待しないでください(笑)

あと、マーキングはインドシナのフランス空軍(インドネシア1950と書いてあるんですが仏印ではないのか?)でした・・・

| | コメント (11) | トラックバック (0)

MIG-3(その10)-完成

Mikoyan & Gurevich MiG-3

三連休♪

休みじゃない方もいるのは承知ですがモデラーとしては掻き入れ時です。

毎日更新を目指します^^

MIG-3もあとはウエザリングと細部パーツの取り付けのみ・・・

しかし確かに真っ白の機体を汚すのは難しい・・・下手すると冬季迷彩のT-34みたいになっちまいそうです(笑)

まずは水性ホビーカラーのフラットクリアーにミディアムブルーを少量混ぜて色を落ち着かせました。その後エナメルのニュートラルグレーで墨入れしてエナメルシンナーでふき取ります。

Mig3

そしてクリアパーツのマスキングをはがします・・・一気に格好よくなります(^^)

第1風防と第3風防は接着といたします、が、その前に照準器を造作します。

この照準器も組説では取り付けがよく判りません・・・日本のインストに慣れてしまった私への活でしょうか(笑)

Mig31

その他いろいろとタッチアップをして最後に脚カバーを取り付けて完成・・・やったー

Mig32

全部蓋した状態です・・・高速機の面目躍如です、格好いいです^^

しかしクリアパーツは組みつけてみると透明度いまいち・・・まあソ連機はクリアパーツの透明度悪かったようですのでこれでリアルなのか(笑)MIG-3ではないですが牛乳瓶の底という表現がありました(笑)

Mig33

今日は時間があったので画像てんこ盛りでお届けしております・・・脚カバーは自分で折り曲げて角度を決めるという荒業です・・・ただしプラの質がミルキーみたいなので簡単ですが(笑)

Mig34

クリアパーツ透明度は悪いが合いはなかなか良好ですね・・・合格

Mig35

モスクワの首都防衛隊1941~42にかけての冬季の仕様とあります。

名機とはいいがたいですが救国の機材なんでしょうね。

Mig36

いろんな角度から撮りましたが斜め後ろからがなかなかセクシーです。

Mig37

オープンも出来るよ~(^^)v

| | コメント (17) | トラックバック (0)

矢矧(4)-サーチライト加工

久しぶりに矢矧を進めます。

この矢矧実は艦船復帰の第2弾だったのですが、エッチングに慣れていないせいで工期が遅れに遅れていまだに完成しておりません・・・

部品も異次元に飛びまくっており、作るたびに何か部品がなくなるという悲しい状況です。

本日高雄のサーチライトに手を入れようと思っていたのですがどうせなら2隻一緒にというわけでひさびさに引っ張り出しました。

H

ウェーブのHアイズをWLのリニューアルパーツW-14にはめ込んでみます、矢矧(最終時)と高雄の分なので合計5個です。

まずW-14パーツのレンズに相当する部分をピンバイスで彫りこみます。

彫りこんだ凹部にシルバーを流し込みます・・・私はいつものミニ4マーカー(笑)

Photo

私のデジカメは旧式なのでマクロモードでもこれが限界・・・ピンボケすみません(^^;)

乾いたらHアイズから適当なサイズのパーツを切り出して美透明接着剤(←マイブーム)をつかって接着しました。

2

画像ではよく判りませんがそれらしくはなりました、P社のクリアー成型品よりもコストパフォーマンスは少し良いと思います。

Photo_2

矢矧のサーチライト台座にセットした状態・・・JWのエッチングの考証に従い箱絵とは異なるサーチライト一灯の状態です。

このあとまた艦橋の部品を落として方探の台座が異次元に逝ってしまいました(泣)

完成はまだまだ遠い・・・

| | コメント (8) | トラックバック (0)

MIG-3(9) - デカール貼り&番外:昆布おにぎり考察

今週は仕事が忙しく、おまけに風邪気味です。

昨日まで模型を弄る気が起らずぐだぐだしておりました。

本日やっとタッチアップ&デカール貼りをいたしました。

Mig3

機番号とレッドスターだけのシンプルなデカールです、でもこの機体には似合っております。

派手な赤矢印もあったのですが取り外しのパネルに掛かるのでパスしてしまいました(笑)

Mig31

ICMのデカールは模型誌で割れるのどうのといわれておりましたがこのキットの物に関しては、つや消しで少々厚いことを除けは問題ありませんでした。

Mig32

週末はクリアー吹き&ウェザリングにいけそう♪

◎番外 - 昆布おにぎり考察

リンク先のシミソ様のブログで昆布おにぎりに関して話題が盛り上がっておりまして。

私が埼玉代表として関東のコンビニには昆布おにぎりは存在しないと断言したのですが、その後職場近く(都内)のコンビニで発見してしまいました・・・

その名も『昆布ごはん』・・・微妙

200811181323000

とろろ昆布ではなくおぼろ昆布のようなものくるんであるのですが、食してみたところ中のごはんに昆布の佃煮が混ぜ込んでありました。

佃煮の味が勝っているので外側の昆布の味があまり感じられません・・・果たしてこれが北陸の『昆布おにぎり』と同じコンセプトのものなのか???

それとも似て非なるものなのか?

謎です(笑)

プロの分析を・・・

| | コメント (10) | トラックバック (0)

MIG-3(その8)-塗ります

やっと塗装です。

ロシアンブルーって難しい色だな・・・こんな鮮やかな水色でかえって目立ったんじゃないかと思いますね~。

水色と白と真紅・・・模型としては最高の配色・・・きれいに完成したら目立つことこの上なし。

表面が気になったのでサンペで撫でたあとホワイトサフを吹いたら見事にはじきます(^^;)

こういうときは濃い目のアクリルで表面を封じ込めるように塗装しちゃいいます、このほうほうが良いかどうかは?ですが(汗)

マスキングを重ねながら塗り分けていきますので最後はマスキングテープの簀巻き状態です(笑)

Mig3

さすがに本日は天気が悪いのでタミヤアクリルといえども塗料ののりが良くないです。

塗装終了・・・マスキングをはがす・・・今日はちょっと怖い。

Mig32

致命的な失敗はしていないようですがマスキングテープと一緒に塗膜がはがれて・・・かなりリカバリーが必要な状態です。

Mig31

主翼上下の接着線が・・・消えていない・・・せっかくシミソさんに良い方法を教えてもらったのに(汗)

やっぱ急がば回れです。でも、いつもやっちまってます(←直さんかいっ)。

ロシアンブルーとか言いながら下面色のよく判る画像がないし・・・

Mig34

細かいタッチアップ&デカール貼りは明日以降に決定いたしました・・・

Mig35

でも、この塗装まじでレーサー機みたい、航研機とか・・・

Mig36

そうそう、本日〇ョーシンキッズランドでアオシマの扶桑1944を買ってまいりました♪

うれしいっす^^

| | コメント (8) | トラックバック (0)

MIG-3(その7) 細部の造作&マスキング直前ね

胸突き八丁・・・地味な作業が続きます。

着陸灯はクリアーパーツがちゃんと用意されておりますが分厚いので中に光りものをセットするスぺースがありません・・・

ただ、合いは悪くないのでクリアパーツをピンバイスで直接彫り込み凹部にシルバーを流し込みました・・・かえって楽ができた^^

接着はラッキーユダヤ様ご推奨の美透明接着剤を使ってみます、初めてなのでちょっとドキドキ(笑)

Mig3

無線支柱はカバーの開閉時(といっても上からかぶせるだけだけど)に力が掛かりそうなので真鍮パイプの叩き出しに変更。

本日の写真はみんなピントが甘い・・・ごめんなさい

Mig31

ピトー管?は金属線に置き換えます、この辺は特に不要だったりするんですが、私は塗装時とかに不用意に握ったりして折ってしまうことが多いので換えてしまいます。

Mig32

そしてプロペラピッチです・・・ここはあまり自信が無いのですがひねりを入れつつ翼断面になるように慎重に削り込みました・・・が、どうでしょうね~(汗)

Mig34

あまり代わり映えしないかも・・・

最初に下面色のロシアンブルーを塗りますので開口部をマスキングします・・・ってこれがなかなかめんどくさい。

といいつつマスキングをはじめようとしたところで表面の微妙な凹凸(梨地というよりも簡易成型っぽい特有のざらついた感じ)が突然気になり始め表面をもう一撫ですることに・・・急がば回れか(^^;)

次回はやっと色塗れます。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

MIG-3(その6)

MIG-3にもどります。

こんなマイナーアイテムを楽しみにしている人が割りと多いのにびっくりしております(笑)

本日は武装の装備とマスキングをして外形の最終チェックまで・・・これでやっと塗装に掛かれます。

Mig34_2

機銃が直接フレームにマウントされております、これで良いのでしょうか?

よく判りませんがウクライナなので実機または一次資料を参考に作られたはず・・・なのでこのままで済ませます。メカメカしくて雰囲気は最高です。

Mig35

ついでにシリンダーヘッドのカバーも勝手にグレーに塗ってしまいます・・・こんなに適当でよいのだろうか・・・

Mig36

クリアパーツとカバーを全部はずすとスケルトンモデルっぽくなります・・・キット設計者の心意気が伝わりますな ~いい感じです^^

Mig3_2

で、これがカバーとクリアパーツ全閉にしてエルロンとスラットも装備した状態です。

ソ連機っぽくなってきました・・・塗装はスピナーと外翼が赤の冬季迷彩(白×ロシアンブルー)にすることにしました。

Mig31

フィンランド空軍の鹵獲機もあったそうですがまたの機会に(笑)←きっとこんな機体もう作らないくせに。

Mig32

ここまで来ると次に何を作ろうか考え始めます、次に何を作ろうか迷うのが楽しいですね~って早く塗装にすすまんかい(笑)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

高雄(4)

久々に船物の更新です。

前から気になっていた高雄、手すり着けの直前で工事中断しておりました。

ライオンロアの手すりなんですが、へろへろでちょっと間違えて変な持ち方しただけで、ぐんにゃりいきます・・・繊細できれいに付けられば写真写りは最高なんですが・・・

Photo_2

フェアリーダーは箱絵を参考に強調して作りました、私の船は考証ゆるいので雰囲気で楽しんでください(汗)

1

一応レイテのパラワン水道の高雄を想定しております・・・魚雷を喰らって脱落する直前だな(汗)

2

マスキング済み状態・・・やっと塗装に入れます、時間掛かったな~(笑)

3

基本塗装完了後です、この状態が一番好きです^^

4

アオシマのこのキットはかっちりしていてかっこいいです、1/350も出てますがこのキットに関してはデータ流用のリニューアルの必要はあまりなさそうですね。

無事にパラワン水道を抜けて欲しかったもんですな~

艦船モデルが盛り上がっていますんで私も盛り上がりついでに便乗しております。

最近、ネタの広げすぎで自縄自縛気味です(笑)次は何にするべきか・・・

5

自分でも予想不能です(笑)では!

| | コメント (12) | トラックバック (0)

MIG-3(その5)士の字になりました

1/350の赤城が出ましたね~

値段が値段なんでちょっと手が出ません、しょうがないので1/700のフジミの霜月(エッチング付)を買って帰ってきました(笑)

1/350艦戦モデルが凄いことになっておりますが私の場合、仮に完成しても置くところがない・・・という問題が・・・頼んで模型店に置いてもらう程の度胸のない私は最近困ってきております。鵜来くらいは買いたかったんですがねぇ・・・

出来ればフジミの榛名は欲しいんですけどね・・・1/700で我慢か・・・

とにかく積み在庫と作りかけの消化に専念してぐっと我慢(笑)

しかし、この3連休は怠け気味で娘と釣りに行ったり、ゲームBOYでポケモンしたり、昼間から眠ったりとぜんぜん進みませんでした。

とりあえずの字にはなりました。

Mig

自分の場合ここまででモチベーション使い果たして塗装の前にしばらく放置のパターンが多いです(笑)しかしMIG-3の場合塗装が単純な上下2色塗り分けなので大丈夫か・・・

1

予想以上にフィッテイングが良く、開閉選択も充分行けそうです。

しかし妙なプラの質です、粘り気があって硬いキャラメルかミルキーを連想させます・・・

ペーパーがけやりにくいな~

Mig1

エルロンとスラットも別部品です^^

もし店頭で見かけることがあれば、とりあえず『買い』です(笑)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

MIG-3(その4)

あまり進んでおりません。

だったら更新しなければ・・・と思うのですが、せっかくお休みなので(笑)

航法灯をクリアーリセットしました、素材は100円ライターの空になったやつです、私の記事を見に来るような方はだいたいやり方をご存知だと思いながらもたまには製作ガイド的に説明したりして

Photo

独機やソ連機のように航法灯の境目がアールになっていると少々めんどくさいですが、キットモールドにあわせて航法灯部分を削り取り、その形にアールを合わせたライターの破片を瞬着で接着します(ゼリー状がベター)

アールを合わせるのはそれほど神経質にならなくても大丈夫です、瞬着で貼り付ける前に接着面に0.3~0.5mmぐらいの穴を開けて電球を再現します(浅く掘っておけば充分です)さらにシルバーで接着面全体を塗っておきます←ドリル穴にシルバーが入り込んで電球っぽく見えます。

クリアー片は加工性が悪いので大きめな状態で先にくっつけて後からカッターやサンペで整形します。

あらためて書くのもなんですが左翼が赤です・・・

2

加工完了・・・このあとコンパウンドで磨き、マスキングして塗装に備えます。

Photo_2

ピンボケでちょっとよく見えないけれどこっちが右翼です・・・良く見るとシルバーがまるく開けたドリル穴に回りこんで丸く見えます。

航法灯のカバーがクリアーで電球に色が付いている場合(最近の日本車のウインカーもこのタイプがふえてますな)はドリル穴にクリアーレッド、クリアーブルーを流し込みます

Navi

↑こんな感じ

で、リベット打ちはまだ完了しておりません・・・

Mig34

エンジンカバーは内側を削り込んで何とか閉状態にできました^^

閑話休題・・・本日末っ子にせがまれてラジコンのエイブラムスに電池を入れて復活させました・・・前進、後退はOKですが旋回が出来なくなっておりました(泣)

Photo_3

このシリーズはTIGERⅠも持っているんですがぶっ壊すのが怖くて作っておりません(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »