« MIG-3(その4) | トップページ | 高雄(4) »

MIG-3(その5)士の字になりました

1/350の赤城が出ましたね~

値段が値段なんでちょっと手が出ません、しょうがないので1/700のフジミの霜月(エッチング付)を買って帰ってきました(笑)

1/350艦戦モデルが凄いことになっておりますが私の場合、仮に完成しても置くところがない・・・という問題が・・・頼んで模型店に置いてもらう程の度胸のない私は最近困ってきております。鵜来くらいは買いたかったんですがねぇ・・・

出来ればフジミの榛名は欲しいんですけどね・・・1/700で我慢か・・・

とにかく積み在庫と作りかけの消化に専念してぐっと我慢(笑)

しかし、この3連休は怠け気味で娘と釣りに行ったり、ゲームBOYでポケモンしたり、昼間から眠ったりとぜんぜん進みませんでした。

とりあえずの字にはなりました。

Mig

自分の場合ここまででモチベーション使い果たして塗装の前にしばらく放置のパターンが多いです(笑)しかしMIG-3の場合塗装が単純な上下2色塗り分けなので大丈夫か・・・

1

予想以上にフィッテイングが良く、開閉選択も充分行けそうです。

しかし妙なプラの質です、粘り気があって硬いキャラメルかミルキーを連想させます・・・

ペーパーがけやりにくいな~

Mig1

エルロンとスラットも別部品です^^

もし店頭で見かけることがあれば、とりあえず『買い』です(笑)

|

« MIG-3(その4) | トップページ | 高雄(4) »

模型製作記 MIG-3」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。

Kと申します。

放置しないで塗装がんばってください。

陰ながら応援しております。

1/350の船が急に充実して私も物欲を抑えるのに一苦労です。

投稿: Kさん | 2008年11月 5日 (水) 00時19分

Kさん、いらっしゃいませ
陰ながらなどと言わずにどんどん遊びに来てください。
コメント入れてもらえるとモチベーション上がります(笑)

1/350すごいですよね…私も何か一つぐらいは買いたいと思っております…3連休の1日目と3日目に電気屋の模型コーナーに行ったら1日目にあったタミヤの雪風が3日目にはありませんでした(笑)赤城はさすがにまだ残ってます…

投稿: シロイルカ | 2008年11月 5日 (水) 09時56分

1/350の赤城は考えてみると
木からプラは当然ながら
細かな部品がエッチングパーツに置き換わっただけで
木製帆船模型に通じるところがあるかもしれませんね。

私の場合は買っても積んでおく場所が無い・・。
(積んでおくって・・作らんかい!笑)

しかしこのMIG3という機体、
前方視界、とくに地上滑走が難しそうですねぇ。
日本軍パイロットなら文句タラタラ
絶対搭乗しないでしょうね(笑)

投稿: シミソ | 2008年11月 6日 (木) 20時14分

WEBで見ただけですが船体のモールドなんかはソリッドの完成品のようですね・・・確かにここまで再現されていればあの価格も決して高くな・・・う~ん、やっぱ高い(笑)

>前方視界
フロートを付ければイタリアのレーサー機みたいですもんね、ドックファイトなんてはなっから想定していないんでしょうね。

投稿: シロイルカ | 2008年11月 6日 (木) 22時27分

こんばんは

先日、私のブログにリンクを貼ってよろしいか聞き忘れました。

リンクフリーですよね。

投稿: Kさん | 2008年11月 8日 (土) 00時40分

一声いただければ歓迎です^^

こちらからもリンク貼らせていただきますね。

投稿: シロイルカ | 2008年11月 8日 (土) 09時02分

こちらには初めておじゃまします
今は350 の艦船がスゴイブームになってきたのでしょうか 大きすぎて
手が出ません MIG3 48ですね
エンジンも細かく精巧です みえなくなるのも辛いですね 塗装が派手なのがあればいいですが フィンランドの
捕獲機もありますが 続きを期待しています

投稿: あきみず | 2008年11月 8日 (土) 11時03分

あきみずさん、いらっしゃいませ。
フィンランドの捕獲機ですか面白そうですね・・・口車に乗りやすいので迷いが・・・(笑)

エンジンと機銃はカバーを接着しないで外して見られるようにしたいと画策しております。

ところで『あきみず』さんは『秋水』からHNとられてるんですか?

投稿: シロイルカ | 2008年11月 8日 (土) 12時45分

はい おおせの通り J8M1 秋水
からもらいました 三菱名古屋製作所
の復元機を(隣に零戦もあります)
見学にいってファンになり 06年1月1日からブログを始めた時に使っています ファインの72は完成して48は
まだ未組立でおいてます 松岡久光『日本初のロケット戦闘機 液体ロケットエンジン機の誕生』を図書館で
借りて読んで一層その思いが強くなりました

投稿: あきみず | 2008年11月 9日 (日) 00時08分

おはようございます。

そうでしたか、秋水は追浜の飛行試験の話を本で読んで以来、もし試験飛行に成功していたらと考えたことが・・・当然実用試験は省略されて・・・即実戦投入ですかね・・・練習部隊の苦労がしのばれます。私もファインの48は積んであります・・・滑空機の操縦性は良かったようですね。

投稿: シロイルカ | 2008年11月 9日 (日) 07時40分

シロイルカさん、こんばんは^^
海外メーカー(特に東欧)の材質は様々ですよね
私も以前、某メーカーで苦労しました
しなり気が無くプラの中に黒いブラックペッパーみたいな不純物が多々混ざっていました
ペーパー掛けはスポンジやすりが合う時もありますよね^^
油断禁物ですね^^/

投稿: らひQ | 2008年11月10日 (月) 21時46分

らびQさん、こんばんは。
このキット、すり合わせはあまり必要がなかったので助かりましたが、タイヤの勘合がきつく仮組みしてからタイヤをはずそうとしたらハブがミルキーのように伸びて伸ばしランナーの出来損ないみたいになりました・・・リカバリーに一苦労
笑えない(苦笑)

投稿: シロイルカ | 2008年11月10日 (月) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MIG-3(その5)士の字になりました:

« MIG-3(その4) | トップページ | 高雄(4) »