« 矢矧(4)-サーチライト加工 | トップページ | P-63フランス空軍(その1) »

MIG-3(その10)-完成

Mikoyan & Gurevich MiG-3

三連休♪

休みじゃない方もいるのは承知ですがモデラーとしては掻き入れ時です。

毎日更新を目指します^^

MIG-3もあとはウエザリングと細部パーツの取り付けのみ・・・

しかし確かに真っ白の機体を汚すのは難しい・・・下手すると冬季迷彩のT-34みたいになっちまいそうです(笑)

まずは水性ホビーカラーのフラットクリアーにミディアムブルーを少量混ぜて色を落ち着かせました。その後エナメルのニュートラルグレーで墨入れしてエナメルシンナーでふき取ります。

Mig3

そしてクリアパーツのマスキングをはがします・・・一気に格好よくなります(^^)

第1風防と第3風防は接着といたします、が、その前に照準器を造作します。

この照準器も組説では取り付けがよく判りません・・・日本のインストに慣れてしまった私への活でしょうか(笑)

Mig31

その他いろいろとタッチアップをして最後に脚カバーを取り付けて完成・・・やったー

Mig32

全部蓋した状態です・・・高速機の面目躍如です、格好いいです^^

しかしクリアパーツは組みつけてみると透明度いまいち・・・まあソ連機はクリアパーツの透明度悪かったようですのでこれでリアルなのか(笑)MIG-3ではないですが牛乳瓶の底という表現がありました(笑)

Mig33

今日は時間があったので画像てんこ盛りでお届けしております・・・脚カバーは自分で折り曲げて角度を決めるという荒業です・・・ただしプラの質がミルキーみたいなので簡単ですが(笑)

Mig34

クリアパーツ透明度は悪いが合いはなかなか良好ですね・・・合格

Mig35

モスクワの首都防衛隊1941~42にかけての冬季の仕様とあります。

名機とはいいがたいですが救国の機材なんでしょうね。

Mig36

いろんな角度から撮りましたが斜め後ろからがなかなかセクシーです。

Mig37

オープンも出来るよ~(^^)v

|

« 矢矧(4)-サーチライト加工 | トップページ | P-63フランス空軍(その1) »

模型製作記 MIG-3」カテゴリの記事

コメント

うほほ!
おみごと!
赤がふんだんにある軍用機ってのも新鮮だね!。
モスクワ首都防衛隊.
味方からの誤射を防ぐ為に派手派手なのかな?

一瞬、ナセル、キャノピー、
嵌め殺しにしちゃったかと、、あせっ!

完成おめでとうね!^^y

投稿: apuro | 2008年11月23日 (日) 18時07分

apuro様、こんばんは
早速コメントありがとうございます。今回はマイナーアイテムにお付き合いありがとうございます。
おかげで完成に持ち込めました、普通ならもっと時間掛かるところですが叱咤激励コメントで中断無しでいけました。
マイナーアイテム癖になりそうです・・・次の飛行機もマイナーアイテム♪乞うご期待^^

投稿: シロイルカ | 2008年11月23日 (日) 19時53分

完成おめでとうございますー^^
白地に主翼の日の丸が少し(かなり)大きく
なったと思えば、案外、零式21型のような
色味に見えなくも無いですね^^(強引かw)

首都防衛隊1941~ですかぁ、飛燕とかも部隊
マークは派手ですもんね。色味も。
誤射を防ぐ・・・とはナルホドと思います^^

Eg見れるってのは後から楽しめていいですね!
もっとそういう機種増えるといいですねー^^

投稿: ロコ | 2008年11月23日 (日) 20時54分

完成おめでとうございます。
白と赤のコントラストも鮮やかですが
機種のシルバー地肌もおしゃれです♪

汚し加減も上手くまとめられましたね。

いかにも一撃離脱のスピード機という形状ですね。

次回もマイナー機ですか?ワクワク

投稿: シミソ | 2008年11月23日 (日) 23時01分

MIG-3 完成おめでとうございます
赤白のコントラストが魅力の機体です
白の汚しはさらっとでちょうどいいかげんです ソ連の機体は資料が少ないのでたいへんだったでしょう

投稿: あきみず | 2008年11月23日 (日) 23時03分

完成おめでとうございます。

ロシア機とは思えない派手な飛行機、実に
いいですねー。
白の色調やウェザリングも自然で、実感た
っぷりです。

投稿: pierre k | 2008年11月24日 (月) 00時05分

完成おめでとうございます。

赤は、共産主義のシンボルカラーですから、戦意高揚の意味もあったのではないでしょうか。

映画スターリングラードでは、2人に1丁のライフルで突撃させて、逃げてきたら後ろから機関銃撃ってましたけど(誤射ではないです)。

ああいう時代に生まれなくて幸いか。

投稿: Kさん | 2008年11月24日 (月) 00時23分

ロコさま、コメントありがとうございます。
飛燕もB-29が相手ではなければもっと楽な戦いが可能だったでしょうね、派手派手で戦意高揚は世界共通なんでしょうか・・・誤射防止かどうかは未確認です。時間のあるときに調べてみます^^

投稿: シロイルカ | 2008年11月24日 (月) 00時48分

シミソ様、コメントありがとうございます。
スミ入れはやはり軽めで良かったようです、ここまで派手な機体はめったに作らないので迷いましたが^^
次はやはりお手つきキットで自由フランス軍なんかが良いかな~と思っております。
また、東欧キットで(笑)

投稿: シロイルカ | 2008年11月24日 (月) 00時53分

あきみず様、コメントありがとうございます。
MIG-3はGOOGLEでイメージ検索するときれいな作品がいくつか見られました^^
ペラの裏が半分黒いのもよそさまの作品のパクリです(笑)
汚し加減は今回は思ったよりうまくいったようです、ちょっと緊張しました^^

投稿: シロイルカ | 2008年11月24日 (月) 00時59分

pierre K様、コメントありがとうございます。
今回の派手派手塗装、思いのほかみなさんのツボにハマったようでうれしい誤算です(笑)
ちょっとうれしい♪

投稿: シロイルカ | 2008年11月24日 (月) 01時05分

Kさん、コメントありがとうございます。
(Kさんだけさん付けなのが気になってきました・・・Kさん様は変なのでご容赦ください)
私も戦意高揚が一番の目的だろうと思います。
>スターリングラード
飛燕や屠竜の非武装機の体当たりはある意味仕方ありませんが非武装の人間を突撃させても意味ないですよね・・・督戦隊って言うんでしたっけ・・・

投稿: シロイルカ | 2008年11月24日 (月) 01時14分

あまり良く考えずブログの名前を決めてしまったので、ご迷惑をおかけしております。

まったく気にしておりませんので大丈夫です。

ちなみにKさんのブログでググルと、倉木麻衣さんのブログが出てきます。

投稿: Kさん | 2008年11月24日 (月) 11時49分

完成おめでとうございます!スピードレーサーのような精悍な機体もさることながら、内部まで緻密に作り込また完成品でまさに圧巻。。
合いの良い風防の処理にも惹かれます。
1941年>日本の開戦の年にすでに生産されていた機体とは驚きました。

投稿: hagu | 2008年11月26日 (水) 20時14分

hagu様、コメントありがとうございます。
>風防
これは金型の精度が良いんですよ~、実際機体側のの一部を削ったほかはバリを削ったぐらいでピッタリフィットです。
プラの質が悪い意外は国産キット並です。

研三に似たラインを感じてしまうのは私だけ?

投稿: シロイルカ | 2008年11月26日 (水) 21時57分

シロイルカさん、こんばんは^^
見事、完成おめでとうございます!
やはり速そうな機体ですね
オープン可能で胸を張ってエンジンを見せれるところも流石、シロイルカさんって感じですね^^
私だったらそのまま接着の可能性大^^;です^^
もう体調も回復しました
ありがとうございます^^/

投稿: らぴQ | 2008年11月27日 (木) 18時51分

らびQさん、コメントありがとうございます。
体調良くなりましたか^^何よりです。
体調崩されている方が多いようですね・・・

MIG-3トラペから1/32も出ていますし案外人気なのかもしれません・・・
個性的ですよね(笑)

投稿: シロイルカ | 2008年11月27日 (木) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MIG-3(その10)-完成:

« 矢矧(4)-サーチライト加工 | トップページ | P-63フランス空軍(その1) »