« MIG-3(その6) | トップページ | MIG-3(その8)-塗ります »

MIG-3(その7) 細部の造作&マスキング直前ね

胸突き八丁・・・地味な作業が続きます。

着陸灯はクリアーパーツがちゃんと用意されておりますが分厚いので中に光りものをセットするスぺースがありません・・・

ただ、合いは悪くないのでクリアパーツをピンバイスで直接彫り込み凹部にシルバーを流し込みました・・・かえって楽ができた^^

接着はラッキーユダヤ様ご推奨の美透明接着剤を使ってみます、初めてなのでちょっとドキドキ(笑)

Mig3

無線支柱はカバーの開閉時(といっても上からかぶせるだけだけど)に力が掛かりそうなので真鍮パイプの叩き出しに変更。

本日の写真はみんなピントが甘い・・・ごめんなさい

Mig31

ピトー管?は金属線に置き換えます、この辺は特に不要だったりするんですが、私は塗装時とかに不用意に握ったりして折ってしまうことが多いので換えてしまいます。

Mig32

そしてプロペラピッチです・・・ここはあまり自信が無いのですがひねりを入れつつ翼断面になるように慎重に削り込みました・・・が、どうでしょうね~(汗)

Mig34

あまり代わり映えしないかも・・・

最初に下面色のロシアンブルーを塗りますので開口部をマスキングします・・・ってこれがなかなかめんどくさい。

といいつつマスキングをはじめようとしたところで表面の微妙な凹凸(梨地というよりも簡易成型っぽい特有のざらついた感じ)が突然気になり始め表面をもう一撫ですることに・・・急がば回れか(^^;)

次回はやっと色塗れます。

|

« MIG-3(その6) | トップページ | MIG-3(その8)-塗ります »

模型製作記 MIG-3」カテゴリの記事

コメント

マスキングの準備を淡々と・・・さぁ!
って言うときに、手直しが見つかるって事
ありますねぇ><
キャノピーの枠はゾル使われてるんですねー
私はゾル使うのヘタクソです><見習いたいです^^;

投稿: ロコ | 2008年11月14日 (金) 17時14分

>マスキングゾル
私はいつも全体をマスキングゾルで2~3度塗りしてから新鮮な(折ったばかりのと言う意味)カッターの刃で境目を切り出します。
失敗する危険も高いのですがスリルがあってよいです(笑)
刃が滑らないように少しでも切れ味が鈍ったと思ったら刃を折って新しくします。
でもこれは旧マスキングゾルの場合です。

今回は塗装に慎重になっております・・・プレッシャーか(←何の?)

投稿: シロイルカ | 2008年11月15日 (土) 00時05分

近頃ちっとも飛行機作ってないので・・マスキングゾルもご無沙汰であります♪
(注;キャノピーはかなりの苦手でもあります)
アレって、一回ごとに筆は駄目になるし、結局はセロテープ切り出しマスキングとか安易な方向に走りますなァ_(._.)_
頑張ってくださいね!

投稿: SAIUN | 2008年11月15日 (土) 06時57分

SAIUN様
私的にはセロテープの切り出しのほうが難しいと…
私もクリアパーツを克服するまでに何度も涙をのみました(笑)
結果的にこの方法で初めて満足するる仕上がりになったのでもっぱらこのやり方でやっております。
マイナーなやり方だと思います(笑)

投稿: シロイルカ | 2008年11月15日 (土) 10時18分

大分進みましたね、見事な作業で今後が更に楽しみです(笑)

美透明接着剤試されましたか、適度な粘りがあるので私的にはオススメです(笑)

クリアパーツの加工、こんな方法もあったのですね。必要は発明の母といいますか…斬新であります。

各部突起物の真鍮材への置き換え…全くもって同感です(笑)

強度面での安心感が違ってきますね。

キャノピーマスキングはゾル塗りカッティング派ですか…尊敬致します。

私は臆病なのでマスキングテープ細切り窓枠内側ゾル塗り派です(爆)

皆さんの色々な手法はとても参考になりますね(笑)

投稿: ラッキーユダヤ | 2008年11月15日 (土) 13時33分

ラッキーユダヤ様

>美透明接着剤
いいです(笑)おっしゃる通り適度に粘性があって作業性もわたし好みでした^^愛用いたします。

>マスキング
この方法はリスキーなのでラッキーユダヤ様のやり方のほうが一般的且失敗の少ない方法でおすすめかと…

投稿: シロイルカ | 2008年11月15日 (土) 17時23分

なんか、ゾルの話で盛り上がってるから、、。
私ね、ゾル苦手、だって、模型店でも人気薄で
いっつも賞味期限切れのヤツにあたっちゃう。
Newも買ったけど、1回しか使ってない。
でも、その1回、上手く行った。
ファインの94式軽装甲車。
あのメロリンコ迷彩につかったんだけど、
吹いてマスクの繰り返しね。
最後はガチガチに固着しちゃって、、。
でも、お湯に漬けたら綺麗にはがれた。
こう云う用途には良いみたい。
今度、チハに使う予定ね。

投稿: apuro | 2008年11月16日 (日) 18時24分


以前艦船の甲板に使ってみようと思い立ちゾル改をまとめ買いしたのですが・・全く量が減っておりません(汗;)
ワインと違って寝かせておいても・・w

記事を拝見してまた練習してみようと思います♪
あ!まずはカッターを買い換えないと・・(汗;)


投稿: hagu | 2008年11月16日 (日) 20時23分

apuro様
>お湯に漬けたらきれいに・・・
そうだったですか、知りませんでした・・・
昔72のF-1を3色迷彩するときに同じ状況になりました、そのとき知っていれば(笑)

投稿: シロイルカ | 2008年11月16日 (日) 22時36分

hagu様
ゾル改の使用感はどうですか?
私はオレンジ色のマスキングリキッドなるものも持っています、それはけっこう旧ゾルに近いです。
私のもまだまだ残ってますね~

投稿: シロイルカ | 2008年11月16日 (日) 22時39分

剥がすのも楽ですしカットさえ克服できれば
色々と使えそうに思えました。

私の場合、乾くのを待つ間、隙間がないかと不安になり重ね塗りをするうちに流れてはみ出してしまう。。というパターンが多いですw

マスキングリキッドは乾くのが早いと聞いたことがありますがどんな感じでしたでしょうか?

投稿: hagu | 2008年11月17日 (月) 01時41分

>マスキングリキッド
マスキングゾル(先代)とあまり使用感は変わりません、ただ、色のせいかモールドの境目が見づらいような気がします(先入観かもしれません)…
でもゾル改が出たということは評判良くなかったか(笑)

投稿: シロイルカ | 2008年11月17日 (月) 09時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MIG-3(その7) 細部の造作&マスキング直前ね:

« MIG-3(その6) | トップページ | MIG-3(その8)-塗ります »