« P-63フランス空軍(その1) | トップページ | 矢矧(5)-細部艤装 »

P-63キングコブラ(その2)

仮組み中・・・

具を詰め込んでみたものの案の定レジンパーツ同士で干渉してふたが閉まりません・・・

覚悟はしていましたが、地道な削りあわせと相成りました。

格闘3時間でどうやら具を詰め込むことに成功(笑)

この手のキットの場合最初に仮組みして様子を見てから組み始めないと、途中で破綻してしまう事が経験上予想されますので、テープとパテと真鍮線を駆使して仮組みしてしまいます。

P63_2

レジンパーツ自体は精密感のあるモールドでいい感じです、湯口を粉まみれになりながら削り取ると案外きっちりとはまってくれました・・・ラッキー

P633

プラパーツの合わせはいまいちです、ICMとはえらい違いです・・・

P631 

脚を仮付けして三点姿勢にして見ます・・・プロポーションは悪くないっすね、思ったよりかっこいいぞ^^

しかしプロペラのクリアランスがちょっとなさ過ぎる感じです、本当は前車輪の脚柱を延長した方が良さそうだけどソフトメタルなのでちょっと無理かも・・・

それともペラのほうが長すぎか???

P632

仮組み完了・・・次は具に色を塗りましょうか・・・レジンって嫌いだけど頑張ります(笑)

|

« P-63フランス空軍(その1) | トップページ | 矢矧(5)-細部艤装 »

模型製作記 P-63キングコブラ」カテゴリの記事

コメント

具って表現が・・・ウケマスw
プロペラって長いんですねぇ・・・あまり詳しく
ないので分からないのですが、パワフルな飛行機
だったんですねw
格闘3時間かぁ・・・1工程にそのくらいかかっちゃうと、
私なんて首が痛くなってしまいますよ;;

投稿: ロコ | 2008年11月27日 (木) 06時01分

ロコ様、今晩は
P-63はグリフォンのP-51やサイクロンのF-8Fのようにレーサーにも改造されていますが、ちょっと珍しい『ゲテモノ』扱いのような気がします。
でも形が形なんで許せちゃいます(笑)

>3時間
モーターツールを使えばもっと早かったと思うんですがりリビングだったもんで手作業でちまちま(笑)

投稿: シロイルカ | 2008年11月27日 (木) 17時43分

レジンパーツ、思ったより
エッジだ立って、いいかんじだねぇ。
ピラーの工作がたいへんそう。
ペラは、、今、手元の資料みたけど、、
P-39しかないや。^^;
P-39の操縦桿、
セスナみたいな両手持ちなんだね。

投稿: apuro | 2008年11月27日 (木) 19時33分

apuro様
レジンパーツは色を塗ってドライブラシすれば、かなりいい感じになりそうです。

>ドアピラー
その通りです(^^;)このキット一番の難関だと思います・・・開けっ放しで固定が正解か・・・

私も資料を見返しているんですが主脚柱(オレオ?)がもう少し長いような気もします・・・うーん

投稿: シロイルカ | 2008年11月27日 (木) 22時02分

いろんな素材で構成されたキットは、怖くて近づけません。
その昔、グンゼハイテックシリーズのBMWR69S(だったかな)でこてんぱんにやられて以来トラウマになっています。もちろん未完です。

投稿: pierre k | 2008年11月27日 (木) 23時48分

pierre K様
受け狙いとみなさんとネタが被らないようにキットを選んでいたんですが、間違った方向に走っているようです(笑)

面白がってみてもらえれば本望です・・・
未完に終わる可能性79%(当社比)

投稿: シロイルカ | 2008年11月28日 (金) 00時00分

こんばんは

今月号のアーマーモデリングでレジンパーツが力をいれずにスイスイ切れる超音波カッター(¥36,540)というものが最後に紹介されていました。

もうちょっと値段がこなれているといいのですが。

レジンパーツの加工の多い方は便利かもしれません。

ところで、この飛行機は、着陸するときプロペラが地面にぶつかってしまうのではないでしょうか。

投稿: Kさん | 2008年11月28日 (金) 00時42分

Kさん、おはようございます。
>プロペラが地面に
そのとおりです(汗)
このままだとペラが地面をたたきますね。
どうやら主脚柱がちょっと短いようです…

投稿: シロイルカ | 2008年11月28日 (金) 09時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: P-63キングコブラ(その2):

« P-63フランス空軍(その1) | トップページ | 矢矧(5)-細部艤装 »