« T-34/76 1942年型(その5) | トップページ | 矢矧(6)-作りながら壊す »

P-63(その3) コックピット

P-63に戻ります。

あまりにも製作者に工作を強いるので一時投げておりましたが、気を取り直して続けます・・・

レジンにメタルにエッチング~でございます、おまけに防弾ガラスを切り出してはめ込めとインストに書いてあります。

P633

切り出しましたよ~、ワイシャツのカラーについてくる塩ビ板をしこしこ切り出しましたよ~

日本のインストならば絶対に原寸図付きますとも(泣)

P63

はめ込みましたさ~何度も失敗しましたさ~

人生の何たるかに思いをはせました・・・

P632

んでもさ~格好よくなりましたさ~

しかしあと2枚のカードアにもはめ込まなくてはいけないと思うと脱力するさ~・・・

P634

塗装まではむりだったべさ~

|

« T-34/76 1942年型(その5) | トップページ | 矢矧(6)-作りながら壊す »

模型製作記 P-63キングコブラ」カテゴリの記事

コメント

おおお!
緻密でいい感じだね!。
インパネの雰囲気がちょっとだけ
P39と違うんだね、、。
ハッチはゼヒ、オープン状態で、、^^

投稿: apuro | 2008年12月12日 (金) 18時35分

おばんです

大変そうだなー。

カツゲンさ飲んでけっぱれ。

投稿: Kさん | 2008年12月12日 (金) 21時59分

apuro様
キット製作者の熱意はひしひしと伝わってきますが、親切さのかけらもありません・・・たぶん原型はすばらしいと推測されます。

1/48のキットがあるだけでありがたいと思うことにします。

投稿: シロイルカ | 2008年12月12日 (金) 22時46分

Kさん
陸海空全部やっておりますと魅力的な新製品が出るたびに気もそぞろになってしまいます・・・ので今はフジミの金剛のことで頭がいっぱいだったりします(笑)

ちょっとづつけっぱるべや

投稿: シロイルカ | 2008年12月12日 (金) 22時59分

コクピットは細かい作りになって
いますね、これはドァーを開けておかないともったいないです ガラスの
部品は付いてないのですか そんなの
有りなのですね

投稿: あきみず | 2008年12月12日 (金) 23時05分

あきみず様

一応バキューム成型のクリアパーツ(2個組み←どうやら失敗が前提のようです)がちゃんと付属しておりますが、カードアを閉めた状態でドアのピラーの部分は一体成型になってます。

ドアを開けた状態にしたければピラーの形に切り抜いて切り抜いた部分をさらに成型してドアにはめ込むというオプション工作が必要です。

やるっきゃないですね(笑)

投稿: シロイルカ | 2008年12月12日 (金) 23時58分

ホントに凄いディテールの操縦席ですね。素晴らしいです。もちろん、ドアはオープンでしょう。

しかし、製作は大変でしょうね。お察しします。

投稿: pierre k | 2008年12月13日 (土) 00時04分

なんという精緻な。。これはもう1/700艦船の艤装と変わらない程の細かい造作なのでは・・
操縦席の幅も駆逐艦か軽巡程に見えます(汗;)
レジンにメタルにエッチング・・>
ある意味、完成時にこれほど報われる組み合わせもないかも・・w続編も楽しみにしております♪


投稿: hagu | 2008年12月13日 (土) 07時21分

pierreK様
>もちろん、ドアはオープン
背中を押していただきありがとうございます(笑)

みなさんの工作に思いをはせながらかんばっております(じゃないと確実に蜜柑です)

投稿: シロイルカ | 2008年12月13日 (土) 08時34分

hagu様
>完成時に報われる
このディテールはパーツのまま眠らせるのは惜しいという貧乏性でせうか(笑)完成時の雄姿を思い浮かべて頑張っておりますが・・・

特に今回はバキュームキャノピー初めてなのでちょっと萎えております。

投稿: シロイルカ | 2008年12月13日 (土) 08時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: P-63(その3) コックピット:

« T-34/76 1942年型(その5) | トップページ | 矢矧(6)-作りながら壊す »