« P-63(その3) コックピット | トップページ | T-34/76 1942年型 (その6) »

矢矧(6)-作りながら壊す

12月8日も過ぎました、普通の世間ではジョンの曲が良くかかる日程度の認識なんでせうが模型の世界の住人にはインパクトのある日であります。

当然ながら日本の来し方に思いを馳せて旧軍アイテムを製作されている方が多いですな。

というわけで影響されやすい私も矢矧の続きをしております。

前回紛失した方探のパーツは全部手作りで行きます・・・ループ部分の材料はギターのラウンド弦をほどいた極細金属線です。



Photo_3 

13号電探はP社の装備セットより、増設機銃はフジミの妙高に付いていたエッチングの機銃にしました。

配置に付いては佐藤和正氏の『巡洋艦入門』の図面を参考にしました。

Photo_4

悲しいことに最後の最後に来てヒケを見つけたり、汚くなったところを修正していたらあちこちの部品が外れて壊れてきました(泣)

まさに『作りながら壊れていく』であります。

萎え萎えになりながらも、タッチアップと艦載艇&艦載機の塗装を残すまでになりました。

2











なんとか、次回は完成させて軍艦旗を揚げた状態でお見せしたいものです。

最後の一枚、有名な公試の写真と同じアングルで撮ってみました^^

3







新造時の仕様じゃないですけど(^^;)

|

« P-63(その3) コックピット | トップページ | T-34/76 1942年型 (その6) »

模型製作記 矢矧」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

次回完成ですか。

来週金剛が出ますから、作り始めてしまったりして。

投稿: Kさん | 2008年12月13日 (土) 21時14分

ギターの弦をほどいた線を使われたのですか、それは凄い。
細かいところまで手が加えられて、密度感が高いです。

投稿: pierre k | 2008年12月13日 (土) 23時14分

Kさん、こんばんは

金剛のテストショットWEBでも見ましたが素組みでも充分な出来のようですね・・・

矢矧、次回で完成ですがローテーションでやっていますのでいつになるやら(笑)

目標年内!

投稿: シロイルカ | 2008年12月13日 (土) 23時35分

pierreK様、こんばんは

pierreK様のブログのコメでも触れられておりましたが空物と艦船ではデティールアップの方法に違いがあって楽しめますよね^^

模型に疲れたときに気分転換に模型を弄るという超模型体質になれます(爆)

投稿: シロイルカ | 2008年12月13日 (土) 23時43分

手を入れられた部分もじつに効果的であります♪
自分が1/700を作る時は、作るよりも落とした部品を探している時間の方が長いですw
さんざん探したあげく足の裏にくっついていたりします(涙;)

投稿: hagu | 2008年12月14日 (日) 20時20分

>落とした部品を探している時間の方が長い
おお、そうでしたか私だけではなかったのですね・・・

ぶつぶつ言いながら捜していると嫁から自分のせいなんだから静かに捜すよう諭されます(笑)

見つけて喜んでいると憐れみの視線を感じたりします←よっぽど馬鹿に見えるようです(汗;)

投稿: シロイルカ | 2008年12月14日 (日) 23時23分

シロイルカさん、こんにちは^^
タイトルを見てびっくりしました
みんな紛失は共通の悩みですね
私もピンセットがカタパルトの発射機になってパーツを飛ばしてくれます^^;

投稿: らびQ | 2008年12月30日 (火) 13時38分

らびQさん、こんにちは^^

>タイトル
本当に仕上げと思ってやっているのに、あちこち壊してやり直しておりました。

次を見ていただければ解りますが水偵は2機フル装備で仕上げました。

異次元ポケットに関しては戦車の転輪までワープするらしいです(笑)

投稿: シロイルカ | 2008年12月30日 (火) 15時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 矢矧(6)-作りながら壊す:

« P-63(その3) コックピット | トップページ | T-34/76 1942年型 (その6) »