« 矢矧(6)-作りながら壊す | トップページ | P-63(その4) 士の字までもう少し・・・  »

T-34/76 1942年型 (その6)

今日はあまり模型は進まず・・・

フィギュアの顔を7人分塗っておしまいです(笑)

ミニアートの造形はとてもリアルでモールドに合わせて塗り重ねていくだけでそこそこリアルな顔になってくれますが、ドラゴンのほうは肩幅がありすぎてまるでサイボーグ009に出てくるジェロニモみたいです(笑)

顔の造形も少し漫画チックですかね。

T34

ドライバーさんはタミヤ製ですがやはり少し整形手術を加えております。


T342

実はこんなにフィギュアをたくさん作るのはほぼ初めてです、いつもはキット付属のフィギュアを弄る程度です・・・皆さんの製作にインスパイアされて←(格好つけすぎ 笑)ちょっと勢いが付いております。

本格的な情景もまだやったことが無いんですが今回はベースも作ってみたいな・・・などと考えております。

T341

帝国陸軍車両にも惹かれておりますが、凄いものを見てしまっているので、まずはこっちを完成させましょう・・・

T343

ドラゴンの兵隊さんは上半身にボリュームありすぎですね(修正せよ・・・の声が聞こえてきますが  汗)

塗装指示があいまいなので参考にタミヤのソビエト歩兵進撃セットも買ってまいりました(笑)

ますます年次が混乱いたします。

ひょっとするとそっちからもスカウトして増やしたりして(笑)

T344

|

« 矢矧(6)-作りながら壊す | トップページ | P-63(その4) 士の字までもう少し・・・  »

模型製作記 T-34/76mod1942」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

ローテーションしているとは知りませんでした。

でも、少しずつ進んでいるので、えらいですね(私のように、フェードアウトするのかと)。

投稿: Kさん | 2008年12月15日 (月) 19時27分

あああ、
いいかんじ!。

この情景って、
みんな一度はやってみたいモノだよね。
でも、ツクルのたいへん。
だから、この意欲に敬意!
しっかし たのしそうだね!

投稿: apuro | 2008年12月15日 (月) 19時39分

フィギアの塗装では顔が一番気を
使います みんな雰囲気のある
いい顔をされてます 塗り重ねる
程にリアルになってくるのは
応用させてもらいます

投稿: あきみず | 2008年12月15日 (月) 19時54分

Kさん、こんばんは

>ローテーション
うそです(笑)行き詰ると別の素材に逃げます・・・

少し時間が経つとまたやる気が湧いてきますんで再開します・・・以下繰り返し

投稿: シロイルカ | 2008年12月15日 (月) 21時56分

apuro様

子供の頃に見たタミヤの情景写真コンやバーリンデン氏の情景写真に憧れて、当時は自分も何とかできんものかと思っておりました。

試行錯誤するのを楽しめるトシになりつつあります、人生は短いのに(笑)

投稿: シロイルカ | 2008年12月15日 (月) 22時00分

あきみず様、こんばんは

1/48のフィギュアは私にも難しいです、私は濃い色を先において徐々に薄い色にしてハイライトつけてます。

↑文章にすると凄いことみたいですがモールドを生かして塗るだけで遠目に見ればそれらしく見えますね。皆さん経験的に知っている通りです(汗)

1/35の場合顔の上で混ぜてます(ちなみに私はタミヤアクリルです)

投稿: シロイルカ | 2008年12月15日 (月) 22時09分

ブログ休止、復帰時ともども
いろいろとお気遣いいただきありがとうございました。
2週間以上あけると完全に浦島太郎状態です(笑)

ミニアートのフィギュアを使っておられるのですね。
ミニアートは最高ですね。
個人的には銅鑼や民よりも好きです。(ちょっと高いけど・・笑)

矢矧1945の艦載機の写真もそうですが
「準鷹」1945の面白い飛行甲板写真を見つけました。
いずれ記事にしたいと思いますが写真は著作権の関係で掲載は未定です。


投稿: シミソ | 2008年12月15日 (月) 23時40分

先日はわざわざご訪問下さいまして誠にありがとうございました。
ザリガニのザリー兵曹長からシロイルカ様のご伝言を頂き慌ててお邪魔させて頂いて…前記事の矢矧にシビれてしまいました(笑)


何を隠そう私も去年軽巡「矢矧」を作りましたが、キットの出所をシミソ教授だったのであります(笑)

昨年の合宿で「このタミヤのキットはエエよ~」とおっしゃるシミソ様…半ば半信半疑で着手したのですが、仰せのとおり名キットでした。


というわけで、もし開催されるようでしたら来年の合宿…是非ご参加を(笑)


投稿: ラッキーユダヤ | 2008年12月16日 (火) 00時29分

シミソ様

先日はわざわざ貴重な情報をありがとうございました。
矢矧は定数の水偵を積むべく作戦準備中であります。

>ミニアート
恥ずかしながら初めて作りましたが、東欧人の造形センスには改めて脱帽しております…アナログの良さを再認識しております(東欧がデジタル化遅れているように聞こえたら申し訳ないのですが)

投稿: シロイルカ | 2008年12月16日 (火) 09時42分

ラッキーユダヤ様

お久しぶりです。軍人将棋といい模型談義といい涙が出そうな昭和の光景であります…私もWL初期にこのキットを出したタミヤに脱帽しております。
逆にリニューアルのハードル高いですね^^

阿賀野型と大淀は大好きで私も思い入れがあります。
フジミの大淀の竣工時をこの春に買いましたがアオシマに見事に更新されてしまいました。

模型合宿!なんと甘美な響き(笑)喜んで♪

投稿: シロイルカ | 2008年12月16日 (火) 09時51分

まったくネタズレコメですが

軽巡矢矧1945の艦載機と空母準鷹1945の飛行甲板迷彩について記事にしてみました。

御笑覧いただければ幸いです。

投稿: シミソ | 2008年12月17日 (水) 00時36分

シミソ様、拝読いたしました、ありがとうございます。

私のあまりにも素人然とした問いかけにお答えいただき恐縮です。

○arbirds等の専門化されたサイトもROMで見てきたりするのですが既出の話題やWEB初心者への対応に関して時々疑問を感じます。

私などには年齢も志向も自分に近い人間とのやりとりに安心感を覚えます(年齢の離れた人を排除する意図ではありません 為念)ので、改めて皆様の好意に感謝いたします。

時々自分の意図と文意が伝わっているのかどうか心配になってしまいます(特に皆様のブログ等にカキコするときですね…)

とりとめのないレスになりました。改めてありがとうございます
m(_ _)m

投稿: シロイルカ | 2008年12月17日 (水) 09時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: T-34/76 1942年型 (その6):

« 矢矧(6)-作りながら壊す | トップページ | P-63(その4) 士の字までもう少し・・・  »