« 加古(その3)船体の前に・・・ | トップページ | P-63(その9)-ちょっとだけ »

加古(その4)-船体

いまさらですが船体の工作。

左右貼り合わせですが舳先の部分は右舷側にモールドされており左舷には分割線が出ます・・・これは私の工作ミスかもしれませんが結構目立ちます(;ω;)

これを消すのに結構パテのお世話になってしまいました・・・モールドが繊細なだけに残念です。

Kako

デジカメのトラブルで途中写真が消えてしまいましたので取り直しました(汗)

舷外電路は伸ばしランナーです。エッチングも持ってないし加工しやすいので・・・取り回しのパターンはネイビーヤードのVol.7に掲載されている加古を参考にしました(資料じゃないんかいっ!)、船体のモールドを修正するほどの資料は持ってないので電路の追加以外はそのままです。

Kako1

Kako2

ここでリノリウム色を吹き付けます(正確には写真は吹きつけ後ですが)。

Kako3

さて手すりをつけるべきだろうか、今回の祭りはDUPのレギュレーションはないので多分つける人とつけない人に分かれるでしょうね・・・つけないのも見識だよな~

Kako4

ちょっと考えてみる・・・2秒考えてつけることに決定!

いろんなディティールアップのパターンがあったほうが楽しいですもんね、位置づけ的には中間派なんちゃってDUP組みですか・・・

Kako5

というわけで(その5)手すりの取り付けへ

|

« 加古(その3)船体の前に・・・ | トップページ | P-63(その9)-ちょっとだけ »

模型製作記 加古」カテゴリの記事

コメント

着々でありますね(羨望)

各所の処理、均一径の延ばしランナー舷外電路、
確かな工作技術に感激しております。

投稿: ハヤテ | 2009年1月 3日 (土) 23時33分

なるほど、リノリウム色の塗装はこの段階ですね。次は手摺の取付けですか。これも勉強させていただきます。
今のところ舷外電路の表現は、何を使おうか(するかしないかも含む)と思っております。

投稿: pierre k | 2009年1月 3日 (土) 23時45分

こんばんは

サザエさん症候群で戦意喪失中ですが、こちらは着々と進んでいますね。

やはり、手すりをつけたら、マントレットとボートのオールとか、甲板上には角材や縄なども配置して人形も必須では。

と勝手にハードルを上げてみる。

投稿: K大尉 | 2009年1月 4日 (日) 00時51分

ハヤテ様、こんにちは。

早めに全体形を確認したい一心で、ここまではいつも早めに進みます。

私の場合意味もなく艤装品を載せた状態にします。(バランスを見る・・・は口実です)

飛行機も仮組みで士の字にするのが大好きです。
仮組みマニアかもしれません(爆)

投稿: シロイルカ | 2009年1月 4日 (日) 08時33分

pierre K様、こんにちは。

リノリウムはマスキング&吹き付けならば私はこのタイミングでやってしまいますが、どうでしょうね・・・

祭りですといろいろな方の手順見れますんで『後出しジャンケン』はいい方法かもです。

私は毎回意味もなく組み上げるので参考にはならないかも(笑)

投稿: シロイルカ | 2009年1月 4日 (日) 08時42分

K大尉殿、こんにちは。

パリ=ダカのように完走を目指そうかと・・・
お手軽DUPが精一杯で応援に手を振る余裕が・・・ないっす・・・
オール、マントレット?聞きなれない外来語が(笑)

多分そろそろ一度別アイテムに逃れます(笑)

投稿: シロイルカ | 2009年1月 4日 (日) 09時48分

早いですねー、イロイロと手を加えておられるのに^^
手摺りですかー、シロイルカさんは船体塗装前に
取り付けられるんですねー^^
早い段階で取り付けるとクシャっと潰してしまわないか、
心配で最後に付けてしまいますが、ホントはこの段階で
つけるべきものなんでしょうね><
参考になりますー^^

投稿: ロコ | 2009年1月 4日 (日) 09時52分

どうもコメが最近1日ほど出遅れますな~(笑)
アルコールは抜けているはずなんですが・・(爆)

船首部の分割は形を正確に保つためという話ですが
接着ライン修正にモールドがつぶれるというのがありますねぇ。
どちらが良いのだか。個人的には多少形状や側面モールドに目をつぶっても一体の船体が良いです。

手摺を付けられるんですね。ワクワク。

横レススミマセン
>マントレット:乗員の寝るためのハンモックをぐるぐる巻きにしていくつも並べ
弾片や破片よけに艦橋窓下や機銃座、探照灯周囲などに並べた(巻いた)もので
たとえば真珠湾作戦時の赤城艦橋にグルリと巻きつけてあるアレです。

投稿: シミソ | 2009年1月 4日 (日) 10時36分

ロコ様、こんにちは

>クシャっと潰れて
そのとおりです(滝汗;)、下手をすると廃艦寸前に(笑)
私は瞬着付けが苦手で最後につけるとガジガジにしてしまうので、最後に船体色で接着面隠しをしております・・・
いい方法があれば最後に付けたいですが・・・

こちらこそいろいろ手順をパクろうかと(爆)

投稿: シロイルカ | 2009年1月 4日 (日) 12時26分

シミソ様、どうやらエンジンが掛かられたようですね(笑)

私もこの前にフジミ妙高とアオシマ高雄をやってますが適度の再現があれば一体のほうがありがたいですね。
この古鷹級は流し込み接着で慎重に付けないと厳しいです。

デッキと船体の合いはよくこちらは感心しました。

>マントレット
ありがとうございます・・・戦闘準備状態では付くということですね・・・探照灯台の手すりもどうしようか迷っているほどなのでう~んです・・・

投稿: シロイルカ | 2009年1月 4日 (日) 12時45分

遅ればせながら明けましておめでとうございます
私の方は新年呆けましてあいかわらず・・であります(爆;)

早くも加古の美しい艦型が姿を現してきましたね♪
私の方は出遅れてしまい・・もう完全に開き直っておりますw
早くエンジンをかけないと・・とア号重油を鋭意補給中であります(爆;)

投稿: hagu | 2009年1月 4日 (日) 17時04分

やっほー!
延ばしランナー。
パンストをほぐした糸をおためしあれ。
伸びるから安心。
黒パンストがいいぞよ!。w
あぼーん!

投稿: apuro | 2009年1月 4日 (日) 18時17分

hagu様、あけましておめでとうございます。

早ければよいという訳ではないので、自慢にもなりませんが、他にも作りたいものがたくさんありまして・・・
浮気虫がいろいろであります。

ふふふ、hagu様がじっくりネタを暖めているのはお見通しであります(期待)

投稿: シロイルカ | 2009年1月 4日 (日) 20時02分

apuro様、喪中だったのですね・・・失礼しました。
ネタ違いばかりですが、P-63は細々と進めております。

>伸ばしランナー
私も嫁から黒パンストもらって温めております・・・
(変なトラックバックがかかりそうですが)零戦の空中線に使おうとほぐそうとしたのですが要領がわからず断念(笑)

投稿: シロイルカ | 2009年1月 4日 (日) 20時09分

ある時は決断も必要ですよね
私も最近は迷う傾向にあります^^;

投稿: らびQ | 2009年1月 9日 (金) 22時07分

らびQさん、おはようございます。
迷っている時も楽しかったりするので、いろいろ構想しているのは、それはそれで好きですよ^^

投稿: シロイルカ | 2009年1月10日 (土) 09時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 加古(その4)-船体:

« 加古(その3)船体の前に・・・ | トップページ | P-63(その9)-ちょっとだけ »