« 加古(その7)-基本塗装完了 | トップページ | P-63(その10)-エンドレス »

加古(その8)細部艤装中

今週は私も仕事に追われて平日は何も出来ず。

土曜日の今日やっと続きをが出来ました・・・

学研の歴史群像の1/100古鷹を参考にエッチングや金属線などでデティールを追加しました、他の皆さんの作品に刺激を受けまくって普段やらない張り線やワイヤーの表現も多少してみようと思っております。

Photo

羅針艦橋の上にある三本のアンテナ?が目立つので再現します。径不明の金属線と伸ばしランナーを使用しています。やっぱり艦橋はすべてオーバースケールになってしまいますね~

前部の張り出しにはどうやら機銃が2機装備されているようですが単装か連装か判断が付きませんでした・・・どちらにしてもオーバスケールは免れないのでP社の単装機銃に手を入れて付けておきました。

1

デリッククレーンのワイヤーは普段は無視なんですがここまできたのでついでに再現してみました・・・まだまだ研究の余地ありですな(^^;)

2

信号旗用の索は伸ばしランナーです(最初金属線にチャレンジしましたが・・・む、無理です、あまりにも情けなかったので画像なし 笑)

探照灯台はエッチング・・・効果抜群です、あとは予備フロート台と円材置き場が用意されております、煙突周りはこれで 充分でしょう。


3_2

楽しいやら苦しいやらでなかなか進みませんが本日のご報告ということで(^^)/

 

|

« 加古(その7)-基本塗装完了 | トップページ | P-63(その10)-エンドレス »

模型製作記 加古」カテゴリの記事

コメント

>楽しいやら苦しいやら・・

うんうんと思わず頷いてしまいます。
さらに不器用な身としてはジレンマまで加わっております(苦笑)

どうも艦船は弄りだしたらキリがないようですね、
何処で納得するかって事でしょうか?
それにしても丁寧な工作ですね、
こういう工作を拝見する度に頑張らなければと思います。

投稿: ハヤテ | 2009年1月24日 (土) 23時34分

ハヤテ様、ありがとうございます。

>艦船は弄りだしたらキリが・・・
どうもそのようです、罹患者続出ですね(笑)
>ジレンマ
解ります・・・
止め時が難しいんですけどここまでは何とかと言う気持ちが・・・どうやらいけないようです(笑)

投稿: シロイルカ | 2009年1月25日 (日) 09時27分

手を入れだしたらきりがなくなるのは
それだけ作品に愛着が出てくるの
ではないでしょうか。見ているだけで
その思いが伝わってきます

投稿: あきみず | 2009年1月25日 (日) 21時57分

シロイルカさん、こんばんは^^
無線電話かな?
最近は怒涛の製作ペースですね^^
私も見習わなければ^^;

投稿: らびQ | 2009年1月25日 (日) 22時13分

あきみず様、こんばんは。

加古は『鉄底海峡』を読んでから思い入れのある艦です。好きな理由を考えながら記事の中で紹介していくと読む人にも伝わりやすいのかもしれませんね。

今回の祭りでは加古が一番アイテムが被らなさそうだったのも理由ですが、実際はそうでもありませんでした。

投稿: シロイルカ | 2009年1月25日 (日) 22時35分

らびQさん、こんばんは。

感度は良しであります。
記事数が多いだけで良く見ると製作ペースはあまり変わってないかもしれません・・・

あまり一貫性なく食い散らかすようになっているのでにぎやかに見えるのだとおもいます、楽しんでもらえると嬉しいです^^

投稿: シロイルカ | 2009年1月25日 (日) 22時45分

艦橋前の機銃は13mm連装機銃のようです
P社の別売りパーツにもありますが思い切りオーバースケールです。
どこかの作例で25mm3連装機銃のエッチングパーツを連装にして取り付けてありましたが、これならスケールフィットするみたいです
(今さら余計な情報ですいません)
私の古鷹はオーバースケール覚悟でP社パーツの予定です
ところで飛行作業台の下の細長い出っ張りは水密扉なんでしょうか?柱なんでしょうか?
ご存知でしたら教えてください

投稿: ほりでぃ | 2009年1月25日 (日) 23時42分

ほりでぃ様、こんばんは。
やっぱり連装機銃でしたか、おっしゃるとおりP社の連装機銃だとスケールフィットしないので単装にしました。

>飛行作業台横の出っ張り
私もハセガワのモールドは水密扉の表現だと思いますが・・・正直解りません
(資料ではないですが学研の1/100模型の古鷹は左舷側水密扉の上に予備フロートが載っているので何らかの構造物があるように見えます。
ネィビーヤード誌7号の加古の作例を見ると水密扉ですね・・・)

投稿: シロイルカ | 2009年1月26日 (月) 00時27分

ありがとうございました。艦スペ、MG、MAの作例いずれも扉だと書いてありましたが、艦スペの図面を見ると扉ではなくただの線でした。
で、模型を見てここに3枚扉が並ぶ意味って何?
と考えてみたのですが分かりません
艦橋部の扉をあんなに秀逸にモールドしてるのにここだけわざわざ手を抜くか?とメーカーの良心に期待する部分もあり質問させていただきました
模型的に見るなら、各誌の作例のようにモールドを落として水密扉を再現した方がよさげですね

投稿: ほりでぃ | 2009年1月26日 (月) 23時15分

ほりでぃ様、こんばんは。
なるほど確かに他の部分の繊細なモールドに比べるとこの部分はなおざりに感じますね。
抜き型の関係ってやつなんでしょうか・・・
いいキットなのに細部の凝り方がアンバランスというのはちょっと残念ですね。

投稿: シロイルカ | 2009年1月26日 (月) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 加古(その8)細部艤装中:

« 加古(その7)-基本塗装完了 | トップページ | P-63(その10)-エンドレス »