« 加古(その8)細部艤装中 | トップページ | 加古(その9)艦載機-下駄履きキャンペーン »

P-63(その10)-エンドレス

塩ビキャノピーの継ぎ目消し・・・

やっと終わりました、っていうかいつまでたっても終わらないエンドレス状態なのでもう切り上げます(-゛-メ)

サフェーサーと溶きパテと塗料のパッチワーク状態ですが表面の研ぎ出しに入ります。

P632

そういえば下面にもいろいろ造作するものがあるのを忘れてました・・・

排気シャッター?やらガンポッドやら増槽ラックやらが付きます。

P63

当たり前のように接着面に隙間が出来ます・・・またパテとやすりのお世話になります

だんだん腹が立ってきますな~・・・なにがマルチマテリアルやねん(-゛-メ)

そういえば脚注のトルクリンクもエッチングです(笑)

P631

全面銀だから研ぎ出しにも時間掛かります・・・

本当に進んでいるのか(謎)

|

« 加古(その8)細部艤装中 | トップページ | 加古(その9)艦載機-下駄履きキャンペーン »

模型製作記 P-63キングコブラ」カテゴリの記事

コメント

手こずっておられるようですね。
やはり塩ビキャノピーが一番の難関でしょうか?

なんだか塗装にものすごく気を使わなければならないような予感・・・

でも苦労して完成させたキットは愛着がわきますね。

投稿: シミソ | 2009年1月25日 (日) 21時22分

シミソ様、こんばんは。

そうなんです、継ぎ目がきれいに消えていないので銀塗装だとぜったい目立つと思うんですよ(鬱)

でも、水ペーパーで撫で回しているうちにかわいくなってきました(笑)

P-63はP-39よりも中央部のボリュームがアップしていて、より一層空飛ぶ『かつを節』感がアップしております

投稿: シロイルカ | 2009年1月25日 (日) 22時53分

マルチマテリアルキットって、やっぱ手が掛かりますねぇ…
アタシは、プラ以外の材質は苦手なんで、なるだけ手を出さないようにはしてるんですが、うっかり買っちゃってるのがありますねぇ(-_-)

投稿: | 2009年1月26日 (月) 00時16分

↑のコメはアタシです(-_-)

投稿: 怪傑店長 | 2009年1月26日 (月) 00時17分

店長様、こんばんは。

>うっかり買っちゃってる
WWⅡのマイナー系仏機なんかは箱絵も凝ってるしうっかり買っちゃってる度が高そうですね。

次のAIRは絶対にオールプラスチック製にする予定です(笑)

投稿: シロイルカ | 2009年1月26日 (月) 00時36分

うーん。
光明が見えてきましたね!。
もう一息ってトコロがわくわくだね。
銀塗装!。
下地処理が大変だろうなぁ、、。

投稿: apuro | 2009年1月26日 (月) 16時02分

apuro様、こんばんは。
パッチワーク状態で研ぎ出した表面の状態が良くわかりません(笑)
思い切って一回塗って様子を見ることにします。

追伸:apuro様のページにお気に入りリンク掛けさせてもらいました、ご諒承お願いします。

投稿: シロイルカ | 2009年1月26日 (月) 19時56分

塩ビキャノピには未だかつて手を出したことはありませんが見ているだけで辛そうです
頑張ってください

投稿: ほりでぃ | 2009年1月26日 (月) 23時17分

ほりでぃ様、わたしは知らなかったんですが、塩ビはサンペでは歯が立ちません(悲)
カッターで整形してパテやサフで継ぎ目を消すしかないようです。
私が知らないだけでもっといい方法があるのかもしれませんが
・・・

投稿: シロイルカ | 2009年1月26日 (月) 23時39分

こんばんは

着実に進まれていますね。

当方は、このところ億劫で、得意の仮組みもしておりません。

何か元気の出る出来事でもあればいいのですが。

投稿: K大尉 | 2009年1月27日 (火) 00時02分

K大尉殿、私は最近のK大尉の記事楽しんで読んでおります。エッシーの記事(ネーベルベルファは今でも欲しいです)とかフジミの金剛キットの霧島への改修点とかキットの発展性の話とかは充実した内容だと思うのですが…
記事としての充実度と本人のモチベーションは必ずしも比例しないようですね…う~ん、不思議であります。

投稿: シロイルカ | 2009年1月27日 (火) 13時01分

シロイルカさん、こんばんは^^
時間の割には見た目は進んでいない事ってありますよね
でもその分、完成したときの喜びは大きいはず^^
じっくりとがんばってください^^/

投稿: らびQ | 2009年1月28日 (水) 20時23分

らびQさん、こんばんは。

このキットは完成するだけでかなり地味に嬉しいと思います(笑)

無事に(!)完成したら、きっとビールがおいしいことでしょう(←まだ完成してませんが 爆)

投稿: シロイルカ | 2009年1月28日 (水) 22時45分

手の掛かる機体ほどかわいいと昔からw
風防枠のパテ処理、ラインも綺麗に出ております♪
我が家にも塩ビキャノピーの機体が1機ありまして
押入れから出してきて記事を拝見しながら眺めておりました・・が、
5分後・・溜息と共に押入れの最奥部に(汗;)
完成の暁にはマルチパテリアルキットと・・(以下略しますw)

投稿: | 2009年1月30日 (金) 21時56分

このコメの芸風はhagu様でありますね^^

実はこのキットもタミヤパテ、溶きパテ、ホワイトサフ、メタルにはタミヤのスーパーサフを使用(笑)まさにパテの品評会状態です・・・
>パルチパテリアル・・・その語感パクらせていただきますっ・・・命名『マルチパテリアル零号機』

投稿: シロイルカ | 2009年1月31日 (土) 01時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: P-63(その10)-エンドレス:

« 加古(その8)細部艤装中 | トップページ | 加古(その9)艦載機-下駄履きキャンペーン »