« 下駄履きキャンペーン(その2)-デッチアップなのだ | トップページ | 二式水戦(その3)-仮組み »

加古(その11)-細部艤装2

加古に戻りました。

1/100の古鷹を参考にところどころデティールを追加しております。

エッチングのフロート台と材木置き場を付けると煙突周りが精密に見えてきます。

1

予備フロートはタミヤの矢矧についていたものがちょうどありますのでそれを使うつもり

、木材置き場にはたくさん円材を積み上げる予定、『鉄底海峡』で海没時に浮かび上がってきた材木が漂流時に役に立ったとの記述がありますな。

あとは艦載艇を塗らなくてはなりませんね。なかなか終わらせるのは大変です^^

Photo

加古ってカッターや内火艇が無理やり置いてある感じで結構笑えますね。第3砲塔下のカッターはカバーつきにしたいのですがエポパテか何かを使うのが良いでしょうかねぇ

それにしても模型としては見所満載で楽しめます。

2

艦橋のリールはお手軽にP社の小型艦用パーツのにしました(エッチングは見かけないです)。

3

だんだん進んでるように見えなくなってきましたが逆に言うと目立つところはあらかた終わったと言うことですかね。

|

« 下駄履きキャンペーン(その2)-デッチアップなのだ | トップページ | 二式水戦(その3)-仮組み »

模型製作記 加古」カテゴリの記事

コメント

細部工作お疲れ様です
私の古鷹は早々に切り上げて完成ということにしてしまいました。
次は衣笠の予定です

投稿: ほりでぃ | 2009年2月 9日 (月) 00時08分

煙突周りの精密感、いいですね~。材木が置かれると、さらに実感が増すでしょうね。ワクワク

私などは資料本の写真を見ても不鮮明なので、このあたりの構造物は判り難くて弄れません。

投稿: pierre k | 2009年2月 9日 (月) 09時50分

ほりでぃ様、次はもしかして青葉型2隻行ってしまいますか?ひょっとして筑摩かと思ってましたが^^しかも合間に何かはさむんですよね(笑)

投稿: シロイルカ | 2009年2月 9日 (月) 20時35分

pierreK様、お帰りなさい^^励ましの言葉いつもありがとうございます。

ジョーワールドのエッチングは使い方の指示が適切でわかりやすいので助かっています。
やはり資料から判断するとなるとなかなか大変だと思います…

投稿: シロイルカ | 2009年2月 9日 (月) 20時42分

期限内の完成ということを考え冒険はやめましたw
幸い、衣笠(新版)があったのでこれにしました。
青葉は旧版からの就役時改造になるので、やはり期限の関係でやめました

投稿: ほりでぃ | 2009年2月 9日 (月) 22時49分

こんばんは

煙突の脇の予備フロート置き場?などの工作が細かいですね。

完成が楽しみです。

投稿: K大尉 | 2009年2月 9日 (月) 22時54分

ほりでぃ様、新版の『衣笠』楽しみにしております、加古の最後の艦長高橋大佐と衣笠の沢大佐は親友だったようで『鉄底海峡』にも何度も登場しております、最期は壮絶だったようですね・・・

投稿: シロイルカ | 2009年2月 9日 (月) 23時50分

K大尉殿、予備フロート台はオリジナルパーツとの置き換えで一番効果あると思います・・・

このキット繊細なモールドに比べてトラス類のパーツはあまり力が入ってないようです、凝りたければ純正エッチングを使えと言うことでしょうかね・・・

投稿: シロイルカ | 2009年2月 9日 (月) 23時54分

いやいや、これは凄いことになってきましたね。
ジョーワールドのエッチングパーツは良いですね。

艦船好きの方が作っておられるのか
色々とメーカーのある中でかゆい所に手が届いている唯一のメーカーではないでしょうか。

私も手すりを付けたので中央構造物は少しバッくれようと思っていましたが
この画像を拝見してしまうとそうも言ってられなくなりますねぇ(笑)

投稿: シミソ | 2009年2月10日 (火) 01時53分

シミソ様、やはりそう思われますか。
>艦船好きの方が
確かにそうだと思います、阿賀野型の時も思いましたが個別艦の仕様や年次変遷まで丁寧に説明してあって感心しました…

古鷹級はシェルターデッキや発射管の開口部とかがないので煙突周りが見せ場でありましょうか。

投稿: シロイルカ | 2009年2月10日 (火) 09時44分

やはりトラス関係はエッチングがいいですね♪
円材は戦闘の後、被弾箇所の補強に使われていたと
那智を作り始めて知りました(苦笑)

少しずつですが、船の事が分かってくるのが楽しいです♪

投稿: ハヤテ | 2009年2月11日 (水) 14時21分

ハヤテ様、なるほど応急修理用だから応急材なんですかまんまですね(笑)
ブームス(というらしいです)に応急材を置くのは日本海軍だけで円材だけではなく角材や竹ざおも置いておいたそうであります(受け売り)
外観を損なうとの悪評もあったようですが、給油時や標的作りにも使用とあります(これも受け売り)日本海軍芸細^^

投稿: シロイルカ | 2009年2月11日 (水) 18時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 加古(その11)-細部艤装2:

« 下駄履きキャンペーン(その2)-デッチアップなのだ | トップページ | 二式水戦(その3)-仮組み »