« 加古(その9)艦載機-下駄履きキャンペーン | トップページ | 下駄履きキャンペーン(その1)-搭乗員選抜・・・か? »

本日の報告-1/48と1/700

艦載機の続き♪

デカールを貼ります・・・加古、古鷹のニューキットは艦載機のデカールも充実しており偏流測定用の白線や機番号のデカールまで付いております^^

Photo

白ふちの日の丸だけはP社の装備品セットⅡに付属のデカールです。

零水偵自体はWLのパーツのほうが本物に似てますね~


1

2機無理やり載せた状態です・・・1機目を射出しないとデリックもまともに動きませんが1/100の古鷹もそんな感じなので多分実際にそうだったのでは?

2











そして探照灯台、まだ接着していませんが雰囲気の確認と言うことで(こんなことばっかやってるから進まないんですな~)

Photo_2

方探のループアンテナは極細金属線をコイル状に巻いたものを切り出して作りました。

パラベーンはP社の小型艦用パーツの余りを使っています(これは単に好みの問題)。

1_2

零水の風防は最近クリアーブルーで塗るのがマイブーム♪

そういえば模型売り場でライオンロアの空母艦載機セットを見ましたが、エッチング付きとはいえ1700円は高いっす・・・3分考えてからパスしました(水偵だったら買ったかもですが;)

1/700の飛行機の後は1/48です(笑)いつまでたっても終わらないP-63ね

我慢できなくなって一度タミヤアクリルのシルバーを下塗り代わりに全面シルバーで塗ってみました。

やっぱりクリアパーツ周りのパテ盛りの痕がきれいに消えていません(鬱)

2000番ぐらいのサンペでもう一度研ぎだしてから今度は缶スプレーのシルバーリーフをエアブラシに取り出してオーバースプレーしました。

P63

クリアパーツの境目以外はきれいになりました・・・これで良しとするか

それとももう少し撫でて見るか、本人的にはどっちでも良くなってきました(笑)

P631

こっちは締め切り無いもんな~(自爆)

|

« 加古(その9)艦載機-下駄履きキャンペーン | トップページ | 下駄履きキャンペーン(その1)-搭乗員選抜・・・か? »

模型製作記 P-63キングコブラ」カテゴリの記事

模型製作記 加古」カテゴリの記事

コメント

そう言えば射出時には操縦桿をロープで固定し
Gに対処していたとか、
さらに搭乗員には「危険手当」が支給されたと
何かで読みました。

搭載機も完成しいよいよ竣工も間近でしょうか?


投稿: ハヤテ | 2009年2月 2日 (月) 00時51分

着実に完成に近づいていますね。
水偵搭載も実艦もかなり無理をして搭載していたようで
カタパルトオフセット状態で正しいようですよ。

重巡なのに軽巡の阿賀野型よりも艦載機搭載が窮屈に見えるのは
竣工した時代のせいばかりではないような気がします。

投稿: シミソ | 2009年2月 2日 (月) 01時30分

ハヤテ様、何かここから先が迷いどころです、完成した方の作品を見ると『張り線』が張られてるんですよね(汗)

>操縦桿をロープで固定
そうなんですか!?、射出も危険、索敵はさらに危険…男の職場ですね…

投稿: シロイルカ | 2009年2月 2日 (月) 09時56分

シミソ様、おっしゃるとおり古鷹級は1万トン重巡と伍するためにかなり艤装に無理がありますね…

最上型が軽巡の時代にこのクラスが重巡扱いだったのは矛盾ですね、スキーのジャンプのように日本を縛るためだけのレギュレーションだったのでしょうか…

そうそう、シミソ様記事のコメへの御回答ありがとうございます
m(_ _)m後続艦用の装置なのですね、海軍さんは目も良くないと務まりませんな^^

投稿: シロイルカ | 2009年2月 2日 (月) 10時38分

古鷹型が竣工した頃はまだ、夕張が竣工した後で、「偵察巡洋艦」というカテゴリーで竣工しました。竣工当時はこの大きさの船体に20cm砲を6門搭載するというだけでも革新的な設計でした。(日本では実績がなく、初の試み)

その後、軍縮条約に合わせて妙高型・高雄型が建造されるわけですが、ワシントン/ロンドン条約当時、各条約により、微妙に「重巡」の定義が異なっていて、最上級が竣工した頃は重巡は8インチ砲搭載艦ということになっていたので、15.5cm砲搭載艦は「軽巡」扱いとなった次第です。もっとも、条約切れを織り込み済みで当初から15.5cm砲を20cm砲に換装することを前提として建造されましたので、確信犯的に古鷹型/青葉型よりも大きなフネが建造されたわけです。

投稿: XJunで〜す | 2009年2月 2日 (月) 21時24分

XJunで~す様、ありがとうございます。
と言うことは(仮定の話として)古鷹型を6インチ砲にスペックダウンすれば代艦の建造は認めらるような状況はあったのでしょうか?
日本の建造枠を減らすために重巡のレギュレーションを恣意的に規定したのかなと解釈しておりました・・・その辺りの経緯は興味あります。

投稿: シロイルカ | 2009年2月 2日 (月) 22時06分

英米の趣旨は当然日本の押さえ込みなんですがレギュレーションの隙間を突くような駆け引きの結果ともいえますね。
フネの設計としては高雄級がほぼ限界で、その後のフネはある程度身丈にあった設計と感じます。

投稿: XJunでーす | 2009年2月 3日 (火) 00時03分

こんばんは

私も、ライオンロアの空母艦載機セットを手に取りました。

脚も再現されていていいかなーと思ったのですが、値段を見てそっと置きました。

しかし、どっちみち、ミッドウエーでやられてないですが、うちにはそれを載せる母艦が1つもありません(仮り組み品は多数ありますが…)。

投稿: K大尉 | 2009年2月 3日 (火) 01時37分

XJunで~す様、ありがとうございます。

レギュレーションを作ること自体が抜け道の抑え込みと不可分ということですね。
米英側に有利な規定を作る駆け引きが結果として最上型を生むことになったのは興味深いです…

投稿: シロイルカ | 2009年2月 3日 (火) 09時57分

大尉殿、やっぱり買いませんでしたか…主翼と胴体が分割してあったりして凝った作りなのはわかりますが値段が…

>載せる母艦・・・
私もお手付き空母は1/450しかありません(笑)

投稿: シロイルカ | 2009年2月 3日 (火) 10時02分

軍縮条約による艦艇の変革があるのは
わかりませんでした トン数の割りに
目一杯の装備をしたわけですか。
艦載機のデカールはこんな細かい
のまで付いているのですね

投稿: あきみず | 2009年2月 3日 (火) 19時23分

そろそろ自分も48のヒコーキを弄りたくなってきました♪
線張るのがなかなか難関でここ数日は全然外観に変化がありません(笑)
艦載機も綺麗にでけてますね~私は細かいところは「見えないフリ作戦」・・っす!

投稿: SAIUN | 2009年2月 3日 (火) 20時24分

あきみず様、そうなんです。最近のデカールは至れり尽くせりであります、手書きで白ふちの日の丸を入れていた中学生の頃とはえらい違いです^^

ほりでぃ様も書かれておりますが古鷹クラスは1万トン級よりも5500t級のほうが車格!が近いと思います。

投稿: シロイルカ | 2009年2月 3日 (火) 22時45分

SAIUN様、是非はじめて下さい、フロート付きがただいまのオススメです(笑)
参加の皆さん飛行機屋さんが多いので艦載機はアピールポイントだったりして(笑)

私も人様が新しいものを始めると積み在庫のことが気になって気になって・・・彩雲改・・・どこ

投稿: シロイルカ | 2009年2月 3日 (火) 22時54分

手を入れられた搭載機、ループアンテナが凄く映えております♪
雰囲気の確認、これは最も重要な工程でありまして概ね製作期間の半数以上を費やすべき・・(以下略w)
自分が遅れに遅れておりますので皆様の脚を引っ張る作戦でありますw

カタパルトの真下に露天の発射管が装備されているある辺りも限られたt数で艤装に工夫を凝らした本級の魅力を感じます。

投稿: hagu | 2009年2月 4日 (水) 15時17分

hagu様、エアブラシ病の私が唯一筆塗りで完成させられるのは1/700のAIRだけかもしれません(笑)

>雰囲気の確認
hagu様もそう思われますか(嬉)そうなんです、私は意味もなく仮組みを繰り返し挙句の果てに部品を紛失して自作を余儀なくされたりしますが、私の中ではモデリングのかなりの重要部分を占め…(以下長くなるので割愛)

投稿: シロイルカ | 2009年2月 4日 (水) 19時47分

キットの説明書もピットの説明書も茶色はレッドブラウンと指定していたので妄信して塗装しましたが、何か違うので再塗装することにしました。またこれで工期が延びましたw

投稿: ほりでぃ | 2009年2月 5日 (木) 22時35分

ほりでぃ様、こんばんは、
色は難しいですね・・・イメージと違う・・・は私も良くあります。
やはりやり直すのが吉でしょうか。

私は最近1/700の場合すべてグレーを少量混ぜて塗ることが多いです。

投稿: シロイルカ | 2009年2月 5日 (木) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本日の報告-1/48と1/700:

« 加古(その9)艦載機-下駄履きキャンペーン | トップページ | 下駄履きキャンペーン(その1)-搭乗員選抜・・・か? »