« 下駄履きキャンペーン(その1)-搭乗員選抜・・・か? | トップページ | 加古(その11)-細部艤装2 »

下駄履きキャンペーン(その2)-デッチアップなのだ

Photo_2

2式水戦♪

すっかりAIRモードになってしまったので脱線中です。

気晴らしではじめたつもりが楽しくなってしまいました・・・プロペラとスピナーが一体で整形しにくいので切り取ってしまいます、搭乗員の首ではないので躊躇なし(笑)

タミヤの丸棒がちょうどいいサイズなので切り飛ばしたペラを延長します。

Du_2

スピナーを整形したらピッチを強めにして差し込みます、個人的にピッチが強めのほうが格好いいと思っているので好都合♪

Du1

お次はエンジンですがシリンダーヘッドの部分が省略されているので無理やり覗くとちょっと寂しい出来にみえますが今回はなるべくキットパーツを活かすつもりですので、金属線でプッシュロッドとプラグコードを付け直してにぎやかに見せてごまかす作戦に出ます。

Du2

それらしく見えてくれれば良しとします、本気で作るならハセの2式水戦をベースにしたほうが良いですもんね。コックピットの中も上からよく見える部分限定で手を入れます。座席の高さ調整用のゴムバンドは真鍮線に替えて、後ろの隔壁にも軽め穴を開けときます。



Du4











コクピの右側も実際とちょっと違う作りになっているので切り飛ばし・・・

だんだん収拾が付かなくなっていく(←それが楽しかったりして)

でも、一番の問題はメインフロートですな、MAの零式モデリングガイドで指摘されていたので解ってはいたんですがメインフロートが小さいようです。

↓ この通り・・・どうしましょう・・・続く(笑)

Du3

|

« 下駄履きキャンペーン(その1)-搭乗員選抜・・・か? | トップページ | 加古(その11)-細部艤装2 »

模型製作記 二式水戦」カテゴリの記事

コメント

プロペラの切り離しや座席の加工など
キッチリ処理されています この辺りが 世界に一つだけの 楽しい要素なのでしょう 私はフロートには気が付きませんでした 作るだけでせいっぱいだったですから。シロイルカさんは
支柱の前でちょん切って延長されるのでしょう?

投稿: あきみず | 2009年2月 7日 (土) 21時21分

押さえるべき所を熟知されてますね、流石であります。

ベテランキットではありますが、バランスはなかなか良いんですよね♪

投稿: ハヤテ | 2009年2月 7日 (土) 22時29分

あきみず様、少しでも手を入れると自分だけのオリジナルになりますよね、もしかしたらそれが模型が止められない理由でしょうか?

フロート延長・・・この振りでスルーしたら顰蹙でしょうか?

投稿: シロイルカ | 2009年2月 7日 (土) 23時32分

ハヤテ様、私も中学生の頃作ったきりで今回改めて良く見たんですが、思ったより21型との共用パーツの少ない手の掛かったモデルなんですね。

確かに素組みでも充分格好よかったですけど♪

投稿: シロイルカ | 2009年2月 7日 (土) 23時45分

まさか\\フロートを作り直すって事ですか・・

私は詳細図はめったにあわせたりしないので全然気がつかないところですわ((^o^)丿)))
このあと、どうなるんでしょ♪

投稿: SAIUN | 2009年2月 8日 (日) 08時43分

SAIUN様、下駄履きキャンペーンは期限年内いっぱいなんですよね~(笑)

実はフロートの件は別冊モデルアートの〇須氏の記事ではじめて知りました、今回たまたま同誌の図面があったので比べてみたんですけど気にしなければ全然問題にならないレベルだと思うんです。

ネタ振りの結果は気分次第(笑)

投稿: シロイルカ | 2009年2月 8日 (日) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 下駄履きキャンペーン(その2)-デッチアップなのだ:

« 下駄履きキャンペーン(その1)-搭乗員選抜・・・か? | トップページ | 加古(その11)-細部艤装2 »