« 並行作業の功罪 | トップページ | 加古(その13)-完成 »

幻(まぼろし) 

今日は趣向を変えて本のお話・・・

ラバウル/ニューギニア陸軍航空部隊会発行の『幻(まぼろし) ニューギニア航空戦の実相』であります。

Maborosi

10年以上前に古本屋で購入したものですが、内容は陸軍部隊の戦力増強の努力と苦戦をありのままに記録したものであります。

戦史としての史料価値は当然ながら特筆すべきは写真やイラストに混ざって松本零士氏のカットが挿入されていることです。

戦場漫画シリーズでおなじみのタッチで内容に準じたカットが1ページ使用で十数枚掲載されております。

著作権を侵害するとなんですのででちゃんとした画像を載せられないのが残念ですが・・・

ちょっと解像度を落としますので雰囲気をお楽しみいただければ。

Maborosi1

まさに幻の本であります。

Maborosi2

ことしはまだ完成品が一個もないのに〇ョーシンキッズランドに行ってしまったのでまた買い込んでしまいました。

Carro

フェンダーのカットされたやつにして作ってみたいですな(←いつの話)

|

« 並行作業の功罪 | トップページ | 加古(その13)-完成 »

模型」カテゴリの記事

コメント

カルロ・アルマートのリニューアルキットですね。AFVの仲間うちでは評判のキットです。実車の活躍のほどは別にして良さげなキットですね。完成を期待しております。

投稿: XJunでーす | 2009年2月18日 (水) 23時24分

XJunで~す様、最近のAFVキットの高額化には目を見張ります。
このキットは金属砲身とエッチングも付いてこの価格ですから安く感じます。
リニューアルパーツもいい感じですし・・・
マカロニタンク実は案外好き♪

投稿: シロイルカ | 2009年2月19日 (木) 00時09分

こんばんは

この人形だけ欲しいですね。

でもイタレリ(ズベズダ)のが2つ手付かずです。

イタリア戦車兵セットは出ないでしょうか。

投稿: K大尉 | 2009年2月19日 (木) 00時46分

K大尉殿、70~80年代の名作キットをストックされている場合さらに買うのはハードル高いですね。
この戦車兵たちは別枠なので単独発売はありかもしれませんね…ここは待ちですか

投稿: シロイルカ | 2009年2月19日 (木) 09時52分

おおお、おもしろそうな本だねぇ!。
○士氏はかつて、文庫本の表紙や挿絵なんかも
やってたからねぇ。

パスタ兵たち、別売り見たぞ。
ふくろに入った吊るしのやつで。
見間違いだったらゴメン。
おなじシリーズに「ドイツ戦車工具セット」
あったの。Ⅳ号に付いてたDパーツだったよ。

投稿: apuro | 2009年2月20日 (金) 16時42分

〇ョーシンキッズランドにはよく
行きます 今はアウトレットで
安売りしてるのでよけいに買ってしまいます ニューギニア航空戦は
最後は整備兵やパイロットまで
地上戦に入った壮絶な戦いだったのでしょう。

投稿: あきみず | 2009年2月20日 (金) 21時08分

このような書籍があるのですか♪しかもこの挿絵はっ!
ニューギニアへは父が出征し思い入れもあって陸軍関係の本はかなり集めたのですが本書は初めて拝見しました。
まだまだこのような貴重な本が存在するのですね~なんだか嬉しくなりました。

また「古本屋徘徊病」が再発しそうでありますw


投稿: hagu | 2009年2月20日 (金) 21時25分

>安く…
基本形は変わっていないので、商売としてもそう値段はあげられないでしょうし、メインの部分の開発費の償却は済んでいる筈なのでこの価格で出来るんでしょうね。
八輪装甲車は欲しいです。(爆)

投稿: XJunでーす | 2009年2月20日 (金) 23時29分

apuro様
ただいま大虎になって帰ってまいりました~
最近はすぐに限定物が限定ではなくなるので油断なりませんね~(今回のパスタ兵は限定ではないですケド)
天下のタミヤさんならば別売りの予定ありはあらかじめ告知してもらいたいもんですね~

投稿: シロイルカ | 2009年2月21日 (土) 01時17分

あきみず様、この本の後半はかなりリアルに悲惨であります。
しかし陸軍も航空兵力の増強に力を入れていたのはこの本から伝わってまいります。航空基地の設営は飛行機の進出だけではすまないところが近代戦の大変なところのようですね。

投稿: シロイルカ | 2009年2月21日 (土) 01時41分

hagu様、この本は百偵や一式戦がホンモノよりもさらに格好よく描かれておりまして(←問題発言か?)素晴らしいのですが、本文の内容は努力と蹉跌の繰り返しであります・・・史実とはいえ読んでいて苦しくなります。

投稿: シロイルカ | 2009年2月21日 (土) 02時00分

XJunで~す様、リニューアルパーツ込みでこの値段に抑えられるのならば自分の好きなアイテムは『買い』ですね・・・タミヤの商機は案外ここじゃないのでしょうかね(アイテム合戦は共倒れが心配ですし)

投稿: シロイルカ | 2009年2月21日 (土) 02時06分

松本氏の描く皇軍機はその実力を
過大評価する事無く、それでいてかっこいい。
という印象が強いですね♪

実はファンだったりしてます(笑)


投稿: ハヤテ | 2009年2月21日 (土) 11時19分

ハヤテ様、この本の一式戦がまさにそうであります。これを見たあとでファインの2型甲(前期型)をみるとシンプルな表現に泣けてきます(笑)
この絵の一式戦に近付けてみたいですが無理か・・・

投稿: シロイルカ | 2009年2月21日 (土) 11時44分

松本零士さんもいろいろ大戦に縁のある方ですからね・・
そうそう、会社でうちの「爺ちゃんは三笠に乗ってた!」っておっさん(かなり偉い人ですが)を発見しました!来週はこのおっさんに少し接近作戦を展開します(笑)

投稿: SAIUN | 2009年2月21日 (土) 13時30分

SAIUN様、あとがきを見る限り無償での書き下ろしのようであります。
松本氏の父上は少佐で戦闘機乗りということは立派な高級軍人でありますね。
今思えばお得な本であります。
>三笠
100年前ですもんね~話が聞けるうちにいろいろ聞いておかないとですね。

投稿: シロイルカ | 2009年2月21日 (土) 19時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502183/44105805

この記事へのトラックバック一覧です: 幻(まぼろし) :

« 並行作業の功罪 | トップページ | 加古(その13)-完成 »