« 中断品 | トップページ | 下駄履きキャンペーン-二式水戦(その12)-マーキングは »

下駄履きキャンペーン-二式水戦(その11)-やっと・・・

新しいキットと古いキットの一番の違いは下地作りの手間でしょうか。

このキットに合わせに関してはそんなに手間がかかるわけではありませんが、いざ色を塗ろうとするとベテラン女優のように下地作りに手間がかかりますね・・・

何だかんだで2週間たっぷり掛かりました。

しかしベテランにはベテランなりの良さがあります。

まず安い(爆)

1

新しいキットはキットを凌駕する表面処理を施すのが大変というか、妙なプレッシャーがかかるんですよね。

こちらは気心の知れた幼馴染みみたいなもんで多少迷惑をかけても大丈夫(笑)

2

裏側とフロートのリベットも何とか打ち終わり、翼端灯と尾灯の整形も終えてクリアパーツのマスキングも終了。

あとは削り取ってしまったメインフロートの縁を再生すれば色塗りフェイズに入れるかな・・・

3

次回こそ♪

|

« 中断品 | トップページ | 下駄履きキャンペーン-二式水戦(その12)-マーキングは »

模型製作記 二式水戦」カテゴリの記事

コメント

なるほど・・・
下地処理にも色々ですね。。。
こんなこと言ったら怒られそうですが、結構AFVなら下地が雑でも味になるのですが。。。


自分も
いま作製中のを片付けて飛行機やろ~

投稿: Tucker | 2009年3月29日 (日) 10時05分

うふふふふ。
下地完了デスネ!。
塗装フェーズ突入!。
わくわくだねぇ。
って、キャノピーマスク済みで
万端準備オッケージャン!。
さすが!。

投稿: apuro | 2009年3月29日 (日) 19時48分

気心の知れた幼馴染 とは上手く
表現されました そんな気が十分に
します 未来の自分に送られた
問題集? 時間がかかった分仕上がりに反映していますかっこいいです
マスキングゾルを使われていますか?
切り離しが上手くゆかなくて難儀
したのですが、よい方法があれば
教えてください。

投稿: あきみず | 2009年3月29日 (日) 21時11分

Tucker様、確かにAFVは平面出しや垂直には気を使いますが表面が多少荒れてても味でしょうかね。
実際飛行機モデラーさんは表面仕上げと塗装の上手な方が多いですね~・・・
私もいろいろ見に行って勉強してます。

投稿: シロイルカ | 2009年3月29日 (日) 21時55分

apuro様、この二式水戦けっこう金型は荒れていて表面は微妙に凸凹しております。
リベット痕を均すときについでに表面を均しました、プラの質も微妙に違いますね(経時変化かな)
リベット生かす為今回は日の丸も塗装で行こうかと・・・

投稿: シロイルカ | 2009年3月29日 (日) 22時19分

あきみず様、わたしは初代のマスキングゾル使用ですが、これは折り刃のカッターの折りたてを使えばスパッと切れます。
良く書かれておりますがゾルは念のため二度塗りがいいようです。
マスキングゾル改はまだ使用しておりません(汗)

投稿: シロイルカ | 2009年3月29日 (日) 22時26分

マスキングゾル、ハセガワのオレンジ色のものはカッターで切り難く、使い勝手が悪いです(高価なのに)。
キャノピーマスキングは、最近おもにセロハンテープを使います。(切れがイイ)

投稿: pierre k | 2009年3月30日 (月) 00時08分

pierre K様、オレンジ色は確かに昔のゾルより硬いですね。
旧ゾルは今のペースでもまだまだ使えそうですが、これだけ改良版が発売されても昔のもののほうが使いやすい(気がする)のは何故でしょう。
きっと今は使えない成分が入っているんでしょうね(汗;)ちょっと怖い…

投稿: シロイルカ | 2009年3月30日 (月) 09時45分

既に雰囲気アリアリになってますね♪
フロート延長が相当効いているようで、
幼馴染が美人になって現れたようですね(笑)

投稿: ハヤテ | 2009年3月30日 (月) 19時11分

ハヤテ様、正直こんなに印象が変わるとは思いませんでした。嬉しい誤算ですね♪
今回は白ふち無しですが私も日の丸は塗装にしてみます。
厨房の時の失敗のリベンジです(今頃・・・)

投稿: シロイルカ | 2009年3月30日 (月) 22時02分

冒頭にコメントされている
新しいキットと古いキットの一番の違いは下地作りの手間でしょうか。

全くその通りですね!
キングフイッシャーにはまさにそれが当てはまります(笑)
で、進んだかというとまったく弄っていない(爆)

私もセロテープ派です。
キャノピー枠を同じカットするなら透明なセロテープが好み(まぁ、力加減に注意が必要ですが・・。)

投稿: シミソ | 2009年3月31日 (火) 21時23分

シミソ様、キャノピー枠のカットだけで1スレ立ちますよね(笑)
私の場合厨房の頃うまくできなくて初めて成功した方法がゾル&カッターだったのでこれですね。
ゾルでもモールドが甘いと刃が滑ります・・・

そういえばシミソ様の飛龍キャノピ枠バッチリで格好良かったです。私も積みの銀河とか作ってみたいですね

投稿: シロイルカ | 2009年3月31日 (火) 22時53分

うちの古女房も毎朝下地作りが大変そうで・・
嫁もキットと合い通じるものがありそうです(爆;)

うちのニ式水戦は主フロート後部の支柱付け根の処理が上手くいかず今でも四角く出っぱっております(羨望;)


投稿: hagu | 2009年4月 2日 (木) 17時28分

hagu様、幼馴染より古女房のほうがより適切な表現ですね・・・
しかし嫁に見つかると全削除を覚悟する必要が(爆)
このキットやはり古いので組み立てミスなのか金型の傷みなのかわからないところも散見されますね(ああっ、またもっともらしいことを言ってしまった;)

投稿: シロイルカ | 2009年4月 3日 (金) 07時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 下駄履きキャンペーン-二式水戦(その11)-やっと・・・:

« 中断品 | トップページ | 下駄履きキャンペーン-二式水戦(その12)-マーキングは »