« 下駄履きキャンペーン-二式水戦(その12)-マーキングは | トップページ | 下駄履きキャンペーン-二式水戦(その14) »

下駄履キャンペーン二式水戦(その13)-藤色

マスキング~

日の丸マスクは初めて(汗)

中坊のときタミヤの99艦爆を手塗りで失敗して以来トラウマです・・・

Nisiki

ハヤテ様にマスキングテープの位置決めに関していい方法を教わりました♪

非常に役に立つ方法ですので詳しく知りたい方は前の記事のコメを読んでみてください。

そして『藤色』についても前回記事にてpierre K様、シミソ様とコメのやり取りをしているうちに明灰白色が高緯度の陽光と濃霧で紫系の色彩に見えたという説を再現してみたくなりました。

Nisiki1

パネルラインにそって赤+ニュートラルグレーを薄く吹きます。

その後でライトグレー+ホワイトを全体にオーバースプレーしました。

Nisiki21

画像だとコントラストがよく解りませんがパネルラインにそって薄く色が残り紫系に見えるようにしてみました。

これは、肉眼だと用廃寸前に見えますね・・・もう一工夫必要ですね~もう少しオーバースプレーしてみます・・・

Nisiki2

こんな感じになりました、微妙~

|

« 下駄履きキャンペーン-二式水戦(その12)-マーキングは | トップページ | 下駄履きキャンペーン-二式水戦(その14) »

模型製作記 二式水戦」カテゴリの記事

コメント

うは!  いい感じ!。
カウルのリベットがキマッテ見える!。
マスキング剥がしが楽しみ。

機首のウェイトの件。
コドモの頃、LSの2式水戦、お風呂で遊んだの。
ワクワクしながら、。
当然尻餅ついちゃって、、。
今でもわすれない教訓だったね。w

投稿: apuro | 2009年4月 5日 (日) 21時43分

マスキングテープが洗剤を付けると
デカールのように滑るんですね 
だけど応用の時がくかなぁー。
藤色の再現もなるほどと感心しました
何でも挑戦して見られるのが新しい
仕上がりになりますね。

投稿: あきみず | 2009年4月 5日 (日) 21時50分

apuro様、このキットは二度目なんですが二回とも同じ過ちを繰り返しております・・・
我ながら学習能力の無さにあきれます(恥)
私は確かアオシマの晴嵐か何かを風呂に浮かべようとした覚えがあります。
双フロートでもダメでしたね(笑)

投稿: シロイルカ | 2009年4月 5日 (日) 23時09分

あきみず様、なんでもそうですが最初に思いついた方はエライです。
>新しい仕上がり
そうなんです、失敗することも多いのですが皆様との交流で新しいことを見たり教えてもらったりするととりあえず試してみようと・・・
道産子なんで(笑)

投稿: シロイルカ | 2009年4月 5日 (日) 23時15分

藤色の二式水戦は、アタシの世代にとって、
一度はやってみたいものでありました。
(144でやりましたが…)
今回の明灰白色の表現方法は、実に興味深いですね。
自然の条件により、その様に見えた色を塗装で
さりげなく表現するのは、
結構難易度高そーであります。
(がむばってください)

投稿: 怪傑店長 | 2009年4月 5日 (日) 23時19分

店長様、ありがとうございます。記事にも書きましたがもう一工夫必要ですね・・・
この塗装は言わば二重にフィクションですから自分で納得できるかどうかが鍵になりそうです。
う~む(悩)

投稿: シロイルカ | 2009年4月 5日 (日) 23時50分

藤色の二式水戦の再現、ブラボーです。

以前、シミソ様の零戦11型のときも思ったのですが、写真や証言をもとに推測し仮説をたて、それを模型に再現する、というのはとてもレベルの高い模型の楽しみ方だと思います。

私なら、きっと紫色をペペッと塗っておしまい、になります。

すごく勉強になりました。

投稿: pierre k | 2009年4月 6日 (月) 00時14分

pierre K様、レベルのアリューシャンタイガーの箱絵の水戦が昔から気になっておりまして、
あんな不思議な迷彩が本当に存在したのかと半信半疑でした・・・
今回シミソ様も同じような見解だったのでチャレンジしてみる気になりました。
説明がないと意図が不明の仕上げにも見えます(笑)

投稿: シロイルカ | 2009年4月 6日 (月) 06時42分

なんといっても実際の機体も塗装で仕上げてあるのですから、まさに最強の表現方法でありますね♪
疾風殿は富士山麓の旧軍倉庫跡から当時の塗料缶を発掘し使用されているとの噂も(爆;)

船が作りたく・・>天龍とは魅惑的なチョイスであります♪すでに外舷も手を入れられてますね~加古と舷を並べる絵もぜひ♪

投稿: hagu | 2009年4月 7日 (火) 14時51分

hagu様、日の丸塗装癖になりそうです♪
自宅の保管場所は西日が当たるので数年前に作った一式戦と四式戦の日の丸がピンクに退色して悲しい思いをしたのでそれも避けられます。

>天龍:船体にはすでにくどめのモールドが施されており削り落とすのを薦める先人も居ります。
全体的に他とはテイストの異なる仕上げが施されそのまま作るかどうか迷います・・・

投稿: シロイルカ | 2009年4月 8日 (水) 00時01分

スマートなキットがリベット打ちで
力強くなってますね。

カウリングのリベットがかなりのインパクト!
塗装表現も成る程と頷いてます♪

投稿: ハヤテ | 2009年4月 9日 (木) 00時10分

ハヤテ様、カウリングは皆さんのやっているはげチョロ表現を試してみたくてペラを塗ったついでにシルバーで下塗りしてみました。

やってみると楽しくて今度はやりすぎが心配です♪

投稿: シロイルカ | 2009年4月 9日 (木) 00時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 下駄履キャンペーン二式水戦(その13)-藤色:

« 下駄履きキャンペーン-二式水戦(その12)-マーキングは | トップページ | 下駄履きキャンペーン-二式水戦(その14) »