« 下駄履きキャンペーン-二式水戦(その14) | トップページ | 私事ではありますが・・・ »

下駄履きキャンペーン二式水戦-(その15)&るふとばっふぇ

だいたい工作は終了いたしました。

今回は少し考えがありますのでうまくいけばもう一度記事にしたいと思います。

なので完成記事ではありません(笑)

Nisiki

昨日の記事どおり爆弾架と照準機とオイルクーラーのパイプを取り付けてクリアー吹きを済ませてマスキングをはずしました。

Nisiki2

今回は工作の粗が目立ちますが、いろいろ試したので楽しめました。

Nisiki1

とにかく美しい機体ですねぇ・・・無敵だったと信じます(笑)

Nisiki21

お次は独機にいきたくて候補を物色中・・・

Bf109

大戦間機に惹かれているので2枚ペラのBf-109Dなんていいかな♪

Bf109d_2

気が変わらなければこれで(笑)

|

« 下駄履きキャンペーン-二式水戦(その14) | トップページ | 私事ではありますが・・・ »

模型」カテゴリの記事

模型製作記 二式水戦」カテゴリの記事

コメント

すでに・完成やと思うのですが・・まだまだされるのですかっ!(^^)!

次作はメッサ祭りなんですね♪~~
期待大です♪

投稿: SAIUN | 2009年4月12日 (日) 20時03分

歴戦の翼という雰囲気が出てますね。
あとはアンテナ線でしょうか、
もしかしてディオラマに仕立てるのでしょうか?

日の丸塗装も上手くいったようでなによりですね♪

投稿: ハヤテ | 2009年4月12日 (日) 20時32分

やっぱりフロートの工作効果が出ているようですね。
バランスが良いです。
もう少しということは艦船ではないとしたら
寒々としたキスカの・・・・

次作はBf109Dですか。
うちにホビークラフトのC型があります。
パーツはまったく同じはず・・・。
押入れの奥底です。取り出せません(笑)

あ、ブログの画像表示なんですが、
ココログのほうで勝手に仕様変更されたまま何も弄っておりません。
ある日突然ああなりました(困)

投稿: シミソ | 2009年4月12日 (日) 20時56分

SAIUN様、機体はもうおしまいです(あとは張り線ぐらい)。
いえ、まだうまくいくがどうか解らないので変な書き方になりましたが、もうちょっと頑張ります♪

>メッサー、このD型はI-16を血祭りに上げております(スペイン内戦のI-16の方も持っております)

投稿: シロイルカ | 2009年4月12日 (日) 21時51分

ハヤテ様、いろいろとありがとうございました(感謝)、せっかく藤色にしたのでそれを感じさせる状況を再現できればと思っております。
音沙汰が無ければうまくいかなかったと・・・(爆)

投稿: シロイルカ | 2009年4月12日 (日) 21時54分

シミソ様、思わせぶりに書きましたが濃霧と藤色を何とか・・・現在鋭意研究中です(←大げさな)
でも失敗したら上にも書きましたが知らん振りして次のキットに取り掛かります(笑)

D型のこのキット確かに固定ピッチの2枚ペラが入ってますね、これがC型用なのですか?

投稿: シロイルカ | 2009年4月12日 (日) 22時05分

完成おめでとうございます!?
飴色!?の機体色がイイ感じでキマっていますね!
うーん飛行機詳しくないですが、とてもじゃない
けど、調合オリジナルでこんな雰囲気だせないなぁ、、。
飴色飴色と覚えていたのですが、藤色とも呼ぶん
ですねー参考になります。
メッサーの製作も楽しみにしていますー^^

投稿: ロコ | 2009年4月14日 (火) 00時13分

ロコ様、ありがとうござます。

『藤色』はアリューシャン方面の二式水戦のみに塗装されていたらしいという塗色です。しかも連合国側の資料にしか存在を記録されていなかったといういわくつきです。世の中的にはもっと鮮やかなパープルの作例が多いですね。

最近は諸説入り乱れてよくわからない状態です。
模型ブログでいうところの『史料価値は0』ですのでご笑覧ください(笑)

投稿: シロイルカ | 2009年4月14日 (火) 09時59分

ううう。
照準器がぁ!
決まりましたね!  お見事!!。
これで終わっちゃいない・・。
ホームラン宣言みたいでカッコイイ!。
ワクワク ワクワク
どうしよう、、。

投稿: apuro | 2009年4月14日 (火) 19時21分

apuro様、照準機の色付きフィルターはカラーフィルムのネガです。よく見えませんがアンバーな感じがぴったりです。
うちのデジカメではこれが限界ですが一応照星も付いてます・・・

>ホームラン宣言・・・ひえ~失敗したらどうしよう、とりあえず頑張ります。

投稿: シロイルカ | 2009年4月14日 (火) 21時37分

完成おめでとうございます リベット
を打たれた効果が出ています、国籍マークも塗装されて新しい境地を開かれたようです 飛沫を上げて離水する
場面が目に浮びます。
次の109Dコンドル軍団も
いいですね頑張って下さい。

投稿: あきみず | 2009年4月14日 (火) 23時29分

あきみず様、ありがとうございます。

>新しい境地、確かにチャレンジするといままでと違った感想が自分の中に出てきますね。
みなさんのいろいろな技術を見てるうちに、自分の中でも化学変化が起きているのかもしれません。

投稿: シロイルカ | 2009年4月15日 (水) 04時39分

メッサーは、初期物のこの形態からK型まで発展しちゃうのが
スゴイですね。

零戦を水上戦闘機として成立させちゃう中島もスゴイですけどね(^o^)

投稿: 怪傑店長 | 2009年4月15日 (水) 23時20分

2枚目の画像の風防枠やペラの薄さ感も惹かれます♪
しかし丁寧な処理とリベットの相乗効果は素晴らしいです。(羨望;)

少し考え・・>くれぐれも私のように湯船に持ち込んでの浮力検査、離発水試験は危険であります(爆;)

投稿: hagu | 2009年4月17日 (金) 22時48分

店長様、確かにメッサーはEからFで一度別機になりK型まで化けた感じですね・・・E型までは水平尾翼に支柱が付いているのに(笑)

メッサーのK型やグリフォンスピットにはドーピングという言葉が浮かんできます(笑)

投稿: シロイルカ | 2009年4月19日 (日) 18時01分

hagu様、ありがとうございます。
>湯船に持ち込んで
はっ、思わず風呂に持ち込みたくなる衝動をかろうじて抑えたのを何故お見通し(笑)

今回、実家に急遽帰ったのですが前回作った二式水戦の残骸が残っておりました・・・懐

投稿: シロイルカ | 2009年4月19日 (日) 18時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502183/44648481

この記事へのトラックバック一覧です: 下駄履きキャンペーン二式水戦-(その15)&るふとばっふぇ:

« 下駄履きキャンペーン-二式水戦(その14) | トップページ | 私事ではありますが・・・ »