« 模型は進んでおりませんので・・・ | トップページ | 不定期連載―天龍 »

Bf-109D コンドル軍団(その1)-機首の修正

2週間ぶりに模型に手を付けました♪

アカデミー(ホビークラフト)のD型ですが機首の造形と合わせに難があります。

排気管の形状が全く本物に似ていません(ホビークラフトらしく省略がすごい)

エンジンカバーに開いているスリットが場所、形状ともにおかしい。

エンジンカバーの分割が前過ぎて弾道溝が短くなっている。

機銃が無視(省略)されている。

細かく言うとまだまだ違いがあるようです、詳しくはスケビの2号が参考になります。

まずは排気管カバーパーツを貼り付けて機体と面一にします、排気管パーツはキット指定ではなく穴のあいているパーツのほうを使いました。

09d1_2

その後で仮合わせしてみると、やはり弾道溝が短い感じがするのでエンジンカバーパーツをプラ板で1mm延長しました、その分胴体側のパーツを削り帳尻を合わせます。

高さもあわないので下側にも0.5mmプラ板を貼っています。.

キットパーツの穴の位置を参考にピンバイスで排気管用の穴をあけます、その後プラ板で裏打ちしています。

ここに短く切った真鍮パイプを差し込みます。

09d3

型抜きの関係で形のおかしいスリットは一度プラ板でふさぎました。

その後スリットをあけなおそうとしたのですが、まだ接着剤が乾ききっておらず失敗しました。

完全に固まってから開け直します(焦ってはいけんね・・・)。

というわけで本日はここまで(笑)

09d2

コックピットは案外精密にできているようなのでほぼ素組で行こうかと思います。

G型のコクピットの写真はあるんですがD型はよくわかりません。

クリアパーツも閉状態のみなのでまあいいかな・・・と。

09d 

得意の仮組み(笑)・・・Bf-109本来の姿ですかね・・・ここからK型まで進化させるんだからヨーロッパ人は侮れません。

これを見ていると試作型のスピットとかハリケーンのMKⅠとかも作りたくなりますね♪

あと十二試艦戦も・・・

そういえば二式水戦はその後まだ作業しておりません(←このまま放置か?)

|

« 模型は進んでおりませんので・・・ | トップページ | 不定期連載―天龍 »

模型製作記 Bf-109D」カテゴリの記事

コメント

早速的確な修正方法の発表からの
スタートでこれからの進展が目を
離せません。このキットは48
ですね コンドル軍団の塗装も
また違った味がありますね
楽しみにしています。

投稿: あきみず | 2009年4月25日 (土) 23時08分

あきみず様、1/48であります。修正は排気管だけは手を入れないとD型らしくないのですが、他は自己満足でしょうね(笑)
今回コクピはあまりいじらないつもりなので切った貼ったはこのぐらいです。

投稿: シロイルカ | 2009年4月26日 (日) 06時35分

ここを真鍮パイプに置き換えると随分と見栄えしますもんね♪

やっぱこれはカッコいい機体なんで弄り甲斐もあるしですね!!

出来上がり楽しみっす!(^^)!

投稿: SAIUN | 2009年4月26日 (日) 16時21分

あっ、三角喰い!!。w
二枚ペラがそそるぅぅ!

投稿: apuro | 2009年4月26日 (日) 19時48分

SAIUN様、このころのBf-109はまだ大戦間のスピードレーサーの面影が残っておりますね。

こういうのを作り出すと玉突き的に大戦間機を作りたくなります。
直径の長い2枚ぺラ好きなんです♪

投稿: シロイルカ | 2009年4月26日 (日) 21時07分

はっ、二式水戦が終わっていないことを気づかれましたか(汗)
工作的にはあとはアンテナ線だけですがその先がまだうまく構想が…
新し物好き、社交的、飽きっぽい…これもまた県民性か(←言い訳です)

投稿: シロイルカ | 2009年4月26日 (日) 21時11分

お元気になられたようで安心しました。

2枚ペラですか、3枚に目が慣れていると
逆に新鮮に映ります。
独逸機は塗装バリエーションが沢山あるようで
迷彩楽しみです♪

真鍮管を使うとぐーんとシャープになりますね。

投稿: ハヤテ | 2009年4月26日 (日) 23時03分

ハヤテ様、ご心配おかけいたしました。先週はPCもクラッシュしてしまいまさに弱り目に祟り目でした(涙)
体調は戻りましたのでいつものペースでいきます♪
メッサーもEFGあたりは皆さん目が肥えていると思うのでD型に(笑)

投稿: シロイルカ | 2009年4月27日 (月) 06時29分

いよいよ109Dに手を付けられたんですね。
このキット、コンドル軍団の機のオリンピックマーク(パイロットがオリンピック出場者だった・・・はず。迷)は入っているのですか?

うちのはC型なのでかコンドルはなくてドイツのものだけしか入っていませんでした。

投稿: シミソ | 2009年4月28日 (火) 01時43分

シミソ様、胴体にシルクハット、スピナーに五輪マークの入っているヤツですね、3種のうちのひとつがそれです。
あとは箱絵のネズミーマーク(笑)と独軍のマーキングが1種です。
どれにするかまだ決めてません。

投稿: シロイルカ | 2009年4月28日 (火) 06時00分

お体の方復調との事で安心いたしました。
私も冬季妻方に帰省しますと除雪に駆り出され腰を・・(あと霜焼けもw)
前記事の貴重な写真も堪能させて頂きました♪
2枚ペラのD型精悍ですね~機体修正法非常に参考になります。

連休が嬉しくて、ついこんな夜中まで模型を作っておりましたw

投稿: hagu | 2009年4月29日 (水) 03時06分

hagu様、わたしも休日前なので久々に遅くまで作業しました(なぜか船 笑)
除雪は年配者には重労働ですよね…
実家は木が伸び放題なので、あの有名な『高枝切り鋏』なるものを初めて使いました(笑)

投稿: シロイルカ | 2009年4月29日 (水) 08時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Bf-109D コンドル軍団(その1)-機首の修正:

« 模型は進んでおりませんので・・・ | トップページ | 不定期連載―天龍 »