« 私事ではありますが・・・ | トップページ | Bf-109D コンドル軍団(その1)-機首の修正 »

模型は進んでおりませんので・・・

強行軍がたたったらしく体中がガタガタになってしまいました(苦笑)

実家に帰って植木屋のまねやら手伝いやらいろいろとしたせいでしょうね。

なので前回の記事の続き(笑)

これは自宅のもと自室の模型(壊れていない物)、大部分は壊れたり捨てられたりしましたが一部残っております。

オオタキのヘルキャットとバンダイ=モノグラムのP-40B、中学生当時の新製品ですね。

Air

英連邦軍仕様なのがひねくれものの私らしいです(笑)

そして、前回ちょっと触れたハーフトラックの写真です。

Halftrack

遠景に写り込んでいるのが判りますでしょうか・・・シルエットのみで型式までは判別できませんねぇ。一中隊に一台なのかなぁ。

本当はもっと大きく写っている写真があったはずなのですが、何しろ自分のものではないので(笑)

次回帰郷した時の宿題ということで・・・

お次はM4E8の写真

M4e8

こうやってみると隊員が日本人に変わっただけでまんま米軍ですね、当然か・・・

次はちょっと珍しいかも

L19a

セスナのL-19Aですね(調べました・・・)、こんなもんが部隊に配備されていたんですねぇ。

連絡用のようですが旧軍でいうと直協機の部類ですね。

もっとじっくり見ればいろいろあるかもしれませんが今回はこれにて。

|

« 私事ではありますが・・・ | トップページ | Bf-109D コンドル軍団(その1)-機首の修正 »

昭和の自衛隊」カテゴリの記事

コメント

前回の記事と合わせ貴重な写真ありがとうございます。
ハーフトラックは上部に機銃マウント?がついているのでM3A1かA2であることは間違いないですね。

それにしてもM20も配備されていたんですね。
セスナのL-19Aは昔ハセガワからキットが出ていませんでしたかねぇ。
あ、金型はモノグラムかどこかのOEM商品かもしれません。

投稿: シミソ | 2009年4月22日 (水) 00時53分

シミソ様、前から実家に帰ったら撮ってこようと思っておりました。今回私も改めて良く見てみたのですが貴重な写真がいっぱいありました。

以前シミソ様へのコメで書いた親父の仕事ですが今回聞いたところ『火砲の初速が規定通り出ているか検査をする』でありました・・・

そういえばよく出張にいっておりましたが・・・恐ろしい職場です(笑)

投稿: シロイルカ | 2009年4月22日 (水) 07時00分

警察予備隊。
ファーストゴジラで頑張ってたよねぇ。
当時の個人装備、ほとんど米軍。
でも、背嚢とか、飯盒は旧軍スタイルだったね。
国産のM1ベルト、銃剣もあったねぇ。

セスナはふつーに見ていた記憶が、、。

投稿: apuro | 2009年4月22日 (水) 19時09分

中学生の頃からこのような作品を
製作しておられたのですね ヘル
キャットの英軍仕様が、只者では
ありません。私もセスナは見た
記憶があります

投稿: あきみず | 2009年4月22日 (水) 20時58分

apuro様、さすがお詳しい、日米チャンポン装備なのですか、弾薬は米軍と同じだから弾帯も同じなわけでしょうか。
そういえば自衛隊の運動会では銃剣術の競技がありましたね~
>セスナはふつーに
そうなんですね・・・私はこいつが飛んでるところを見た記憶がありません。ヘリは良く見ましたけど・・・

投稿: シロイルカ | 2009年4月22日 (水) 21時45分

シロイルカさん、こんばんは
ご無沙汰しております^^;
創設期の自衛隊の装備のキットが去年か一昨年くらいに何かの模型雑誌で見たような・・・
また見つかったらお知らせします
最近は週末に数時間ずつ作っております^^;;

投稿: らびQ | 2009年4月22日 (水) 21時53分

あきみず様、やっぱりセスナは普通に飛んでいたのですね。きっと部隊によるんでしょうね。
>ヘルキャット
同じ頃買ったオオタキのフォッケとエルエスの百式司偵2型は完成しなかった覚えがあります。
このころはPPCの全盛時だったので飛行機の完成品は数えるほどしか(笑)

投稿: シロイルカ | 2009年4月22日 (水) 21時56分

らびQ様、体調は良くなりましたか。
少しづつでも模型を作れるようになると精神衛生上いいですよね。

私も自衛隊はけっこうキットを買い込んであるのですが創設時の装備って持って無いんです(テキサンやT-33ぐらいか)。
イージーエイトもドラゴンの自衛隊バージョンがありましたよね。

投稿: シロイルカ | 2009年4月22日 (水) 22時07分

我町にテキサンの実機が展示されてます。
自衛隊からの払い下げ機だそうで、
日の丸が凛々しく描かれてますが、似合わないです(爆)

お体は大丈夫でしょうか?
のんびりいきましょう♪

投稿: ハヤテ | 2009年4月24日 (金) 23時22分

ハヤテ様、たしか鸚鵡の啼く富士山麓のお住まいでしたっけ、わたしも年に一度は所沢の航空公園に行くのでテキサンはよく見ます。
当時の自衛隊も私の親父のような新兵ではなくて旧軍から来た方には片腹痛かったかもしれませんね…親父の話だと初期は敬礼もアメリカ式だったのがだんだん旧軍風に変わったそうです(笑)

体はもう大丈夫です♪ありがとうございます。

投稿: シロイルカ | 2009年4月24日 (金) 23時42分

「昭和の自衛隊」というカテゴリーを拝見して、記事も読ませていただきました。

シミヤン様もご指摘の通り、ハーフトラックはM3系列ですね。
ちなみに、1978年の映画「皇帝のいない八月」にも出てくるので、かなり長い間(国産の装甲兵員輸送車が7師団に配備されるまで?)使われていたようですね。

ちなみに普通科は今でも移動はカーゴトラックと四駆だから実戦だったらコワいだろうなぁ。

投稿: XJunで〜す | 2011年7月 3日 (日) 23時11分

XJunで~す様、本当はすべて第11普通科連隊みたいにしたいんでしょうね(笑)
しかし、うちの実家の町の施設団が施設隊に格下げになったからそのうち11普通科連隊も西部方面隊に移設されるような気がする…

投稿: シロイルカ | 2011年7月 4日 (月) 19時18分

シロイルカ 様、初めまして。ネットで保安隊を検索してたどり着きました。
M20、ウイリスジ-プの写真素晴らしいです!
特にM20は、パンツア-など専門誌にも掲載されたことが無い秀逸のお写真です。
M20とM8は陸自に装備されたとP誌には記載がありますが、1から2両の装備...サンプル的なとり扱い?部隊配備されていたならば、模型会を揺るがす情報。
願わくば、マ-キングの判別する鮮明なお写真を拝見したいものです。

投稿: 陸自ファン | 2013年2月20日 (水) 16時30分

陸自ファン様、コメントありがとうございます。
鮮明な写真…こちらは実家の親父(警察予備隊から入隊したたたき上げの下士官)のアルバムの写真なのです。今となっては携帯の解像度の悪い画像が悔やまれます。
今度北海道の実家に帰ったらもう少し精密に接写します(いつになることやら)
ちなみに部隊は遠軽の駐屯地、背景の市街地は名寄であります。写真のキャプションには渡河演習とありました。

投稿: シロイルカ | 2013年2月20日 (水) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502183/44742803

この記事へのトラックバック一覧です: 模型は進んでおりませんので・・・:

« 私事ではありますが・・・ | トップページ | Bf-109D コンドル軍団(その1)-機首の修正 »