« 下駄履きキャンペーン二式水戦-(その15)&るふとばっふぇ | トップページ | 模型は進んでおりませんので・・・ »

私事ではありますが・・・

いろいろとありまして水曜日から北海道の実家に飛んでおりました。

本日帰ったばかりでばたばたしております。

と、いうわけでプラモが進む訳もなく、一週間スキップすることになります・・・

とはいってもアップ無しは寂しいのでブログネタの収集はしてまいりました(苦笑)

実家の親父と呑む時間がありましたので親父の古いアルバムなどを肴に思い出話などを聞いてまいりました。

Photo

NSF=保安隊であります(National Safety Forcesだそうです)

中の写真は警察予備隊当時の写真が多く貸与の車両には白星とNPRJ(National Police Reserve Japanかな?・・・)のマーキングが入っております。

再建時の自衛隊らしくほぼ全てが米軍装備であります。

Photo_2

北海道の地方都市の商店街を走るM-20(多分)スカウトカーであります・・・今回あわただしかったのでデジカメを持っていけなかったため、携帯での撮影で画像が荒いのをお許しください。

本当はハーフトラックの写真を探していたのですが、親父も探し出せず断念しました。

ちなみにこの写真には親父は写っておりません(笑)

写真の覚書には偵察中隊とありますね・・・偵察(渡河)演習の写真らしいです。

もう一枚のM-20の写真の遠景にハーフトラックが写っておりましたが次回(おいおいっ)

その代わりといっては何ですが米軍貸与・供与装備の写真をアップしておきます。

Photo_3

ウィリスのボンネットでポーズをとる若き日の親父他一名・・・但しこのころ親父はまだ免許を持っておりません(笑)

画像が荒いので顔はそのまま(笑)

Photo_4

三脚付きのブローニングM2を構える親父・・・プロパガンダ臭漂う写真であります(爆)

多分親父はガンナーではないと思われますが弾帯は装填されておりますね~

多分『俺にもさわらせろ!』という感じに見えます(←未確認)

いろいろとありまして次回も模型ネタ無理かもしれませんが、その場合はこのネタの続きでお目にかかります。

|

« 下駄履きキャンペーン二式水戦-(その15)&るふとばっふぇ | トップページ | 模型は進んでおりませんので・・・ »

昭和の自衛隊」カテゴリの記事

コメント

話を聞けるうちに、教えてもらうのが
いいと思います 私の親父も軍隊当時のアルバムを持っていましたが、内容については聞かなかったので、今では
何処の何かはわかりません 陸軍だったので機関銃の写真のほかは人物だけ
しか写っていません。

投稿: あきみず | 2009年4月19日 (日) 21時42分

シロイルカ様は北海道だったんですね♪

若い頃二度ばかり旅行で行き、
摩周湖、層雲峡、網走の海に五稜郭が未だに
脳裏に焼きついております。

青函連絡船も乗ったんですよ(笑)

投稿: ハヤテ | 2009年4月19日 (日) 22時29分

私はつい先日まで現在北海道御在住かと勘違いしておりましたw
ご実家では貴重なお時間を過ごされましたね♪
警察予備隊の貴重なお写真を拝見させて頂き感動であります。

現在でも現役の名重機ブローニング12.7が!
旧軍の九十二式重機を再装備する案もあったそうですが見送られたそうです。

ニューギニアから復員した父が「東北や北海道の連隊の兵は日本で1番強かった」と言っていたのを今でも覚えております。。

投稿: hagu | 2009年4月20日 (月) 20時58分

あきみず様の父上は陸軍だったのですね。
うちの親父は昭和ひと桁で戦時中は『国民学校』の生徒であります。
経済的な理由で新制高校に進学できず警察予備隊に入隊したようです。

投稿: シロイルカ | 2009年4月20日 (月) 21時24分

ハヤテ様、もしかしてバイクで回られましたか?
子供の頃バイクに荷物を満載して回っているお兄さん達を夏に見かけましたよ~
4月の北海道は昔で言うところの『馬糞風』が強くまだ寒かったです(雪もちらつきました)。
すっかり里心が付いてしまいましたが、観光するなら5月の北海道が一番(笑)

投稿: シロイルカ | 2009年4月20日 (月) 21時32分

hagu様、私もブローニングの写真は今回始めて発見しました・・・
親父は秋田で入隊したのですが新兵教育は金沢だったそうであります(まだ拠点が出来ていなかったのでしょう)。
そのまま北の護りに放り込まれ今に至るそうです。
他にも写真を撮ってきてあります、乞うご期待(でもないか 笑)

投稿: シロイルカ | 2009年4月20日 (月) 21時38分

1枚目の写真は、本土決戦で鹵獲した米軍車両に跨上して、
前線へ急行する皇軍のようでありますねぇ(^o^)

バックに流れる怪獣大戦争マーチが聞こえてくる
よーでありますっ!
(BGM流れてるんかい…?)

投稿: 怪傑店長 | 2009年4月21日 (火) 20時45分

北海道でしたか!!
高校の頃に初めてバイクで行ったのですが・・冬だったので・・死ぬ思いをしました(*^_^*)
何度行ってもいいところですね!!
うちの亡父は海軍でありましたが・・ワタソの子供の頃にはずーっと「軍歌」がかかってましたので、今でも右翼の拡宣車が通ると・・ついつい口ずさんでしまう私です(笑)

投稿: SAIUN | 2009年4月21日 (火) 21時04分

店長様、もし皇軍がもう少し頑張ってそのような事態が実際に起こっていましたら、私は今頃共産圏の人間であったかもしれません。いや、その前に私が生まれることがなかったと思われます。

私の母は樺太にいたんですよ・・・怖っ!

投稿: シロイルカ | 2009年4月21日 (火) 22時05分

うお~SAIUN様、冬にバイクですかっsweat01

私の高校の友達も冬にバイクに乗っておりましたが完全装備でも小一時間で死ぬと言ってました(笑)

SAIUN様の父上は海軍なのですね、確かに軍歌=街宣車のイメージが出来上がっておりますが歌詞を聞いているとぐっと来るものがありますねぇ。

投稿: シロイルカ | 2009年4月21日 (火) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502183/44721299

この記事へのトラックバック一覧です: 私事ではありますが・・・:

« 下駄履きキャンペーン二式水戦-(その15)&るふとばっふぇ | トップページ | 模型は進んでおりませんので・・・ »