« Bf-109D コンドル軍団(その8)-さば | トップページ | 大恐竜展-国立科学博物館&・・・ »

天龍(その5)-連載に昇格

まだ梅雨には早いのに雨続きなので塗装はお休み

前回の天龍ネタの時にらびQ様より天龍の最終時について情報(コメ)をいただきました。

によって方針を転換、モデルアート連合艦隊編成講座版ではなく自己流最終時仕様を目指します。

仕様変更はしますが、あくまでも見た目重視なので今の状態のほうが格好よいと思われる部分は変更しません(おいおい)

ついでに連載に昇格(笑)

仕様変更

1、艦橋トップの探照灯を一番煙突後方へ移設

2、三番煙突後方に機銃座を増設して連装機銃を2基増やす(これはボートダビットと艦載艇があるので発射管側にオーバーハングしたでしょう・・・推定いや妄想ですが)

3、旧探照灯台座はそのまま(探照灯の設備は撤去しても対空見張り、信号所等の用途で台座は残ったと仮定←というより都合の良い解釈)

4、羅針艦橋に防弾鋼板(陽炎型風←妄想)

いただいた情報は信頼できますが、私の妄想が入っておりますので、最終的な信頼性は皆無です(爆)

上空観測孔に関してはトップライト的なものを想像してしまうのですが、対空見張り用としては視野が限られるような気がしますね・・・むむむ、これは聞かなかったことに(おいおい)・・・それともロフト的なものを作って見張り員が立てるようにしたかな

妄想の種は尽きません・・・

これを突き詰めると露天艦橋に防弾板を巡らせた感じになってしまいます。

寒そうですね

とにかく方針が決定しましたので艤装員といたしましても鋭意作成再開したいと思います。

訂正・・・どん亀ペースでした(大汗;)

手始めに探照灯台座と機銃座を追加しておりま~す。

Tenryu3

探照灯の操作員は煙と熱に悩まされそうです(汗;)

三脚檣の部分は0.5mm真鍮線で作り直し、いちばん下のヤードは0.2mmの金属線です。

Tenryu2

ほんと、いいかげんで『ごめんね、ごめんね~』

Tenryu

|

« Bf-109D コンドル軍団(その8)-さば | トップページ | 大恐竜展-国立科学博物館&・・・ »

模型製作記 天龍」カテゴリの記事

コメント

おはようさんです!
さっき垂直殿の所で米読み尽くしてきましたわww

今年も盛り上がりそうで楽しみです♪
まさかこれを完成して持参するって魂胆ですか(笑)・・ワシは酒を持っていきます・・・いかん、正規軍に専制攻撃されるかも・(爆!)

投稿: SAIUN | 2009年5月30日 (土) 06時59分

いいですね~。文章からすごく楽しそうに
作ってらっしゃるのが、伝わってきます。

合宿、参加されるのですね。行きたいなぁ。

投稿: pierre k | 2009年5月30日 (土) 07時24分

SAIUN様、これを持ち込んだら正規軍の猛爆を食ってボカチン必至です(爆)
あ、冗談ですっ。

それともIF架空艦にしましょうかね、軽巡『荒』もしくは『高麗』(埼玉ローカル;)

投稿: シロイルカ | 2009年5月30日 (土) 07時31分

pierre K様、ぜひお会いしたいですねぇ、ちょっと遠すぎですか・・・majirisanもいらっしゃるようですし・・・私も初なので緊張とワクワクでちょっとテンパリそうです。

単機での行動半径を超えてしまってますかねぇ。

投稿: シロイルカ | 2009年5月30日 (土) 07時42分

途中からの仕様変更お疲れ様です
荒は1文字なので駆逐艦の名前みたいですねw
高麗は日本ぽくないし~
埼玉には柳瀬なんてのもありますよね♪

投稿: ほりでぃ | 2009年5月30日 (土) 23時45分

>ごめんね、ごめんね~

エイイコウジ中 つー事ですね♪

真鍮線が入ると艦が引き締まって見えますね、
楽しみながらの製作はいいもんであります。
合宿楽しみであります♪

投稿: ハヤテ | 2009年5月30日 (土) 23時57分

ほりでぃ様、埼玉には山も少ないので甲巡の名前も…さらに島も半島もないので(悲)
おお、でも武蔵があった…

たしかに荒は嵐とかぶりますねぇ~

投稿: シロイルカ | 2009年5月31日 (日) 06時55分

ハヤテ様、わたしも船はこのあたりの全体形が見えかかっている状態が好きです。

ここであれこれ考え出すので進行が遅くなります(笑)
しかしさすがに天龍型は兵装も偽装品も限られてますのでもう変わりませんね(笑)
>エイイコウジ中
追伸:今、気付きました、うまいっ!座布団を・・・

投稿: シロイルカ | 2009年5月31日 (日) 07時03分

シロイルカさん、こんにちは^^
「天龍」連載に昇格おめでとうございます^^
妄想と検証の楽しさが伝わってきます
これもひとつの模型の楽しみですね^^/

投稿: らびQ | 2009年5月31日 (日) 14時48分

らびQ様、情報ありがとうございました。
連載に昇格しても完成にはまだ時間がかかりそうです。
わたしが解釈を間違えた部分もあると思いますが
気がついても笑って見逃してください。

天龍型は絶対にリニューアルされないとたかをくくって好きにやっております。

投稿: シロイルカ | 2009年5月31日 (日) 16時10分

もしかするとこちらも触手かも^^
少しまとめてUPしておきました。

投稿: らびQ | 2009年6月14日 (日) 20時53分

らびQ様、記事の方にも書きましたが、これでクリアーになりました。
ありがとうございます。

投稿: シロイルカ | 2009年6月15日 (月) 05時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天龍(その5)-連載に昇格:

« Bf-109D コンドル軍団(その8)-さば | トップページ | 大恐竜展-国立科学博物館&・・・ »