« 赫々たる戦果・・・ | トップページ | Bf-109D コンドル軍団(その6)-リベット始めました »

Bf-109D コンドル軍団(その5)-士の字♪

今週は土曜出勤だったのだ(が~ん!!)

いや、その土日も関係なく忙しい方には申し訳ない話ですが、忘れていたのでちょっとショック・・・

というわけで昨日も普通に仕事をして帰ってまいりました。

さてと照準器です。D型はRevi3aまたは3bらしいのですが外見の細かい差異まではよくわからず、どちらにしても外見は帝国海軍の98式射爆照準器とさほど変わらない代物だと思われます(1/48の話ですけど)。

(98式自体は2bのコピーらしいですね)

Revi

余談ですがReviの綴りで私のように『わが青春のアルカディア』を思い出す方は年が知れます(笑)

お次は座席の後ろにある小物入れの蓋(?)、D型には存在しないのかモールドが無視されているのかわからなかったのですが、いろいろ見てみるとどうやらE型と同じようです。

Revi2

タミヤのE型から採寸して切り出したものを貼り付けておきました。ヒンジのモールドは伸ばしランナーです。

あと風防前と主翼下面にインテイクを付けると、あとはもう付ける部品はありません(マスバランスぐらい)

これで士の字になりました・・・

109

1091

何かあっさりしてますねフジミのG-10の時はえらい苦労したような記憶があるんですけど・・・

外見もあっさりしょうゆ風味(笑)

お次は苦手な塗装です。

塗装と言えばキャノピの段差がきれいにならず往生していたP-63。

こちらもやっと下地直しが終了・・・

こちらも仕上げに進みたいところですが前脚の支柱がペラペラのエッチングなんです。

いくらなんでもこれはないっす(爆笑)採寸用の図面代りに使うしかありません。

オレオのリンクもペラペラのエッチングなんですがこちらは我慢してそのまま使います。

P63

真鍮パイプと真鍮線で支柱とアクチュエイター的なものをでっちあげようと思います。

塗装は多分来週の週末!なので、こちらは平日にちまちま行きたいと思います

|

« 赫々たる戦果・・・ | トップページ | Bf-109D コンドル軍団(その6)-リベット始めました »

模型製作記 Bf-109D」カテゴリの記事

コメント

照準機にアクチュエーター、拘りの逸品になってますね♪
素晴らしいです(羨望)

脚カバーがペラペラのエッチングというのは、
何時もその薄さに近づけようと苦労している身としましては、
とても羨ましいと思うのですが(笑)

投稿: ハヤテ | 2009年5月17日 (日) 21時56分

ご無沙汰しております(汗)

士の字に到達されましたね、いよいよ本格工作と塗装…、

楽しみであります(笑)
いつも感心しきりなのがスマートなセンスでDUP…、羨ましい限りですね(笑)


…まだリベット追加間に合いそうですが(爆)


投稿: ラッキーユダヤ | 2009年5月18日 (月) 00時53分

109D型は脚カバーが付いていないせいか長く見える気がします。

『わが青春のアルカディア』・・「スタンレーの魔女」とともに初期の名作ですね。
「パイロットハンター」も捨てがたい・・・(笑)

投稿: シミソ | 2009年5月18日 (月) 01時00分

ハヤテ様、このキットはレジンパーツの繊細さが素晴らしいのですが、バキュームとエッチングには泣かされています。

文句ばっかり言ってますが無視せずにパーツ化した努力を買うべきでしょうね…

投稿: シロイルカ | 2009年5月18日 (月) 05時21分

ラッキーユダヤ様、お久しぶりです♪
あっさり士の字になり、あまりにも淡白な出来にちまちま手を入れております。
リベット…
確かにこの淡白さを補うには最適…
図面が…
追伸:烈風楽しみにしています♪

投稿: シロイルカ | 2009年5月18日 (月) 05時30分

シミソ様、言われてみると確かに地上姿勢が腰高で不安定に見えますね。
お手本のタミヤE4/7TROPと比べてみます。
そういえば轍間距離も長い様な気がしてきました(笑)
『スタンレーの魔女』いいですねぇ。
>パイロットハンター 
松本零士祭りのビネットはしびれました♪

投稿: シロイルカ | 2009年5月18日 (月) 05時40分

コンドル軍団のマーキングも
ドイツ機にない新鮮味があり
109の中でも存在感がでるの
ではないでしょうか。機首の
ラジエターが当時の設計では
合理的だったのでしょうね

投稿: あきみず | 2009年5月18日 (月) 11時54分

あきみず様、新鮮味という点では確かに楽しめて良いですね。
下手に資料がないので塗装の面白さで勝負…

塗装には自信無いんですけどね(笑)

投稿: シロイルカ | 2009年5月18日 (月) 20時20分

ぼちぼち今年の親父たちの模型合宿の話が出てきました。
宜しければご参加ください。
こちらでワイワイ協議?中です(笑)
ttp://happy.ap.teacup.com/wakenowakaran/49.html#comment

投稿: シミソ | 2009年5月19日 (火) 02時14分

シミソ様、ありがとうございますm(_ _)m
⊥閣下のお部屋ですね…緊張します。
(一度コメ入れようとしたんですが例の田母神発言のときであまりの熱さに気おくれしてできませんでした 汗)

投稿: シロイルカ | 2009年5月19日 (火) 09時29分

照準器素晴らしい造作であります♪
操縦席側から照準器を通して見る風景を光像・・いえ、想像してしてしまいました。
私はまだ若いのでよく分かりませんが、なぜか
お台場と聞くと台場技師を連想してしまいます(爆;)


最近歳のせいかあちこちで記名を忘れてしまい・・(陳謝;)
もしや筆跡に癖でもあるのではと筆跡鑑定をしております(爆;)

投稿: hagu | 2009年5月19日 (火) 20時57分

hagu様、ヤホーはログインが必要なので自動的に記名されるせいでしょう、ココログはそのあたりルーズに出来ておりますね(笑)

私もまだ若いのできんどーさんとかトシちゃんとか何のことだかわかりません(大嘘)

>筆跡 ふふふ、hagu様の芸風は隠してもお見通しであります(爆)

投稿: シロイルカ | 2009年5月19日 (火) 23時34分

うふふふ。
照準器フェチがきましたよー!。w

このスケールでこの造作。すごいねぇ!!。
キマッタね!。 おみごと。
しかも塗装の準備バンタンで、作業も速ッ。

すごいなぁー。

投稿: apuro | 2009年5月20日 (水) 19時44分

apuro様、SHSお疲れ様です。
照準器はピントが甘いのでなんとなく複雑な造形に見えますが、二式水戦の照準器がクリアと通常プラの2種入ってたので余りに手を入れただけです。
タミヤのほうがずっと古いのにデティールは段違いです、何で?

投稿: シロイルカ | 2009年5月20日 (水) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Bf-109D コンドル軍団(その5)-士の字♪:

« 赫々たる戦果・・・ | トップページ | Bf-109D コンドル軍団(その6)-リベット始めました »