« 双軽(その5)-急速艤装中 | トップページ | 双軽(その7)-時間切れ »

双軽(その6)-金魚

やっと士の字になりました♪

99

双軽は金魚の愛称で呼ばれたらしいですが(出典不詳)、確かにくびれた胴体が琉金みたいです^^

私には『子持ちシシャモ』にもみえますが(笑)-She looks like a pregnant smelt :)

992

風防パーツ以外にも窓がありますので瞬着で固めてから磨き倒して機体表面と面一にしました。

表面処理が終わったところで下塗りを始めます。

識別用の黄色と日の丸と尾翼の白線だけ塗ってマスキングして行く予定です。

本当に間に合うのだろうか??

993

明灰緑色まで塗ったほうがいいんだろうな・・・

何せ正味4時間ですもんね。

普通なら仮組みも終わりませんから~(笑)

でも今回解ったのは意識すれば早組みも可能ということですね。

いつものペースだと行きつ戻りつ製作してしまいます。

普段は脳内シミュレーション不足でしょうか(笑)

まあ、それだと趣味じゃなくて仕事になってしまうか(爆)

趣味ぐらい段取り無視が楽しいですね(それは言い訳だろ ^^)

|

« 双軽(その5)-急速艤装中 | トップページ | 双軽(その7)-時間切れ »

模型製作記 九九双軽」カテゴリの記事

コメント

子持ちシシャモも言いえて・・・(納得)

4時間というリミットがなかなか難しいですよね、
仕込みすぎくらいが、もしかしたら丁度いいのかもしれません。
・・・・って、私は手が遅いからよけい感じるのかもしれません(笑)

投稿: ハヤテ | 2009年7月 2日 (木) 00時35分

おお!今日は辿り着けました♪
昨日はなぜかアクセスできず、うちのパソコンがまたインフルエンザに罹ったのかと思いましたw

正味4時間>この凝縮された超濃厚なひと時、思い出に残るかけがえのない時間となりそうですね♪

あえて際どい仕込みで挑み、時間ギリギリのスリルを楽しむ手もっ(爆;)

投稿: hagu | 2009年7月 2日 (木) 01時39分

ハヤテ様、わたしはシルエットチェックが好きなので士の字になると四方八方から眺めまわして、時間を無駄にしております(爆)

この機体平面形が伸びやかで見飽きません^^
気が付くと数十分経過(汗;)

クリアパーツを付けた後もまたシルエットチェック…するはずです(笑)

投稿: シロイルカ | 2009年7月 2日 (木) 09時44分

hagu様、nifty側の障害です(陳謝)…ログイン方法の変更時にバグが発生したようです、復旧までに半日以上かかりました…hagu様のPCのせいではありません。

ヤホーに変えようかと本気で思いました(怒)

>四時間、いや、本当に今から泣きながらトリガーを引く自分の姿が見えるんですよ(笑)
おそらく当日はデジャブ…(泣笑;)

投稿: シロイルカ | 2009年7月 2日 (木) 09時51分

プロバイダの事故で、、。大変でしたね。
キューキューは「金魚」ってのがナニだけど、
ほんとメダカかメザシだねぇw。
でも、これで急降下攻撃するんだからすごいよね

4時間っていうと、、塗装のカンソー含めれば
ゼンゼン足りないじゃん!。

投稿: apuro | 2009年7月 2日 (木) 20時13分

胴体のガラスを面一にしてもう一度磨くなんてやったことありません
側面形が琉金に似ているからでしょう
個性的でいいですよ 十分に合宿
楽しんできて下さい。

投稿: あきみず | 2009年7月 2日 (木) 20時36分

カウリング開口部から見えるエンジンが、実に
イイ雰囲気ですねぇ。窓の面一仕上げ、私もや
りたいと思いつつ、まだやったこと有りません。

ホント、仕事じゃないので段取りなど考えずに
気楽にやりたいです。(仕事の段取りも悪い私)
しかし、四時間はやはり短いですね。

投稿: pierre k | 2009年7月 2日 (木) 21時29分

キャノピーマスキングはやっておかないと泣きますよ~(笑)

ウチのレスにも書きましたがエアブラシ塗料濃度調整をしますので
現地で実際やってみてください。

昨年は何人か調整したエアブラシで試し吹きされましたが
皆さん感覚はつかまれたと思います。

投稿: シミヤン | 2009年7月 2日 (木) 22時04分

apuro様、爆弾倉と機銃座の処理、模型的には面白いですがゴンドラでも良かったのでは…
と思いますね。

目刺し…が当時の兵隊さんにはしっくりきたかもですね。

投稿: シロイルカ | 2009年7月 2日 (木) 22時37分

あきみず様、ありがとうございます。

胴体窓はちょっと飛び出し気味に接着してサンペで削り倒して、番手を上げていき
最後はコンパウンドで磨きます。

完成後の見栄えが良いので頑張りました(笑)

投稿: シロイルカ | 2009年7月 2日 (木) 22時42分

pierre K様、この方法は表面仕上げの繊細なキットには向かないかもしれません。

ちょっと古めのキットでちょっとツライ出来のクリアパーツのときにやってみてください。

>仕事の段取り
効率一辺倒が今の日本の仕事の現実ですね…
こんな空間だけでもまったりさせましょう^^

投稿: シロイルカ | 2009年7月 2日 (木) 22時50分

ふふふ、シミヤン様、クリアパーツマスキングは実は最初に済ませました♪

>濃度&空気圧調整
そこがキモなんですね、是非お願いします(願)
私のブラシは普通の0.3mm径ですが塗料がアクリルなのがどうでしょう…ちょっと不安です;
コンプはワークのやつです。

投稿: シロイルカ | 2009年7月 2日 (木) 22時56分

ありゃ~、アクリルでしたか。
タミャーのですか?
あまりつかったことないんですが
あれだと微妙にノズルがつまりやすいイメージがあるんです。
(イメージだけかもしれませんが。)

コンプは何でもいいです。
ノズルは0.2が理想ですが0.3でも何とかなります。
ただアクリルはあまり経験がないのでちょっと自信喪失(笑)

投稿: シミヤン | 2009年7月 3日 (金) 01時35分

シミヤン様、タミャーアクリルは確かにノズルが詰まり易いかもしれません。

現地ではクレオスのでやってるのを見せていただければ十分であります。
実際に目で見られるのが何よりですから♪

AIRモデラーでアクリル派は少ないのでしょうね(ションボリ;)


投稿: シロイルカ | 2009年7月 3日 (金) 10時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 双軽(その6)-金魚:

« 双軽(その5)-急速艤装中 | トップページ | 双軽(その7)-時間切れ »