« Fw190A-4(その8)-フォッケの包み塗り(笑) | トップページ | Fw190A-4(その10)-完成/1943初夏 »

Fw190A-4(その9)-自立しました♪

昨日と大して変わってないのに連日のアップです。

脚関係と小物を取りつけました。

機銃およびピトー管はすべて真鍮パイプへリセットです。

1901

主脚もぶっといし、いかにも強そうですね~男らしいわ~♪

今回はシミヤン様のメッサーに影響されてつや消しクリアー(グンゼの水性ホビーカラーびん入り)を吹きました。

つや消しのフォッケはいかにも『軍馬』な感じです。

1902

あとはキャノピー内の仕上げとアンテナ線の取り回しです。

ここは苦手な作業なので次回ということで(笑)

ところでこのアンテナ線キャノピー開の時もたるまないのが本当ですか?

(また誰に聞いてるやら・・・苦笑)

たるんだ状態の作例も時々見ますが故障なんでしょうか(爆)

19021

足を踏ん張った状態のフォッケ・・・地上姿勢で格好いい飛行機のベスト3には必ずランクインしますね♪

さて・・・と

コルセアキャンペーンのほうもゆっくりですが始動します。

ハセ5NのR-2800エンジンはプッシュロッドではなくプッシュプレートなので○puro様や○ヤテ様のお叱りを受けないように真鍮線にリセットします。

レジンのR-2800も買ったんですけどタミヤの1/1-D型用なので修正点が分からずパス(笑)

プラグコードを36本這わせるのか~ゲロゲロ~

R2800

クランクケース部分の造形は素晴らしいのでこのままです。

そうそう2列目がかなり省略されてるんですけど見えませんので・・・省略

見えませんってば(笑)

追記:ひえ~、フォッケのピトー管は右翼側でした(汗;)

現在鋭意付け直しております。

あ~びっくりした^^

|

« Fw190A-4(その8)-フォッケの包み塗り(笑) | トップページ | Fw190A-4(その10)-完成/1943初夏 »

模型製作記 Fw190A-4」カテゴリの記事

コメント

2列目のシリンダーが省略されているのは
イカンですなぁ~、
ここはレジん製でいきましょう(爆)

プラグコードの追加ってイライラする作業なんですが、
完成時の満足度は至福ですよね♪
・・・・って、あれっ? ・・・コルセア(汗)
じゃあどーでもええや(笑)

フォッケの三点着座姿勢は確かにかっちょいいですね、
以前実機のタキシング映像を見た事があるんですが、
生唾ものでありました(笑)

投稿: ハヤテ | 2009年8月15日 (土) 17時23分

ハヤテ様、まあ、そう言わずにお付き合いを(笑)

私の手持ちキットの1/3は☆や◎ですからね~
これは取り合えず朝鮮戦争のエース機です。

>タキシング映像
生きているフォッケ見てみたいですね~♪
仕上げは汚したほうがいいのかな~(迷)

投稿: シロイルカ | 2009年8月15日 (土) 18時20分

コルセアはまったくわかりません。
だから私は素組み(笑)

フォッケのアンテナ線は胴体内で滑車?に巻き取られるので
キャノピー開でもたるみません。
たるんで作るのは間違いです。
実戦場でたるんでいたら整備するとき邪魔でしょうがない(笑)

順番がばらばらですが
ツヤ消しにすると気持ち重さが出ません?
あとスミイレや汚しの色がのりやすいので
やりすぎに注意です。

投稿: シミヤン | 2009年8月15日 (土) 19時23分

シミヤン様、いつも質問にお答えくださり有難うございます、ついつい甘えてしまいます(感謝)

>滑車に巻き取られる
やはりそうですか、メカニズムは見えないところなので弛まないのが解ればオーライであります。

>つや消し
独機にはやはり似合いますね、汚しすぎに注意と・・・(メモメモ)

投稿: シロイルカ | 2009年8月15日 (土) 19時43分

貧弱な足回りのメッサーシュミットに較べると、がっちりとふんばったフォッケウルフは逞しくていいですよね。しかも、洗練された操縦席、これがまた魅力です。

コルセアのエンジンDアップお疲れ様です。私も、もうじき参戦します。

投稿: pierre k | 2009年8月15日 (土) 23時05分

Pierre K様、メッサーの足回りだと東部戦線の春はきつそうですね。

泥濘対策で脚カバーの下側を外している写真も多いのですがこれも魅力的です。
96艦戦や97戦も脚カバー外しているとなんだか格好いいですよね♪

あれ?私だけ(爆)

投稿: シロイルカ | 2009年8月15日 (土) 23時35分

フォッケの魅力があふれています
カッコイイの一言で表せません
東部戦線は迷彩パターンが
色々あるので迷いますが
迷彩のお役に立てて嬉しいです
ハセガワのエンジンも良くできて
います コードが付くだけで
実感できます

投稿: あきみず | 2009年8月15日 (土) 23時36分

かっちょエエフォッケですね、この塗装は大昔やった覚えがありますが、エアブラシを買ってからはインクスポットばかりになりました(笑)
アンテナの滑車は確か見えないんですが、キャノピーに小さい穴を開けて、折り返して後ろに引っ張ると、グッとカッコよくなりますが、これも昔チャレンジして、もう2度とやるまいと思いました(爆)

投稿: ⊥TT | 2009年8月16日 (日) 00時02分

私もアンテナ線が張っているのか、弛んでいるのか疑問でした。
多分張ってるんだろうなとは思いながら、確認をしてこなかった(汗)
雑誌の作例で弛んでたのもありましたしね(悩)

コルセアのパイピング、ご苦労様です。私は28本までしかやったことがないので、30本オーバーは凄い。

投稿: 夜戦部隊二等兵・まじり | 2009年8月16日 (日) 04時33分

あきみず様、JG54はノヴォトニーやトラウトロフトなどの乗機も作りたいですね。

今回はアップしていただいた画像が非常に参考になりました♪
有難うございます。

投稿: シロイルカ | 2009年8月16日 (日) 07時44分

⊥閣下、有難うございます。
確かにキット指定のマーキングはモットリング付きが多いのでこのマーキングはほとんど見ません。
東部戦線の潜在的なファンは多いでしょうね。

アンテナ線はキャノピー内の折り返しも再現しようとがんばっております。
二度とやりたくない気持ちよく解ります(爆)

投稿: シロイルカ | 2009年8月16日 (日) 07時49分

まじり様、私も自分でやる段になるまであまり気にしてませんでした。

雑誌やWEBを見てるうちにあれれ、となりました。
今回シミヤン様に教えてもらったのですっきり。
独機はさすがに芸細でありますね~

>36本
誉で出来まっせ~(爆)

投稿: シロイルカ | 2009年8月16日 (日) 07時55分

コルセアは米軍機の中で作った事のある数少ないヒコーキですなぁ・・・

今回は皆様の作例を眺めています(笑)

プラグコードは赤くしましょうよぉ~ヒットマン系モデルになるかもですよ(^・^;)

投稿: SAIUN | 2009年8月16日 (日) 11時24分

SAIUN様、も~皆さん謙虚なんだから(笑)
☆マークNGコンテンツなのでしたか、

枢軸機も大好きですがいわゆる『鬼畜機』も好きな私です。
まあ、飛行機なら何でもいいんですけど~

投稿: シロイルカ | 2009年8月16日 (日) 18時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Fw190A-4(その9)-自立しました♪:

« Fw190A-4(その8)-フォッケの包み塗り(笑) | トップページ | Fw190A-4(その10)-完成/1943初夏 »