« F4U-5N(その14)-完成の前に | トップページ | 気分転換に~♪ »

F4U-5N(その15)-完成なのだ

コルセアキャンペーンF4U-5N完成です。

アメリカ海軍 第3混成飛行隊 D分遣隊

Guy P. Bordelon大尉 1953年7月 朝鮮半島

F4U-5N Corsair "Annie Mo" flown by Guy Bordelon

※作者注-製作記本文中に触れておりますが、この作例には5N型としては間違ったデティールが存在しますのでご注意ください(じゃあアップするなという突っ込みはなしね・・・汗

Attention!
Never do F4U5-N for the reference of construction where a wrong detail will exist in this page.

インストによりますと彼は朝鮮戦争ただ一人の海軍エースなんだそうです。F4u4

このキット小池氏の箱絵がそそります、今回はどこまで箱絵の雰囲気に近づけるかがテーマでした。

F4u0_2

翼折りたたみ部と足回り、結構手を入れました(主脚柱はタミヤの方がいい出来ですね)艦載機らしい頑丈さが表現できたでしょうか・・・
そういえば機体下面にもホイップアンテナやT字型のアンテナがあるはずなんですが、資料が見つからずパスしました。F4u3

戦後型コルセア特有のおたふく顔と延長されたノーズが新鮮ですね。

レター類は分かりにくいですが白ではなくライトブルーです。

多少なりともロービジを意識しているんでしょうか?

F4u1_2

裏返し~、各種パイロンはクリーン状態、個人的な好みであります。

F4u2_2

コクピの中はさまざまな形式が混然一体となってしまいました・・・ザ・デッチアップです。

今回は祭り参加ということで楽しく制作できました、管理人のあきみず様、ありがとうございますm(_ _)m

|

« F4U-5N(その14)-完成の前に | トップページ | 気分転換に~♪ »

コルセアきゃんぺーんF4U-5N製作記」カテゴリの記事

コメント

完成おめでとうございます!しかしよくぞここまで・・
この容姿の完成品は初めて拝見いたしました♪
普段目にする機会の少ない下面の景色も絶景であります。
とても選べるものではありませんが、中でも4枚目の画像はまさに「艶ジェル♪」

拝見しながら只今よりビール3本目に突入いたします(涎w)


投稿: hagu | 2009年9月24日 (木) 20時03分

完成おめでとうございます
全面シーブルーにつつまれて
カッコイイです 朝鮮戦争を
戦い抜いたのは、それだけの
能力を持っていたからでしょう
同じ機体をそれぞれ励ましながら
作るのが凄く新鮮で楽しい
と感じました お疲れ様でした
明日アップさせてもらいます。

投稿: あきみず | 2009年9月24日 (木) 22時59分

シーブルーに大柄白字が映えてます。

エルロン、パイロンに動きがある所が
とても良いアイキャッチになっているように
思います。

普段、米英露軍機は認めないのですが、(笑)

完成おめでとうございます。

投稿: ハヤテ | 2009年9月24日 (木) 23時20分

うーむ(汗)
んんんんんん・・・(大汗)
鬼畜米英機ですねとも言えないし、失速カモメとも言えないし、かっこ悪い飛行機ですね、とも言えない(笑)
ま、翼端にレーダーを装備した戦後型ですから、良しとしましょう(イミフ)
完成お疲れ様でした(笑)

投稿: ⊥TT | 2009年9月24日 (木) 23時34分

hagu様、ありがとうございます。
酒のつまみにしていただき光栄であります。

艶ジェル仕様は受け狙いだったんですが模型的なアイキャッチに満ちております。
>3本目
12本に比べれば序の口ですな~(ご自愛を 笑)

投稿: シロイルカ | 2009年9月25日 (金) 05時43分

あきみず様、ありがとうございます。
皆さんと同時進行でなければここまでできなかったでしょうね。本当に祭りの効用です。

多分レシプロ単座戦闘機としては一番長寿な機体ですね、2機目の方も一杯いますが私は力尽きました(笑)
管理人大変でしょうがよろしくお願いいたします。

投稿: シロイルカ | 2009年9月25日 (金) 05時49分

ハヤテ様、ありがとうございます。
大型レター、ピカピカグロス塗装は戦後アメリカの世界の警察官たる自負を感じますね。

この頃はジェットの補完的な役割(夜戦、戦爆)なのが憎らしくないでしょ(でもないか・・・笑)

投稿: シロイルカ | 2009年9月25日 (金) 05時55分

⊥閣下、光栄です(笑)
この機体の撃墜マークはレッドスターになっておりますので大丈夫であります(何が)

朝鮮半島用に着氷防止の寒冷地仕様も作られたようです。
彼の地の極寒がしのばれます。

投稿: シロイルカ | 2009年9月25日 (金) 06時02分

完成おめでとうございます。

やや艶あり加減の塗装が綺麗ですね、

主翼折り畳み部の仕上がりもバッチリで、上手い人は何作っても上手いニャー(笑)

まずはお疲れ様でした。

投稿: ラッキーユダヤ | 2009年9月25日 (金) 16時14分

ラッキー様、今回はリンレイワックスのお世話になったんです。
乾くとちょっと触ったぐらいでは指紋も付かずアクリルクリアーよりずっとよいです。

次回は皇軍機でありますニヤー♪

投稿: シロイルカ | 2009年9月25日 (金) 22時57分

おぉっ
出来てますね~
お疲れ様です

細部までカチっと作り、手を加え・・・凄いですよね
自分のが恥ずかしいです。


その時代のはピカピカなんだ・・・次はそうしよ~っとっ!

投稿: Tucker | 2009年9月26日 (土) 10時12分

Tucker様、私も出戻ってからそろそろ飛行機で言うとやっと40機ぐらい作りました。

20機ぐらい作ると大体手順が頭に入ってきますねぇ。Tucker様のように毎回色々チャレンジすると
もっと速いでしょうね。 

投稿: シロイルカ | 2009年9月26日 (土) 17時03分

うーん。 素敵に仕上がりマシタネ!。
コルセア七変化。
にぎやかなマーキングも相まって
チョーセンテイストが醸し出されてマス。
完成をお祝いイタシマス!!。

投稿: apuro | 2009年9月26日 (土) 18時09分

apuro様、変態宙返りじゃなかった編隊宙返りもいいもんですね。またいつかお願いしますw

朝鮮戦争はちょっと憂鬱な戦争という気がします。MASHのせいでしょうか?
赤軍を押し戻せたのは結局航空優勢を取り戻したからなんでしょうね。

投稿: シロイルカ | 2009年9月26日 (土) 21時06分

おくればせながら完成おめでとうございます。
WW2大戦機にに比べると派手派手なマーキングが良いですねぇ。
仕上がりも翼折り畳みが生きてきていますし
脚庫内の塗装もジンクロメイトがアイキャッチになり正解だと思いますよ。

レパートリーになかったんですがレシプロのWW2戦後機も悪くないですね~。

投稿: シミヤン | 2009年9月27日 (日) 00時37分

シミヤン様、ありがとうございます。ちゃんと記事読んでくださってると模型的なウソと解ってもらえますが、画像だけ見ると『間違っとる』となりそうなのがつらい(笑)

そういえばサッカー戦争ぐぐるとホンジュラス、エルサルバドル空軍ともにキットがありますね。
あとアルゼンチン空軍も出てますねぇ
今の気分だと見かけたら買いでしょうね(笑)

投稿: シロイルカ | 2009年9月27日 (日) 06時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502183/46297121

この記事へのトラックバック一覧です: F4U-5N(その15)-完成なのだ:

« F4U-5N(その14)-完成の前に | トップページ | 気分転換に~♪ »