« 寿っ! | トップページ | だらだら~ »

仮士の字

仮組み中

ファインのキットは古いと合わせが良くないと聞いたもんで仮組みします。

といいながら胴体と、主翼の合わせはかなり良いです。

シンプルなキットなので主要パーツを切り出すとほとんど部品が残りませんね~

96

無事仮組み完了、特徴を良く捕らえているので96艦戦にしか見えません、ナイフの刃のような主翼もなかなかです♪

961_2

サイドビュー・・・カウルフラップが無いので4号艦戦よりクラシックに見えますね(思い込みか)

まあ、小さいこと・・・初めて零戦に乗り換える時にパイロットが不安を感じたのも頷けますねぇ。

マーキングは岩本徹三機のデカールが付いているので岩本機の予定です。

962

カウリングの裏側・・・カウルフラップなしなので排気管、吸気管ともにバッチリ見えます。

取り外し可にしたいところですがテーパーの関係で上下分割にしないと無理ですね~

ぼちぼち頑張りますわ・・・

|

« 寿っ! | トップページ | だらだら~ »

模型製作記 九六艦戦」カテゴリの記事

コメント

合いはなかなかよさそうですね。
ファインのキットは購入する事が博打みたいな
イメージがあったのですが、最近では気にならなくなりました(笑)

投稿: ハヤテ | 2009年10月 4日 (日) 22時12分

きれいなフォルムをしてます
日本の戦闘機らしい曲線が好きです。
堀越技師の技量と頭脳を遺憾なく
発揮された傑作ですね 

投稿: あきみず | 2009年10月 4日 (日) 22時18分

ハヤテ様、私がファインを最初に買ったのは空冷の彗星でした。
見るだけで満足して結局作ってません。
その後も結構買い込んだんですが今回が初ファインです。

今のところ好印象(笑)

投稿: シロイルカ | 2009年10月 4日 (日) 22時55分

あきみず様、九六艦戦は研ぎ澄まされた日本刀のイメージでしょうか。

米軍パイロットが試験飛行して『暴れ馬』といったとか、
この当時のパイロット達が太平洋戦争緒戦の海軍戦闘機隊を支えていたんですねぇ。

いろいろな意味で意義深い機体ですね。

投稿: シロイルカ | 2009年10月 4日 (日) 23時01分

この見え加減がたまりません(涎;)
岩本徹三氏も操縦席からこのカウル周りの景色を眺めておられたのでありましょう(感慨;)

他の機体では見られない華がありますね♪

投稿: hagu | 2009年10月 4日 (日) 23時09分

hagu様、この機体は中島機のような華奢な感じが無くてタイトで鋭敏な感じです。

設計者堀越氏の個性はこちらの機体の方により発揮されているんでしょうか。
確かに華ですね♪

投稿: シロイルカ | 2009年10月 5日 (月) 00時17分

こ、更新速ェー!!。
この機体、尾翼付近の胴体形状が私的にヤバイの
ビミョーなラインと細さにイライラ。
美しすぎるってのは罪なのか?。

投稿: apuro | 2009年10月 5日 (月) 19時31分

仮組み綺麗に決まってますね
最近飛行機から遠のいてる私です

投稿: ほりでぃ | 2009年10月 5日 (月) 21時47分

apuro様、ふっふふ、apuro様の大戦間機好きはお見通しでありまつ。

特に大口開いてエンジンがよく見えるやつ~
ですよね~
>イライラ
もしかしてスクラッチしました?

投稿: シロイルカ | 2009年10月 5日 (月) 23時49分

ほりでぃ様、ドラゴンフライは近作ではなかったですか?
私は仮組みマニアでありまして特に必要が無くても仮組みを繰り返してパーツをなくします(笑)
特に艦船はよくパーツを飛ばして異次元に(苦笑)

PS:加賀を念力でツモって下さい。

投稿: シロイルカ | 2009年10月 6日 (火) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仮士の字:

« 寿っ! | トップページ | だらだら~ »