« JMC作品展(その2)-プチオフ会&親指理論の巻 | トップページ | He219ウーフー(その1)-仮組み »

馬鹿烏(その7)-完成!

Aichi Type 98 flying boat 'Laura'

頓挫していました夜偵ですが、やっとこさ完成です♪

感想としては出来上がったらそこそこ格好いいんで許せますが、

値段とクオリティのバランスがとれてませんねぇ~

あと、羽布貼り表現の梨地がシャープさを殺いでおります。

さらに言えば各翼の後縁が分厚いので削りまくりました。

フジミには1/72の零式水偵をキット化して欲しいので文句はこのくらいにしておきます(笑)

982

え~と、以前にも書きましたが軽巡那珂搭載機であります。

大戦に入ると94水偵に積み替えられておりますのでこのような姿で積まれていた期間は短かったでしょうね。

982gs

グレイスケールにしてみました・・・

うん、やっぱりモノクロ画像のほうが似合うようです。

98gs

遠景に僚艦を望むの図・・・

981gs

奥に1/700を置いただけですけどね(笑)

お手軽特撮風画像です♪

結論。

う~む、やっぱり私には1/72は小さすぎのようです・・・

|

« JMC作品展(その2)-プチオフ会&親指理論の巻 | トップページ | He219ウーフー(その1)-仮組み »

模型製作記 九八水偵」カテゴリの記事

コメント

大陸沿岸での作戦中・・
「お!那珂が出すぞ」
僚艦加古でも手空き総動員で見送り。
「今日は2回」
「いや、3回・・」
乗員は射出後に上空を旋回する数を当てようと
競ってホマレを賭けます。
主計長「今日は1回!」那珂那珂当たりませんw

そんな作戦風景を妄想してしまいました。
傑作!であります♪

投稿: hagu | 2009年11月12日 (木) 19時55分

完成おめでとうございます
複葉張り線の機体で苦労されたと
思います カタパルトに載った
姿がよくあっています
私も持っていますが気後れしました。

投稿: あきみず | 2009年11月12日 (木) 20時29分

hagu様、そのような妄想をしていただき望外の幸せ♪何よりのお言葉であります。

偵察巡という言葉にノスタルジーを感じてしまいますね。
実際も誉やパイカンを賭けて楽しんでいたと思うと楽しくなります。

投稿: シロイルカ | 2009年11月12日 (木) 23時18分

あきみず様、この夜偵はカタパルトが似合いますね。
皆さんの南方の情景に刺激されて情景っぽくしてみました。
模型は作ったもん勝ちですからどんどん行ってください。
あきみず様の量産に刺激されてます♪

投稿: シロイルカ | 2009年11月12日 (木) 23時24分

完成おめでとうございます。
複葉機は張り線に、目が行ってしまいますね、お疲れ様でした。
やっぱりカタパルトに乗ると、かっこええというか、写真映えしますな。

もう遅い時刻なので、完成写真はまだ撮っておりませんが、双戦(1機目)
出来上がりました。

投稿: 夜戦部隊二等兵・まじり | 2009年11月13日 (金) 01時38分

こんにちは。
拙ブログへのコメント、ありがとうございます。
JMCはお疲れ様でございました。

九八式水偵、完成おめでとうございます。
カッチリとした仕上げが目を瞠ります。
このキットをこれほどちゃんとしたカタチで
拝見するのは初めてのような気が……
ナカナカ優雅なフォルムですね。
モノクロ写真も雰囲気があって秀逸です。

これからも、宜しくお願いいたします。

投稿: 作左 | 2009年11月13日 (金) 07時06分

まじり様、量産モード突入の噂は本当ですね♪

張り線は微妙に完成品が変形していくらしくちょっと弛みが生じてます。
バイスで穴をあける際に少し多めにマージンを見るとゆるみにも対応できそうです。

もう直す気力はありませんが(爆)

投稿: シロイルカ | 2009年11月13日 (金) 09時44分

作佐様、いらっしゃいませ。

このキットは積みにしてある方は多いと思いますが確かに完成品は少ないですね。
でも積んでおくだけで豊かな気分になれるタイプのキットですね。

作品を拝見させていただきましたが、第一次大戦~大戦間機をメインに作られてるのですね。
みていると私も時代を遡りそうになります♪
今後ともよろしくお願いします。

投稿: シロイルカ | 2009年11月13日 (金) 09時52分

おおおおお。
完成オミゴト!!!!!。
失敗した部分もあるそうですが
イヤイヤ見事な仕上がりですね!!。
モノクロだと塗色が「黒」とは判りませんね。
当時の資料写真から色を断定する難しさを実感しました。
ともあれ 拍手ゥー。

投稿: apuro | 2009年11月13日 (金) 17時41分

うーん、
やはり、ちゃんとオヤジ・モデラーやってるんだね!

こりゃ、静岡に行くしかねぇーな。
良い評価、悪い評価、併せ呑んで
ベルーガから白鯨に脱皮だよ!

投稿: ルシファー | 2009年11月13日 (金) 21時40分

apuro様、本物は遅く飛ぶのだけが取り柄なのできっと英軍夜戦の様にガサガサの黒だったでしょう。しかしこの機体後方見張りが全然利かないので不安だったでしょうねぇ、
本物について思いを馳せながら作っていると操縦感覚まで想像が付くような気がします。
まだ宇宙までは行けませんがw

投稿: シロイルカ | 2009年11月14日 (土) 00時29分

ルシファー様、正真正銘のオヤジモデラーでやんす。
>併せ呑んで
う~ん、見抜かれてますか・・・そろそろ井の中の蛙は卒業ということですね。
どうか溺れません様に(笑)

投稿: シロイルカ | 2009年11月14日 (土) 00時35分

完成おめでとうございます
かなりの難キットと聞いたことがありますがさらりと仕上げられて素晴らしいです

投稿: ほりでぃ | 2009年11月14日 (土) 21時25分

ほりでぃ様、このキット張り線の取り回しが指示されてないんですよ。
箱絵だけが便りなんですわ~
上翼取り付け用治具が用意されてますがこれを使うのにテクが必要なんです。
凝り方がアンバランスな感じです。

投稿: シロイルカ | 2009年11月14日 (土) 23時10分

射出危険手当はいか程でしょう(笑)

情景作りのアイディア、モノクロ撮影の効果が
いいですね~(羨)
完成おめでとうございます。

投稿: ハヤテ | 2009年11月14日 (土) 23時24分

ハヤテ様、>射出危険手当
当時の兵隊さん、特に艦隊勤務は加俸がいろいろあって優遇されていたんですよね。
潜水艦と艦載機搭乗員はかなり懐が暖かった様ですね~
きっとおごらされてたんでしょうな♪

投稿: シロイルカ | 2009年11月14日 (土) 23時39分

かっちょいい出来上がり!ご苦労様であります!

カタパルトの向こう側にはやっぱ僚艦ですね♪

箱絵だけで張り線もご苦労様でした!!~確かに張り線の資料って本格的に記載しているのは少ないのかも知れませんね~

投稿: SAIUN | 2009年11月15日 (日) 09時56分

最近引きこもりのヒッキーユダヤです。


これ72だったんですか(驚)


48かと思ってましたニャ~、


とにかく竣工おめでとうございます。


プチオフ会の記事も楽しかったですニャ~(笑)


投稿: ラッキーユダヤ | 2009年11月15日 (日) 18時19分

SAIUN様、この構図はやってみたかったんです♪

張り線はメジャー機ならばいくらでも資料があると思うんですが、この機体は世傑の写真が1、2枚ある程度ですからねぇ。

この頃のフジミはなんだかちょっと?ですね。

投稿: シロイルカ | 2009年11月15日 (日) 23時42分

ラッキー様、こちらこそご無沙汰です。

私は初の模型展示会(あ、所沢を覗いたことはありますが全くのギャラリーだったんで)でモデラーさん達と会ってちょっとフリーズしてました。

秋とはいえ行事も多くて子ども持ちにはあまり模型の進まない時期ですなぁ・・・

投稿: シロイルカ | 2009年11月15日 (日) 23時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 馬鹿烏(その7)-完成!:

« JMC作品展(その2)-プチオフ会&親指理論の巻 | トップページ | He219ウーフー(その1)-仮組み »