« He219ウーフー(その2)-久しぶりに | トップページ | 対空兵器コン-ヴィルベルヴィント(その4)車体&フィギュア仮組み »

対空兵器コン-ヴィルベルヴィント(その3)うすうす

どうやら皆さんのコメを読むと浮気を奨励されているようですので(笑)

ヴィルベルヴィントに戻って参りました。

といいますかHe-219はWEB上の資料をあさっている最中です。

と、いうわけで今日は日本が誇るうすうす加工であります。

ヴィルベルヴィントの防盾は気休め程度だと思うんですが、キットのままだとかなり強力に見えてしまいます。

なのでapuro様のお勧めに従いうすうす攻撃を掛けました。

1

加工前画像を撮るのを忘れてしまったので使用前→使用後比較がしづらいですね。

前回の記事を参考にしてください(おいおい)

2

縁の厚みが目立つので、縁を中心に板やすり(私はネイルボードを使用してます)でガシガシ削りました。多分元の厚さの1/3~2/5ぐらいになったと思います。

3

多少なりともぺらぺらな感じが演出できましたでしょうかねえ・・・

次回も多分こっちかなあ(笑)

|

« He219ウーフー(その2)-久しぶりに | トップページ | 対空兵器コン-ヴィルベルヴィント(その4)車体&フィギュア仮組み »

模型製作記 ヴィルベルヴィント」カテゴリの記事

コメント

消炎器の素晴らしい成型と防盾鋼板の薄々効果も素晴らしいであります♪
しかし独逸の機銃は精悍でありますね~しかも4連装(嫉妬w)
嫁のせいで(自分のせい?w)出遅れてしまいましたが先程エントリーして参りました。
よろしくお願いいたします♪

投稿: hagu | 2009年12月17日 (木) 14時33分

お久ぶりです

って言うか・・・
なにやらソソるお祭りをやっているようなので
避けて通っていました。。。

薄くしましたかぁ
やりますね~

投稿: Tucker | 2009年12月17日 (木) 14時47分

臼臼でキレイにダイエット!!。
オミゴトであります!!!。
防循とサプレッサーが整った今、
お次は車体と・・・・
これはゼヒともドラ四で!!。(^^y

投稿: apuro | 2009年12月17日 (木) 18時17分

hagu様、貴重な皇軍アイテムでエントリーありがとうございます。管理人としてはうれしい限りです。
1/72での作り込み楽しみにしております♪

私の方は二股かけてふらふらやっております。
脱線を楽しむつもり(笑)

投稿: シロイルカ | 2009年12月17日 (木) 20時10分

Tucker様、こちらこそご無沙汰です。
まだまだ先までエントリー可能ですのでゆっくり考えてください。

管理人的には緑系が足りないのでひそかに期待しております(笑)
スカイクリーナー出てましたねぇ…

投稿: シロイルカ | 2009年12月17日 (木) 20時13分

apuro様、先週からエンジンやら防盾やらで粉だらけです。
花粉症が心配です(笑)

>お次は車体と…
はて、どっちだろう?じっくり考えてみます(笑)

投稿: シロイルカ | 2009年12月17日 (木) 20時16分

やっぱり薄くされてるのですね
実物が16mmだそうで72だと0.22に
しなくては、出来っこない相談です
が極力頑張ってみます
塗装と組立をどうするのか迷います

投稿: あきみず | 2009年12月17日 (木) 20時59分

砲塔の上パーツ全面を薄々攻撃されたんですか。
これは作業量がそれなりに効果に反映するところですね。

単装よりも4連装のほうが強そうでいいなぁ(笑)

ウチの在庫に4連装は・・・・
いかんいかん、コレ以上新たなキットに手を出してどうする(爆)

投稿: シミヤン | 2009年12月17日 (木) 21時56分

やはり、ヴィルベルは見映えがしますねぇ...。
ヴィルベルもOstwindも作りましたが、あの変形多角形の砲塔に迷彩をするのはなかなかパターンが決まらず難儀しました。

タミヤのキットは足回りがH初期型のハブキャップなので教科書的にはZimmeritコーティングが欲しいところですが、バックレても問題ないと思いますよ(w)。

うちのクーゲルは未来的なスタイルはいいんですが、30mm砲のマズルブレーキをどうごまかそうかと...(以下自粛)

でも、新金型のIV号の車体でよかった...。

投稿: XJunで〜す | 2009年12月17日 (木) 22時12分

こんばんわ
うすうす攻撃見事ですね~~
しかし どう見ても作業性の悪そうな形ですよねぇ~~ 装填がやりにくそう・・・・
その辺りどうだったんでしょうね?

わたしはメーベルのパーツを眺めながらため息ばかりついています(あのピン痕!!)
シロイルカさんにハッパ掛けられたので 素材物色してきましたよ~~w まだ内緒ですがw

投稿: moz | 2009年12月17日 (木) 22時58分

あきみず様、私のこれもそうなんですが全面均等に薄くするのは強度的にも無理があります。
斜めにペーパーをかけてエッジが薄く見える様にごまかしています。
>塗装
1/72ならば先に塗って最後に汚し&タッチアップで良いのではないでしょうか。

投稿: シロイルカ | 2009年12月17日 (木) 23時26分

シミヤン様、表側は妙な梨地だったので一皮むいたんですがメインは裏側からエッジを中心にやすってます。
私の使っている粗めのネイルボードはこの手の作業が楽です(ドラッグストアにて4~5枚で500円位で売ってるやつです)。

単装は一撃必殺で4連装は弾幕で包み込むんでしょうね~自分で使わされるんだったら4連装ですかね(笑)

投稿: シロイルカ | 2009年12月17日 (木) 23時35分

XJunで~す様、>教科書的には
そうでしたか、これで決心が付きました(笑)
コーティングはブルムベアの中期型で失敗してからトラウマなんですが箱絵(←訂正:組説の完成品でした)が格好良いんでやっぱりやってみます。
>迷彩パターン
かなり目立つ形状ですから確かに難儀しそうですねぇ~

投稿: シロイルカ | 2009年12月17日 (木) 23時43分

moz様、メーベルのほうは機銃の取り回しは楽そうですが銃手や装填手はかなり怖いと思いますね。
ヴィルベルの場合きっと心理的な安心感がメインで防弾効果は気休め程度でしょうね。

推測するにヴィルベルのほうはコンボイ護衛的に使われたんでしょうかねえ

投稿: シロイルカ | 2009年12月17日 (木) 23時49分

タミヤの20ミリ4連装の防弾板は、ピン痕がものすごいですよね。
さりとて、エッチングのは、ボルトの再現が大変そうで、諦めたことがありました(w)。

投稿: XJunで〜す | 2009年12月18日 (金) 21時32分

XJunで~す様、出戻り当初はエッチングが新鮮で買い漁ったりしたんですがやっと適材適所という言葉が飲み込めて来ました(笑)

>20mm4連装
8tハーフのやつを作った中学生当時はえらい精密に見えたんですが、確かに現在のレベルで見るとあちこちに粗が…
初恋の人に逢ってはいけないのと同じ伝ですかねぇ(笑)

投稿: シロイルカ | 2009年12月18日 (金) 23時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 対空兵器コン-ヴィルベルヴィント(その3)うすうす:

» ツィンメリット・コーティング... [Hause des XJun III]
シロイルカ様の対空兵器コンの関係でドイツ装甲車輛の"Zimmerit コーティング"の話題が出たので余計なお世話ですが、ひとくさり... 《銅鑼 対戦車猟兵のキット》 [画像] 文章で説明するとワケがわからなくなるので、「百聞は一見に如かず」ということで...。 このボックスアート(やっぱり銅鑼の絵はVolstad氏のが好きです。閑話休題)の右端と左端の兵士が持っているのが「磁気吸着爆雷」で、手で握っている部分が成形炸薬(Panzerfaustとかバズーカの弾頭と同じ原理)になっています。これを広... [続きを読む]

受信: 2009年12月21日 (月) 23時43分

« He219ウーフー(その2)-久しぶりに | トップページ | 対空兵器コン-ヴィルベルヴィント(その4)車体&フィギュア仮組み »