« 対空兵器コン-ヴィルベルヴィント(その5)ドイツ国防軍スプリンターパターン | トップページ | 対空兵器コン-ヴィルベルヴィント(その7)組み立て完了 »

対空兵器コン-ヴィルベルヴィント(その6)ツィンメリット

コーティング・・・

今回は祭なので深く考えずにとにかくチャレンジ!

私のやり方はエポパテ×タミヤコーティングプレート(0.7mm)です。

前にやって失敗した時は厚ぼったくなってしまったので今回はとにかくうすうすで

1

やっぱり何かいまいち感がぬぐえないですわ・・・

まあ、最近はコーテイングモールド付きのキットがデフォルトになりつつあるから上達しても意味ありませんねえ(笑)

2

まあ・・・こんなもんでしょうかね、乾いてから少し撫でておしまいです。

3

タミヤのインストにしたがって前面パネルと車体上部周りのみに施したんですがこの範囲にしたのは根拠があったのでしょうかねえ?それとも失敗しないように簡単な範囲にとどめたんでしょうか。

4

これで面倒な作業はあらかた終了したので塗装に入れますね♪

おっと、でもその前に我が家も大掃除しないといけませんでした。

まあ年内には何とか・・・

|

« 対空兵器コン-ヴィルベルヴィント(その5)ドイツ国防軍スプリンターパターン | トップページ | 対空兵器コン-ヴィルベルヴィント(その7)組み立て完了 »

模型製作記 ヴィルベルヴィント」カテゴリの記事

コメント

>コーティング...
まさに「お見事!!!」です。
私がやると絶対に左右のピッチが揃わないばかりか、列によってはコーティングの刻みが斜めになったりとか碌な仕上がりになりません。orz

特に、機銃のポートやバイザーなど、コーティングをよけるべきところの縁がだいたい汚くなります。

ここまでくると後はラストスパートですね(w)。

投稿: XJunで〜す | 2009年12月26日 (土) 18時23分

こんばんは~
飛行機モデラーなのに
コーティングまでっ!
凄過ぎますっ!

さて・・・やはり年末
な~んとなく作業が進みません
でも、年明け少ししたら対空砲にも参加しようかと・・・たぶん。

投稿: Tucker | 2009年12月26日 (土) 20時00分

年内完成を目指しておられるのは
凄いです コーティングができて
塗装ですか この前アーマーモデリングを買ってきて モチベを上げるようにしています。

投稿: あきみず | 2009年12月26日 (土) 21時25分

XJunで~す様、思うに自分のやったやつは失敗箇所が頭に入ってしまっているので碌な仕上がりに見えないのではないでしょうか…
自分のやつは失敗したところばかり目についていけません。

だけど2年ぐらい寝かせてから見ると結構いい出来じゃんと思ったりしますねぇ(失敗の記憶が風化するのでしょうか 笑)

投稿: シロイルカ | 2009年12月26日 (土) 21時49分

Tucker様、わしら四十代後半はMM世代ですからねぇ、タミヤに洗脳されているんですよね。
あと古き良きモデルアートとホビージャパンにもですね。
ポリパテ、エポパテの無い時代にコーティングの作例を見せられてましたから今のほうが多少敷居は下がってますよね~。

>参戦
四月までエントリー可能ですから♪

投稿: シロイルカ | 2009年12月26日 (土) 21時57分

あきみず様、AM誌を購入されたのですね。
戦車も一度作ると結構癖になります♪
1/72だと飛行機ともスケールが合うのでいいかもしれませんねぇ。
JU87GとT34を並べるとか、シュトルヒとSASジープとか(いや、私の趣味です…)

投稿: シロイルカ | 2009年12月26日 (土) 22時04分

セメントコーティング!。
未だやったことアリマセン!!。w
綺麗に仕上がってオミゴトですね!。

最後の写真、左下の物体(焼き物?)
気になって眠れません!!。
(と、いいつつ仮眠したばかり。ww)

投稿: apuro | 2009年12月27日 (日) 01時13分

う~む、コーティングは私も避けて通りたいものではありますが
かなり良さげに見えますが・・・。

4号系列のなんの車両か忘れましたが(でも最近見ました)
転輪の胴体部分にコーティングじゃなくキャタピラを貼り付けているのを見ました。
どうやって付けているのかは浅学の身なので不明なんですが(^^;)

投稿: シミヤン | 2009年12月27日 (日) 01時46分

apuro様、この焼き物は醤油差しですね(笑)
あまりに寒いんでリビングに避難しています。
テリトリー外なのであまり無茶はできません(笑)

塗装は暖かい日に…

投稿: シロイルカ | 2009年12月27日 (日) 07時57分

シミヤン様、こんだけの面積ですが慣れない私にはけっこう時間がかかりました。
エレファントとか怖くてできませんねえ(苦笑)
施工範囲はタミヤのインスト通りということで深く考えるのをやめました。
まあ、攻撃側も転輪まわりは自分が危険なので狙いにくいとは思うんですけど…

投稿: シロイルカ | 2009年12月27日 (日) 08時05分

いや~さくさくと訪問しに来ました(笑)
2秒で開きますよん♪(いままで数分・・・)

この作業は興味があるんですがしたことがないので未知の世界であります。
700の艦橋周りのハンモック模様にも使えそうですね~

投稿: SAIUN | 2009年12月27日 (日) 08時25分

SAIUN様、コーティングとかリベット打ちとかは出来れば避けて通りたい作業ですねぇ。
艦橋周りのハンモック…確かにそうですねぇ1/450赤城にやってみようかな…1/700だともう少し細かいパターンが良いですね。
プラ用の鋸とかぐらいでちょうど良いかもです。

投稿: シロイルカ | 2009年12月27日 (日) 20時34分

コーティング・・・・というとワンピースという漫画に出てきた
魚人の島へ行く為に船に施す物というイメージしか
湧かないんです(自爆)

実際は戦車のボディに何かを塗りつけて鎧を着せたようにするという事なんでしょうかね?

う~ん・・違うかな(汗)

投稿: ハヤテ | 2009年12月27日 (日) 22時02分

ハヤテ様、機能から言うと帝国海軍軍艦の消磁電路に近いのではないでしょうか、磁気機雷(地雷)対策のようです。詳しくはXJunで~す様のトラバ記事に解りやすく解説されております。
>ワンピース
劇場版好評のようですねぇ(あまり詳しくないのですが…)

投稿: シロイルカ | 2009年12月27日 (日) 22時37分

いまならコーティングは5万円あげるからやってくれと言われても、やらない作業の1つですw
それをやるとは、中々気合が入っているとお見受けしました(笑)
エエなぁ、模型作りが楽しそうで(爆)

投稿: ⊥TT | 2009年12月27日 (日) 23時19分

ハヤテ様、シロイルカ様。

小生もコーティングの原理が理解出来るまで時間がかかりました(w)。

明晩にでも、トラバで対艦用の磁気機雷との違いを解説したいと思います。(小さな親切、大きなお世話?)

投稿: XJunで〜す | 2009年12月28日 (月) 00時07分

⊥様、確かにめんどくさいと思いながらもやってしまうところがモチベが高い証拠なのでありましょうか。
>5万円あげるから
いまならその1/10の金額でコーティングモールド付きのキットが買えてしまうという現実(脱力)

投稿: シロイルカ | 2009年12月28日 (月) 08時56分

XJunで~す様、中学生のころは漠然と被弾時の防御効果アップなのかと思ってました。
説明を読んでもいまだによく解らない装備の一つですね。

投稿: シロイルカ | 2009年12月28日 (月) 09時01分

コーティングまでされてさすが主催者の意気込みですね(笑)

明日から休みに入りますが、先に仕掛の三号を塗装しないとブリッツちゃんにかかれません(笑)

でも、この5日間、ただ飲んだ暮れている予感で一杯です(笑)

投稿: 鉄火太巻 | 2009年12月29日 (火) 19時28分

鉄火太巻様、ただの管理人ですよ!
とりあえず管理人が製作放棄はマズいのでがんばってます(笑)
フリッツちゃんまだですか、二股かけるのは趣味じゃないんですね(*^ω^*)ノ彡

投稿: シロイルカ | 2009年12月29日 (火) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502183/47120853

この記事へのトラックバック一覧です: 対空兵器コン-ヴィルベルヴィント(その6)ツィンメリット:

» 履帯による増加装甲... [Hause des XJun III]
III号やIV号系列は車体側面が剥き出しのため、履帯を取付けて増加装甲代わりにしている例を見ます。 多くの例では、増加装甲の用途と割り切っているようで、別段ラックをつけるとかはせずに、履帯を車体に溶接してしまっているようです。... [続きを読む]

受信: 2009年12月27日 (日) 07時40分

» 磁気機雷と吸着爆雷... [Hause des XJun III]
あまりにしつこいので、この話題はこれで最後にしますm(_ _)m ☆対艦用の磁気機雷は、水中や海底に敷設した「機雷」がフネの鉄を感知して、浮き上ってきて、当たります。 なので、消磁電路のようにフネ全体を電磁石にして、「感知」そのものを防ごうとしました。 ★対して磁気「吸着」爆雷は別に磁気を感知して反応・爆発するわけではなく、人手で車体に貼り付けるものです(私もこれがなかなか理解できず、磁気を遮断できるわけではないのに何故このコーティングが有効なのか? でした)。 [画像] 楕円で囲んだ部分にあ... [続きを読む]

受信: 2009年12月28日 (月) 20時55分

« 対空兵器コン-ヴィルベルヴィント(その5)ドイツ国防軍スプリンターパターン | トップページ | 対空兵器コン-ヴィルベルヴィント(その7)組み立て完了 »