« 心残り♪ | トップページ | 対空兵器コン-ヴィルベルヴィント(その9)概念的三色迷彩 »

対空兵器コン-ヴィルベルヴィント(その8)塗装初め

皆様、本年もよろしくお願いいたします。

早速ヴィルヴェルヴィントの塗装に掛かりました。前回の記事でブルムベア中期型も引っ張り出して来たのでついでに塗りなおししようと思います。

1

まずはダークイエロー・・・下地にジャーマングレー+ハルレッドを吹いてから調色したダークイエロー(デザートイエロー+フラットイエロー+白)を吹きました。

三色迷彩にするので最初の色味にあまり拘ってもしょうがないとは思いつつ多少明るめにしてみました。

2

こちらはブルムベア・・・一回途中まで塗りかけたんですがコーティングがもっさりしすぎていたので中断したやつです。今回ついでなのでコーティングを一撫でして塗りなおします。

やっぱりコーティングがアレですがもう気にしません。

3

ヴィルベルはリニューアルⅣ号なので足回り(特にダンパー)のモールドにキレがあります。一方のブルムベアは旧車体なので幅がありすぎとか裏のモールドが無いとか欠点はありますが。細かいこといわなければ充分楽しめます(あ、車載工具はⅣ号戦車別売りのDパーツに替えてあります)

4

ふふふ、これでいっぺんに2個完成させることが(←だから何なんだというつっこみ、自分でも思いますが)

5

いや、しかし意味も無くテンションが上がりますね。

このやり方悪くないかもしれません。

二個とも完成しないという事態も考えられますが(大笑)

|

« 心残り♪ | トップページ | 対空兵器コン-ヴィルベルヴィント(その9)概念的三色迷彩 »

模型製作記 ヴィルベルヴィント」カテゴリの記事

コメント

>2輛…
塗料に調色したものを使う時は、なおさらその方が効率的ですよね。

>ダーク・イエロー
ウォッシングとかで、さらに色味が変わりますが、組み合わせる色によって見え方が変わるので、自分が納得できる色味になると嬉しいですね。

>IV号 旧車体…
新IV号が出た時に比較しましたが、車体全体の幅は意固地になって弄るほどの差はありませんでしたね。

むしろ、車体前面装甲板と底面の間の細長い部分の上下と角度が違います。
戦車型やIV突だと目立ちますが、ブルム・ベアのように背が高く、しかも車体が多面体なので、全体バランスは悪くないと思いますよ。(新旧わざと並べて気付く程度)

>Wilbel
戦場写真を見るとハードなカムフラージュをしている例が多いので、あまり参考になりませんでした。(箱絵の縞迷彩は捻りが足りないというか、もの足りない…)
矩形の車体に背の高い筒状の砲塔が載っているので、割り切って見る角度を決めた方がパターンを決めやすいと思いますよ。
なお、中欧州の森林は針葉樹が多いようで、冬場でも葉が残っているので、緑を多めにすると「らしく」なりそうですね。
ではでは。

投稿: XJunで〜す | 2010年1月 3日 (日) 05時29分

対空兵器コン、やっとこさ・・作り始めました(汗;

各地のモデラーさんちにそっとのぞきに行って作り方をパクりに行っております・・

投稿: SAIUN | 2010年1月 3日 (日) 08時32分

あけましておめでとうございます。

当時ブルムベアのフィギュアは、それ以前のパリッとした感じでなく
ラフな格好をしてたのが、えらいかっこよく見えました。

Ⅳ号の車台は古典的な足回りが魅力ですね(^o^)

投稿: 怪傑店長 | 2010年1月 3日 (日) 10時41分

XJunで~す様、商業誌だとリニューアルキットを持ち上げないわけには行かないのは仕方ないのでしょうが、おっしゃるとおり意固地になって修正するほどの差は無いというのが本当のところでしょうね。
田舎に帰った時にイタラエリ!のG1型を眺めてたんですがキャタ以外はかなりイケてました。
(タミヤのリアパネルを組み込んで作ってありました…中学生の自分に感心 笑)

投稿: シロイルカ | 2010年1月 3日 (日) 18時00分

SAIUN様、まだまだエントリーも続いてますから余裕です。
AFVは塗装やウェザリングテクの変遷が激しいので私も色々覗かせてもらってます。
でも、あんまり新しいことは出来ないんですよね~
今覚えていることをこなすので精一杯(笑)

投稿: シロイルカ | 2010年1月 3日 (日) 18時04分

店長様、このキットは多分ファーストロットです(笑)
>ラフな格好
当時のタミヤニュースでもそのあたりがフィギュアのウリになってた様な記憶がうっすら残ってますねぇ。
この頃のタミヤニュースは何十回と無く読み返した記憶があります。
言いたかないんですが最近のタミヤは精彩を欠いてますねぇ…

投稿: シロイルカ | 2010年1月 3日 (日) 18時10分

>イタラエリIV号-G型...
中学生の時に手がけられたとは...当時のモノはかなり高価だったのでは?

確かにイタレリのIV号の後面パネルって直しようのない所に突き出しピン痕があるんですよね。
でも、全体のプロポーションはいいので、G型としては今見てもいいキットと思います。(シュルツェンだけ足してH型にしたのは余計でしたが...(笑))

投稿: XJunで〜す | 2010年1月 3日 (日) 21時42分

XJunで~す様、訂正です選択したのはF1型です(恥)私の作ったのはTOMY-イタラエリ版なので少し安いやつですね、でも確かタミヤの1.5倍近くしましたよね~
マーダーⅢも欲しかったんですが高かったのでやめた記憶がありますね(笑)

投稿: シロイルカ | 2010年1月 3日 (日) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502183/47189622

この記事へのトラックバック一覧です: 対空兵器コン-ヴィルベルヴィント(その8)塗装初め:

« 心残り♪ | トップページ | 対空兵器コン-ヴィルベルヴィント(その9)概念的三色迷彩 »