« 対空兵器コン-ヴィルベルヴィント(その12)完成 | トップページ | He219ウーフー(その3)-またまた久しぶりに »

寒すぎる

さぶい~寒すぎる

今日はウーフーのコクピを塗ろうと思ってたんですがあまりに寒すぎて模型部屋に居られませんでした・・・

お察しの通り私の模型部屋には冷暖房ありません(笑)

というわけで塗装はパスしてリビングで出来る仮組みをしてました。1

年末のオフ会でゲットしたPS-1なんですが海自祭もありますんで仮組みしてみました。

古いキットなんでヒケだらけですねぇ、表面には凸リベットがびっしり打ってありましてどう処理するか迷うところであります。

2













この機体、艇体には川西伝統のかつをぶしと機首にはかんざしのようなものも付いてますね。

あ、ノーズはnananiya72様にお勧めいただいた1号機のものにしています。

なので試作1号機のマーキング確定ですね。

3

プロペラは厚さもまちまちでヒケも凄いので500番のサフを吹いて整形しております。

昔から模型店ではよく見ていたキットですが作るのは初めてです。

少しあったかくなったらウーフーのコクピを塗りますんでここからしばらく放置ですな(笑)

4

しかしコレは完成しても置く場所なしですわ・・・

|

« 対空兵器コン-ヴィルベルヴィント(その12)完成 | トップページ | He219ウーフー(その3)-またまた久しぶりに »

模型製作記 新明和PS-1」カテゴリの記事

コメント

このキットかハッキリしないのですが、小学生の頃に作った覚えがありますなぁ~。
もちろん、当時の小学生は色を塗るという作業は知らなかった。
ランナーの処理も爪切りのやすりを使っていた。
まぁそんな時期なので、思い出さない方がいい思い出なんでしょうね~(爆)

投稿: Jパイパー | 2010年1月16日 (土) 23時00分

あぁあ~! そうか、そうだったんだ(汗)
海自祭りであって、海上自衛艦祭りじゃないんだ!

飛行機でもいいんじゃん(自爆)

投稿: ハヤテ | 2010年1月16日 (土) 23時34分

・新明和っていうと旧「川西」でしたっけ?
確か飛行艇の老舗なんですよね。
小中学生の頃にたいそうな波の海面でも着水できる新鋭飛行艇という記事を何かで読んだ記憶だけが残っております。

まだ、P3Cの方が新しいキットなんでしたっけ?

投稿: XJunで〜す | 2010年1月17日 (日) 00時12分

Jパイパー様、他にこんな飛行艇のキットは無かったでしょうから間違いなくこれでしょうね。
結構分割が複雑で小学生の手には難物ではなかったでしょうかね。
余談ですが対潜へりとこいつとP3Cの住み分けってどうなってたんでしょうね、モデラー的にはいろいろあって楽しいですが(笑)

投稿: シロイルカ | 2010年1月17日 (日) 10時28分

ハヤテ様、抜かりましたな(笑)
多分南極観測船辺りを画策している方もいると思われますが(笑)
・・・いえ、イージス艦は王道ですから中央突破でお願いしますっ。

投稿: シロイルカ | 2010年1月17日 (日) 10時39分

XJunで~す様、私も詳しくはありませんが実機はどちらも60年代後半の採用ですから似たような時期ですよね、海自のP-3Cは例のロッキードがらみですから70年代ですよね。
ハセのキットは両方気付いたらすでにありましたよね(笑)

投稿: シロイルカ | 2010年1月17日 (日) 10時48分

海自の2式大艇♪かっこいいであります。
置き場所に困った時は天井から吊るす手も(えっw)
我が家は大型機は分解モスボール押入れ保管・・(涙;)

投稿: hagu | 2010年1月17日 (日) 14時52分

hagu様、こいつは昭和35年試作指示なので35試大艇でしょうか♪
昭和45年正式採用で30式飛行艇・・・
PS-1よりは解り易いですよねぇ~

投稿: シロイルカ | 2010年1月17日 (日) 16時19分

っーかぁ、、。
暖房入れようよ。 暖房。
私の場合、食と寝&住と作業が一緒。
ホコリがたまる、くさい、うざい!!。w
だけど安泰なのだ!ww。

投稿: apuro | 2010年1月17日 (日) 18時46分

暖房無しかぁー。
だから、体を巨大化して対応しているんですね!

投稿: ルシファー | 2010年1月17日 (日) 19時04分

apuro様、やっぱ北国と微妙に作業環境違いますね、まあ、完全防寒装備で頑張りますわ…
こっちはあと正味一カ月頑張ればあったかくなりますんで。
でも、油断すると強制換気されるんで寒さ倍増です(笑)

投稿: シロイルカ | 2010年1月17日 (日) 21時06分

ルシファー様、そうそう津軽海峡を境に動物の種類が変わるアレです、ブラッキストン線っていうんでしたっけ…って、私はヒグマですかい(笑)
しかし、日本人の短足胴長はシベリアの極寒対応らしいですぜ、体の大きさの割に表面積を少なくできるらしいです。

投稿: シロイルカ | 2010年1月17日 (日) 21時10分

このキットは新明和に勤めていた
友人から貰ってそのままにしてあります その後全日空整備に移り昨年定年を迎えました。ハセの四発機シリーズは置き場所に困ります

投稿: あきみず | 2010年1月18日 (月) 21時06分

あきみず様、新明和→全日空整備ということはメカニックの方でしょうか・・・機体の整備が外国に委託される時代ですからいい時に定年になったような気がしますね。
なんか最近飛行機の仕事も夢がなくなってきてますねぇ、残念です。

投稿: シロイルカ | 2010年1月18日 (月) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寒すぎる:

« 対空兵器コン-ヴィルベルヴィント(その12)完成 | トップページ | He219ウーフー(その3)-またまた久しぶりに »