« He219ウーフー(その5)-小物 | トップページ | He219ウーフー(その6)-いらいら~ »

番外-キャノピーマスキング

以前よりキャノピーマスキングを記事にするといろいろな反響がありまして。

私のはマイナーな方法ですと前置きしてから説明していたんですが、多分言葉で説明してもわかりにくい部分がるのではと思われ気になっておりました。

ちょうどXJunで~す様より質問いただきましたので、この機会に画像付で説明いたします。

まず、使えるのがゴムの入っていないエマルジョンタイプ:Mr.マスキングゾル(旧)、Mr.マスキングゾル改-以上クレオス、マスキングリキッド-ハセ・トライツールなどのものになります。

ゴム系は綺麗に切れないので迷彩の塗り分けにはいいんですがキャノピには使いづらいです(私の感覚です)

1_2

2~3度塗り重ねて乾いた状態です。透けたゾルの下にフレームのモールドが見えていれば大丈夫です。

2_2

使用するのは普通のカッターですが必ず新品の刃か折りたての刃にしてください、刃先が鈍ってると真っ直ぐ引けません。

上はすでにモールドに沿って刃を入れた状態です、折りたての刃の場合力はあまり要りません、また刃は立てすぎないほうが真っ直ぐ引き易いです。

3_4

はがす時は端っこをめくって引っ張れば簡単に剥けます、力は全く要りません。

4_2

下が抜け殻です。フレームの多いやつはめんどくさいですがテープでも同じですよね(笑)

5_2

間違って透明部分をキズつけるのでは?という疑問はもっともですが、力を入れすぎなければあんまりずれません・・・ちょっとぐらいなら塗装終了後にクリアスモークを塗ればごまかせます。

6

作業完了~

早いのがとりえです(笑)

|

« He219ウーフー(その5)-小物 | トップページ | He219ウーフー(その6)-いらいら~ »

模型製作記 He219A7ウーフー」カテゴリの記事

コメント

シロイルカ様、バーチャルレクチャーありがとうございました。

マスキングゾルを塗り重ねるのもコツの一つとお見受けしました。
重ね塗りしても下のフレームが意外によく見えるんですね。

ゾルの膜が薄いと剥がし難かったです。

また、新品の刃なら力を入れずに切り取れるというのもキモですね。
次作でやってみます。

ありがとうございました。

投稿: XJunで〜す | 2010年1月24日 (日) 22時59分

ぐえ、このやり方はワシの1番苦手なマスキング方法だw
タミヤ辺りはモールドがしっかりしていて、透けて見えやすいんですが、古い変なキットでやったら関係ないところに窓枠が出来ました(笑)
それ以来、このやり方はトラウマです(爆)

投稿: ⊥TT | 2010年1月24日 (日) 23時02分

おはようございます。
キャノピーのマスキングは苦手です。なので、やりません(爆)
細筆で色を重ねて最後は爪楊枝でコリコリが定番の方法になってますです。

投稿: @daigo | 2010年1月25日 (月) 06時11分

XJunで~す様、仕上がりもともかく作業の好き嫌いもあると思うので気が向いたらやってみてください。

開閉2個入っているようなやつで試してみるとか…

投稿: シロイルカ | 2010年1月25日 (月) 06時16分

⊥TT様、そうなんです。フレームのモールドが曖昧だとちょっとツライです。

でも私にとっては貼り込むほうがシンドイですね~。
決定版がないということは、みんなあまり好きじゃないんですよね(笑)

投稿: シロイルカ | 2010年1月25日 (月) 06時24分

@daigo様、いつもこの話題になるとさまざまな方法があるのだなぁと改めて思うんですよ。
直塗り派は結構多いですね、簡単かつ一番失敗が少ないということでしょうね。

私はエッジのシャープさが好きでこのやり方です。

投稿: シロイルカ | 2010年1月25日 (月) 06時28分

私はマスキングテープの細切り
プラス ゾルの併用してイマス。

投稿: apuro | 2010年1月25日 (月) 20時36分

apuro様、そのやり方が現在主流だと思います…まあ、そのうち技術革新でこんな作業は笑い話になりますぜ(笑)

ツィンメリットの時もこんな話ししましたっけ?

投稿: シロイルカ | 2010年1月25日 (月) 22時23分

私も初めにゴム系のゾルで切り抜く
のに、おうじょうしましたので
テープにしましたが、それも
面倒なので 直接筆塗りに
しています ブラシを使わないので
マスキングなくてもいいのが楽です。

投稿: あきみず | 2010年1月26日 (火) 22時12分

あきみず様、筆塗り&手書きの技術はモノにすると作品の幅が広がりますね。
このやり方も慣れてしまうと時間もそんなに掛からず楽だったりします。

投稿: シロイルカ | 2010年1月27日 (水) 07時59分

このやり方で成功した例がありません(汗)
以来細切りマスキングテープです(苦笑)

投稿: ハヤテ | 2010年1月27日 (水) 23時31分

ハヤテ様、う~む、どうやら皆さんの負の記憶を刺激するだけの記事だったような…無念(苦笑)

投稿: シロイルカ | 2010年1月28日 (木) 00時25分

>無念…
いえいえ、私の様な飛行機ビギナーには大いに勉強になりました。
やはり、いろいろ試して自分に合う、好みの手法を見つけるものなんですね。

投稿: XJunで〜す | 2010年1月29日 (金) 00時34分

XJunで~す様、ありがとうございます。
いつもキャノピのマスキングは議論百出です。
AIR模型がメジャーになれない一番のネックかもしれませんねぇ。

投稿: シロイルカ | 2010年1月29日 (金) 01時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 番外-キャノピーマスキング:

« He219ウーフー(その5)-小物 | トップページ | He219ウーフー(その6)-いらいら~ »