« He219ウーフー(その9)-FuG220 | トップページ | 武人の蕃用 »

He219ウーフー(その10)-FuG220の続き

不慣れなはんだ付けに苦戦・・・

八木アンテナをみるとTVのアンテナを思い出しますねぇ

指向性の関係で斜め45度になってますがこれは高度と方向を兼用ということなんでしょうか?

詳しい方のご教授を仰ぎたいですね。

船のレーダーも対空見張りと水面見張りは兼用できなかったようですし、米海軍に至ってはは6種類ぐらい積んでいたようですね。

これはどんどん機体が重くなるわけですな~、Bf110Gでは爆弾を捨てた後の爆撃機に追いつけなかったようですし。

1_2

追尾機対策のレーダー・・・

2_2

前方の『鉄条網』4本アンテナ・・・微妙にばらつきがあるのは私のはんだ付け技術が今一だからです。液体フラックスは使ってるんですけどね。

まあ、めったにはんだ付けしないんで私の腕ではこんなもんでしょう。

3

仮付けしてみますた。微妙に平行が出てませんが本接着は塗装後ですので突っ込み無用でおねがいします。

4

こいつの空力ロスは相当なモンでしょうねぇ。

Bf110だと鈍牛みたいだったかもしれません、独夜戦部隊の苦労に思いをはせて今日はオシマイ。

|

« He219ウーフー(その9)-FuG220 | トップページ | 武人の蕃用 »

模型製作記 He219A7ウーフー」カテゴリの記事

コメント

>八木アンテナ...
発明は日本の八木博士だったんですが、(今でも八木アンテナっていう会社があります)実用化したのはドイツが先でしたねぇ。
閑話休題。
空力ロスというか、中学生の頃、超大型台風のなかで、屋根の上でTVのアンテナを支えているようなモノと読んだ記憶があります。

>45度...
確か深い意味はなくてスペースの関係でアンテナが相互に干渉しないように斜めに取付けたと読んだ覚えがありますが、自信がありません。

やはり、金属線をハンダ付けすると一段とシャープで、しかも強度もあるのでいいですね。

投稿: XJunで〜す | 2010年2月 6日 (土) 18時49分

ふうむ。
かつてのFMアンテナをほーふつ。
空力ロスはたいして無いとオモウよ。
複葉機のリグよか。
ホントに抵抗大なら投棄出来る様にしちゃうハズ
電気機器の重量と容量が問題?
発電機がデカイとか、、(もーそー)w

綺麗にキマッタじゃありませんか!。
お見事であります!!。

投稿: apuro | 2010年2月 6日 (土) 19時30分

真鍮線なら感度も上々♪

それにしても迫力ありますね、
月光のレーダーは殆ど使い物にならなかったらしいですが、
これはガッツリ敵を捕らえそうですね(笑)

投稿: ハヤテ | 2010年2月 6日 (土) 19時34分

アンテナきれいに出来上がっています
同じアンテナを搭載する私としては
やはり追随しないといけない予感が
ありますが、はたしてここまで出来るでしょうか まだキットの部品に手をつけていませんが やるしかない
みたいです ドンと背中を押して
貰ったようです。

投稿: あきみず | 2010年2月 6日 (土) 22時07分

XJunで~す様、子供の頃読んだ戦記だと日本の電子技術が完全に遅れていた見たいな書き方だったのですが、その後いろいろ読んでみるとデバイス開発では結構負けていないんですね…
兵器として実用化するためのシステムエンジニアリングと部品の信頼性がネックだったんですかねぇ

投稿: シロイルカ | 2010年2月 6日 (土) 23時12分

apuro様、とりあえず連合軍と互角に戦えるのならば多少スピードが落ちようが関係ないですよね。
>投棄できる様に
日本のようにのこぎりで切り落とすというやり方もありますが。

投稿: シロイルカ | 2010年2月 6日 (土) 23時20分

ハヤテ様、レーダーの性能もさることながら操作マニュアルにも問題があったんでしょうね~
天山の電探でも操作に慣れるとかなり先の敵艦が探知可能だったようですし

投稿: シロイルカ | 2010年2月 6日 (土) 23時27分

あきみず様、強度をあまり気にしないのならば瞬間接着剤でもいいと思います。

私はこういう作業をするとはんだ付けがいつも嫌いに成ります(笑)

投稿: シロイルカ | 2010年2月 6日 (土) 23時31分

これは219い造作であります♪
(↑使う機会を狙っておりましたっ爆;)
この重装備でも600キロオーバーなのでしょう?
大型アンテナの支持強度も相当なものでありますね。

投稿: hagu | 2010年2月 7日 (日) 00時50分

ううう・・・
ハンダ付け工作を見ると素直に凄いと持ってしまう私(笑)
ハンダ工作だけは絶対に人様に見せられない(爆)

八木アンテナはやはりドイツ機夜戦には欠かせませんねぇ。
イメージが強すぎます。

投稿: シミヤン | 2010年2月 7日 (日) 10時22分

hagu様、ありがとうございます♪
こんな姿で空を飛んでたなんて、まさに後世のモデラー向けの219いサービスでございましょうか(笑)
とにかく非常に模型映えしますねえ。

投稿: シロイルカ | 2010年2月 7日 (日) 18時11分

シミヤン様、はんだ付けは某東北方面の方に外注に出したいです。
5本作るだけで半日掛かりです。盛ったり削ったり外れたり(いらいら~)

まあちょっと手が滑っただけでプラパーツは折れてしまうので先に苦労しとこうという算段ですね。

投稿: シロイルカ | 2010年2月 7日 (日) 18時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: He219ウーフー(その10)-FuG220の続き:

« He219ウーフー(その9)-FuG220 | トップページ | 武人の蕃用 »