« He219ウーフー(その10)-FuG220の続き | トップページ | カムバック サーモン♪ »

武人の蕃用

車のバッテリーが逝ってしまいました・・・

車検の時に既に指摘されていたのですがディーラーで交換するのは高いので延ばし延ばしにしていたらアウトになりました。

チャリでオートバックスに行ってバッテリー購入、自分で交換して事なきを得ましたが。

まあ、日本車は交換さえしてしまえばまた気持ちよくセル一発であります。

先の大戦の反省が日本車の高品質を支えているのだなあと(偏見ですが 笑)

しかし、トヨタの大量リコール問題はかなり尾を引きそうですね。

車台や部品の共有化を進めたせいでこのような巨大なリコールに発展したという要因もあるようですが、部品調達のやり方にも問題がありそうですね。

昔トヨタの設計に方に聞いたんですがトヨタのエンジンは性能と同じぐらい材料の節約を考慮した設計になっているようです(今では当たり前でしょうが20年ぐらい前の話です)

そのときにトヨタは民間需要中心だからそうなんだろうと思いました。

私のは日産車ですがこちらもルノーグループと車台や部品の共有化を進めているのでちょっと不安になりますね。

ディーラーの営業さんに聞いたら最近はシャシーの下回りの塗装も省略されいるとか・・・末期の独軍車両みたいです(笑)

まあ、かつてのような高品質が当たり前もそのうち昔話になりそうですね。

武人の蕃用という言葉を思い出します(また無理やり・・・)

***********************

さてウーフーです。

そんなわけで進んでおりませんが今日は塗装前の最終仕上げ

切り離したエンジンナセルの合わせを調整・・・組み立てで微妙に変形したらしくそのままでは合いませぬ。

1

可動はしませんがピッタリ嵌ると気持ちいいので・・・ちまちまと合わせております。

あと定番工作の翼端灯のクリアーリセット

2 

そんなこんなでやっと塗装に取り掛かれます。

3

はやくあったかくなんないモンでしょうか(願)

塗装どころではない寒さです

|

« He219ウーフー(その10)-FuG220の続き | トップページ | カムバック サーモン♪ »

模型製作記 He219A7ウーフー」カテゴリの記事

コメント

>先の大戦の反省…
まさにその通りですねぇ。
モノづくりや整備に携わった方々が「品質管理」「製造技術」の向上に邁進すればこその戦後復興だったのではないかと思います。
勿論、働く人の「お腹を少しでも満たす」ための努力が背景にあったと思い、先人の努力に感謝する次第。

さて閑話休題。
ウーフー、塗装に入れるとなると、ここからは一気呵成となるんでしょうか。

ウチは1/72なので斑点を筆でチマチマと置き始めました。(暈しは断念)

投稿: XJunで〜す | 2010年2月 7日 (日) 21時06分

部品の共通化という合理化のしっぺ返しなのでしょうか 品質管理を
徹底しないと 大量に安くする方法
にしても以前は二社発注なんか
あったと思います リスクがおおきです いよいよ塗装ですね 頑張って下さい。

投稿: あきみず | 2010年2月 7日 (日) 23時08分

昨年から猫も杓子もハイブリットとか。
みなさん見事に企業戦略に引っかかっているような気がします。

プリウスもモデルチェンジから数ヶ月で20万台登録。
凄い話ですが、みんな右へ倣えで同じ車ってのに疑問を感じます。

投稿: ハヤテ | 2010年2月 7日 (日) 23時50分

物心付いた時からの日産党でありますが
どうも錆びに弱い気がして(特に下回りが・・)

雨にも負けず 錆びにも負けず
潮風にも融雪剤にも負けぬコート剤を買い込み
決して浮気せず日産車ばかり乗り継ぎ

毎年、防錆剤とアンダーコートを欠かさず
あらゆる事を勘定に入れず、塗膜の強い白色しか買わず、家族に「よく飽きないね」と言われ・・

それでもニッサンはおっさんの夢・・
(長くなりそうですので省略いたしますっ爆;)


投稿: hagu | 2010年2月 8日 (月) 00時54分

XJunで~す様、特にエレクトロニクスや自動車産業で顕著ですよね。
トランジスタやその後の半導体も真空管の不良に泣いた苦い経験の結果かと思われます。
このDNAは受け継がれてほしいですねぇ。

投稿: シロイルカ | 2010年2月 8日 (月) 09時36分

あきみず様、まさにそのとおりでありまして私たちの業界もコストダウンに汲々としています。
相見積りをとる余裕も無いといった感じですね。
いつかツケが回ってきそうです。

投稿: シロイルカ | 2010年2月 8日 (月) 09時41分

ハヤテ様、20万台も売れてしまったことが今回の原因とも言えますかね…インサイトに対抗するためにコストや開発期間で無理をしたかもしれませんなぁ…
私はトヨタ派ではないので静観(笑)

投稿: シロイルカ | 2010年2月 8日 (月) 09時44分

hagu様、日産党でございましたか(嬉)
うちの親父は三菱とスバルしか乗らない(笑)のですが私は何故か日産派です。
>日産はオッサンの夢
V8のシーマに乗っている御仁に聞かせてあげたい(笑)

投稿: シロイルカ | 2010年2月 8日 (月) 09時49分

先の大戦の反省なき なのがいまの日本。
80年代にゃアメ車をバカにして、
米の工業技術をナメまくり。
B29の大量襲来をわすれて、、。
その後はレイテ以降の失敗を忠実にトレス。
安易なリストラでベテランを切って。
ははは。 
新設計の機体が生まれても、加工技術者や搭乗員
じぇんじぇんいない。←いまココ。ww

投稿: apuro | 2010年2月 8日 (月) 19時21分

今更ながら、製造業の賃金は安いから・・・・。
同じ程度の能力(学力)なら非製造業がお得です。
実際、T自動車だって経営陣の中に技術畑は少ないでしょ?
今回の事も2年前には分かっていたらしいしね。
プ*ウスのブレーキも新年初頭からはプログラム直してたって言うし・・・
バレなきゃ何でも有りじゃあ、工業立国とは言えないよね。

投稿: ルシファー | 2010年2月 8日 (月) 19時56分

apuro様、先の大戦は精兵主義が(予見できたはずの)消耗戦に負けたのだと思いますが、技術競争で一度は世界を席巻しても守勢に回ってからの弱さは現在の日本も全く同じなんですかねぇ。
乾坤一擲が果てしなく続く…悪夢ですね。

追伸:宇宙船の3軸ですがねぇ…結構調べたんですけど解りませんねぇ、オイラー角とかジンバルロックとか関係のありそうな言葉は出てくるんですが理解力がねぇ…
宇宙空間では上下左右が関係なくなるのは理解できるんですがジンバルロック時の機動がよくわからんです、飛行機で言うとフラットスピンのような状態でしょうかね…う~む
クオータニオンって関係あります???


投稿: シロイルカ | 2010年2月 8日 (月) 20時17分

ルシファー様、この件は他人事ではありませんよねぇ、○ヨタも究極のローコスト体質でここまで来たわけで、技術で世界を制したわけではありませんものね。
コストパフォーマンスの良さで勝負できる時代はいまや過去のものということなんでしょうね。
ただ、それに代わる切り札が手持ちにないというのが…悲しすぎです。
>製造業の賃金
技術も知的財産の一部なんでしょうけどねぇ

投稿: シロイルカ | 2010年2月 8日 (月) 20時26分

ことしの合宿で僕の車に乗るときはそれなりの覚悟を決めておいてください(笑)

投稿: 鉄火太巻 | 2010年2月 8日 (月) 23時13分

鉄火太巻様、鉄火様の車より乗っている関東軍の会話のほうがよっぽど危険です(笑)
口が滑らないようにABSを要全員装備(笑)

投稿: シロイルカ | 2010年2月 8日 (月) 23時35分

ジンバルロックは、
ジャイロ(水準器みたいな。)の可動範囲を
超えちゃうコト。
アポロ13みたいに天測航法不可&データの喪失
の場合、ジャイロのみが唯一のたよりなワケ。
当時のジャイロはロールのみ∞で、ピッチ、ヨー
はある程度以上でロックしちゃうの。
(たしかこれはジョッキ8杯のトキ、言った?)
宇宙空間で基準点を失った場合、命取りになる。
     ヨ。

投稿: apuro | 2010年2月 9日 (火) 19時26分

オマケ。
軌道における速度&高度はね。
潮汐力がヒントになる、、、、、、カモ。
「前は後ろへ 後ろは前へ、
右と左はもと居たほうへ。」

投稿: apuro | 2010年2月 9日 (火) 19時30分

もっかい。
「ヨーとピッチは兼用できる。」
   ↑
しかし、データは共用出来ない。
たとえば
左ロールしながらピッチアップを行うと、
ロール90度時点で ピッチが
ヨー(左)と認識されちゃうの。(ごっちゃになる。)

投稿: apuro | 2010年2月 9日 (火) 19時44分

うん、↑これは理解できます。といいますかここまでしか理解できない…
潮汐力…軌道がオーバルということでしょうか

投稿: シロイルカ | 2010年2月 9日 (火) 19時59分

モチ。
軌道はオーバルデス。
お月様が常時こちらを向いているのも
潮汐力のおかげ。w

投稿: apuro | 2010年2月 9日 (火) 20時08分

起点…そうか最終加速点を起点とすれば行きと帰りになるわけだ…違うかな?

投稿: シロイルカ | 2010年2月 9日 (火) 20時23分

昔乗っていたTYTの車、踏切を渡った拍子にマフラーが基部から外れて落ちてしまったことがあります(笑)
とんでもない爆音でした(爆)

もっとも海岸沿いの雪国なので融雪装置の水が塩気まじりの地下水なのでさびたということもあるんですが・・・。

投稿: シミヤン | 2010年2月11日 (木) 00時59分

シミヤン様、>海岸沿いの雪国…そういえば私の実家は内陸側ですが、子供の頃室蘭ナンバーの車は潮風にやられてるから買ってはイカンと言われてました。
いまおもえば田舎特有の近隣差別ですけど(笑)

投稿: シロイルカ | 2010年2月11日 (木) 09時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 武人の蕃用:

« He219ウーフー(その10)-FuG220の続き | トップページ | カムバック サーモン♪ »