« ユニコーン(笑) | トップページ | 海自祭り-新明和PS-1(その9)あれっ!世傑 »

優駿(笑)

明日はダービーですね。

頂点を極める馬がいる一方で同じ年にデビューして一勝も出来ずに失格の烙印を押された馬たちの運命なぞもふと考えてしまいます。

そして軍馬・・・

こちらはただひたすら牽引業務に努めるわけで、apuro様の言うとおり粗食に耐え着実に任務をこなす働き者・・・

シアワセって何だろう

1

モヒカン野郎(牡)8歳 650kg

こいつは尾花栗毛にしてみたいと思います。

2

並足で歩く姿も軽やかであります。

3

そしてペルちゃん(牡)11歳 800kg

見た目はコワモテですが気は優しくて力持ち(笑)

こっちは葦毛にする予定です。

4

ポニーテール二型(笑)

一型の増量タイプです。

5

どっちも塗装してからもうすこしトリミングしてあげるつもりです(笑)

次はハーネスだな・・・

しかしPS-1にも戻らなくちゃイカンし。

どっちにしようかな(笑)

|

« ユニコーン(笑) | トップページ | 海自祭り-新明和PS-1(その9)あれっ!世傑 »

模型製作記 German field kitchen」カテゴリの記事

コメント

開拓時代のUSアーミーの場合、
軍馬のタテガミはモロ モヒカンだったはず。
ドイツはどうなんだろうね。

日本軍が外地に送った軍馬は数知れないが。
その内、内地に戻れたのはたった一頭だと言う。
全国に軍馬慰霊塔があるのは日本だけなのかなぁ

投稿: apuro | 2010年5月29日 (土) 17時24分

楽しい工作が続いています
学校でもこんな授業があればいいです
軍馬ですが 零戦を三菱から運ぶ時
牛車から馬車に変えましたが 最初は
体格がよかったのに終戦時は痩せて
見る影もなかったそうです
インパールでは輸送に使われ
後は食料にするという悲惨な
使われ方をしています 

投稿: あきみず | 2010年5月29日 (土) 20時40分

失礼ながら、明日開催の東京優駿の参考には
まったくならず・・・(太い!)

もっとも、この手の御馬様は知らぬ間に
抹消って事は無いでしょうから案外幸せ?

PS:模型の話でしたね、はははっ!

投稿: ルシファー | 2010年5月29日 (土) 20時53分

>ダービー...
日本ダービーの日は晴れの特異日と思ってましたが、明日はお天気はイマイチみたいですねぇ。オモかヤヤオモになりそうな...。
閑話休題。

ドイツ軍でも牽引車がよく配備されていたのは極一部の部隊だけで、終戦までかなりの大砲が馬匹牽引されていたとのことで、大戦末期の写真を見ると路上で空襲に遭ったのか、斃れた馬たちおり、胸が傷みます。

また、日本軍と同様、スターリングラードをはじめ、各地の戦線で包囲された部隊が馬を喰ってしまった話もあり、もともと食べるための家畜でないだけに、悲惨さを感じる話ですね。

ともあれ、フィールドキッチンを牽いているうちはこの馬達は健在でしょうね。馬がフィールドキッチンを牽いているだけで、人も馬もメシを食べるんだという生活感を十分感じます。
(新版よりもこっちのキットの方が好きだなぁ...)

投稿: XJunで〜す | 2010年5月29日 (土) 22時01分

apuro様、日本軍の輜重部隊には必須の装備だったでしょうね。
非常の場合現地でも徴発可能というのも理由だったかもしれませんが。
完全に相棒だったでしょうね。

投稿: シロイルカ | 2010年5月30日 (日) 08時51分

あきみず様、零戦を牛車で運ぶは知ってましたが馬にも運ばせてたんですか…知りませんでした。

>後は食料にするという
あの状況では当然そうなるでしょうね…

投稿: シロイルカ | 2010年5月30日 (日) 09時03分

ルシファー様、最悪食用に供される…はどっちも一緒ですな…
>知らぬ間に抹消
そう考えるとオープン馬になれるだけでも超エリートということですね。

投稿: シロイルカ | 2010年5月30日 (日) 09時11分

XJunで~す様、東部戦線だと専用のトラクター以外はウマのほうが役に立ったのかもしれませんねぇ。
バルカンの山岳地帯とかもウマが似合いそうです。

投稿: シロイルカ | 2010年5月30日 (日) 09時15分

この方法いいですね。面白いです。
プラのみよりいかにも牽引する力強さが出ているようにみえます。

こりゃ馬シリーズ・・・いや動物シリーズをやってほしい気もします(笑)
どんなアイデアがでてくるのか。

投稿: シミヤン | 2010年5月30日 (日) 09時58分

シミヤン様、面白いですか?それは良かった…
麻紐は若干太過ぎるので使い古しの筆の毛とかも良いかもしれません。

>動物シリーズ
じゃあ来年のお題ということで(笑)

投稿: シロイルカ | 2010年5月30日 (日) 22時40分

まるで生きているかのような動きが表現され
見事であります(羨)

因みに毛に着色って出来るんでしょうか?


投稿: ハヤテ | 2010年5月31日 (月) 23時35分

ハヤテ様、この麻紐はもともとジオラマの下草用に買ったものです。緑を吹くとイネ科の雑草っぽくなります。

鮮やかな色は無理ですが毛の色(茶系の濃淡)はエアブラシで着色すればそれらしく表現できると思います。

投稿: シロイルカ | 2010年5月31日 (月) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 優駿(笑):

» 馬匹牽引... [Hause des XJun III]
1. まずはこちらがT社 Flak38(単品)の箱のイラスト [画像] 画像が小さく見づらいかと思いますが、フィールドキッチンの御者が乗る部分に20mmFlak38を連結しています。単装砲だからできるワザでしょうね。 2. グランパか何かで読みましたが、一線級の部隊でも歩兵師団を中心に師団砲(105mm榴弾砲や15cm歩兵砲の3tクラス)は4頭だての馬匹牽引をしていたそうです。 いかにもドイツ軍が全部自動車化していたように見えるのは、そういう部分の記録映画が多く残っているためで、明らかに「電撃戦」... [続きを読む]

受信: 2010年5月31日 (月) 23時02分

« ユニコーン(笑) | トップページ | 海自祭り-新明和PS-1(その9)あれっ!世傑 »