« パンターG(続き) | トップページ | ダバダ~♪ »

蹄鉄(笑)

会社でファミリーセールなるものを催しておりまして・・・

明日も動員でございます(泣)

なかなか模型をいじる時間もありませんがワールドカップの緒戦を観戦しながら少しだけデティールアップ。

3

蹄鉄です(笑)

装蹄師になったつもりで鍛冶屋の真似事・・・

適当な太さの真鍮針金を馬蹄形に整えてラジオペンチで潰します。

ランダムに潰した方が感じが出ますね~

これを豹の鼻先にぶら下げます(え?)

4

そう、蹄鉄のお守りでした(笑)

ウマはお預けです(陳謝)

1

そして排気グリルのメッシュ・・・

ハセガワのエッチングメッシュの一番細かいヤツを貼り込んで見ました。

塗料の乗りが良くなるように焼きなましておきます(←プライマーは塗らないつもりか?)

2

サッカーの続きを見ます・・・

|

« パンターG(続き) | トップページ | ダバダ~♪ »

模型」カテゴリの記事

コメント

もう迷彩塗装は締め切りましたので、これより迷彩塗装は現地でお願いします(笑)
皆塗装してほぼ完成の勢いの人ばかりなので、手の早い人は現地にてw
あ~あ、そろそろ梅雨ですな・・・模型作るチャンスではあるなぁ

投稿: ⊥TT | 2010年6月12日 (土) 01時24分

おはようございます。
お守り、初めて知りました(勉強不足っす)。
なんか色々考えさせられるような気がします。

あと私のブログからリンク貼らせて頂いてよろしいでしょか?

投稿: @daigo | 2010年6月12日 (土) 06時40分

⊥様、あれっ?迷彩まで進んでいる人は現地で焼くパンを作ると聞いておりますが(笑)

>梅雨
そうですか、アウトドア派にとってはこもって模型を作るのは他にやることがないということなんですね(笑)

投稿: シロイルカ | 2010年6月12日 (土) 09時36分

@daigo様、>お守り
逆さの『福』とかと同じでしょうね、何かしらお守りは持ち込んだと思います。私も適当にやってますが、もしかして両端が下向きは間違ってるかもしれません(汗)
調べて間違ってたら直してみます。

>リンク
こちらこそお願い致します。私の方からもリンクを貼らせていただきます♪

投稿: シロイルカ | 2010年6月12日 (土) 09時42分

エッチングメッシュの丁度いいのが在庫がありませぬので・・ここは知らなかったフリ攻撃の予定であります!

空母の落下防止のだと細かすぎてねぇ・・

投稿: SAIUN | 2010年6月12日 (土) 12時24分

>メッシュ…
私もシカトしましたが、35で見慣れているせいか、マヌケて見えます(困)。

>蹄鉄…
弾除けのおまじないで、ドイツ車輌ではよくありますね。付け方はあまり拘らない様です。

「逆さ福(倒福)」は中国広東あたりのおまじないで、今でも土産である様です。

何でSSの戦車についていたかは判りませんが、彼の地の人達には「福」の字に見えていなかったというオチもありました。(Panzer Colors#3 参照)
ともあれ、各地で「作り込み」が炸裂してますねぇ。私の手抜きモデリングが露呈してしまいます(困)。

投稿: XJunで〜す | 2010年6月12日 (土) 15時33分

グリルメッシュは効果大ですね。
蹄鉄もワンポイントでいいですね~。
やっぱり同じ個体を同時に作るのは面白いですね。

ワールドカップ始まりましたね。
私は今回どうも熱くなれないのです。

投稿: シミヤン | 2010年6月12日 (土) 20時39分

SAIUN様、メッシュやら真鍮線やらは見かけたときに買わないといざ探しても手に入らないですね(不思議)
このメッシュも7、8年前に買っておいたやつです。

投稿: シロイルカ | 2010年6月12日 (土) 22時43分

XJunで~す様、蹄鉄の向きおけーでしたか。
そういえばミッキーマウスのアニメでも郵便飛行機パイロットのミッキーが蹄鉄を飛行機に持ち込んでましたねぇ。

命が掛かってれば当然でしょうか。

投稿: シロイルカ | 2010年6月12日 (土) 22時47分

シミヤン様、何でみんなこんなに進行が早いのかちょっと不思議ですね(笑)
私も今回のワールドカップはJAPANに燃えません…
ここはドイツに頑張ってもらいましょう(笑)

投稿: シロイルカ | 2010年6月12日 (土) 22時50分

蹄鉄
馬に付けるなら二頭分で8個 8個も同じ物を作るのは大変だろうなぁ
と考えていたら

豹のお守りでしたか

一本取られました(笑)

投稿: もず | 2010年6月12日 (土) 22時58分

もず様、まじめな話をするとパンターの前面装甲板はノッペリとしていて模型的にメリハリが欠けるんですね。

コーティングのない場合バトルダメージやらを少し入れたり表面を荒らしたりする方が見栄えすると思うんです。

投稿: シロイルカ | 2010年6月13日 (日) 07時43分

落鉄じゃ、無いのね!

投稿: ルシファー | 2010年6月13日 (日) 08時04分

ルシファー様、昔TVで見たんですが装蹄士さんは鍛冶屋まがいの作業から綺麗な仕上げまで一人でされるんですよね~、まるでモデラーさんです(笑)
山形のあの方なんてやらせると上手そうですw

欧州の土は馬の蹄には悪いようですから案外道端で拾った落鉄した蹄鉄を貼り付けたりしたんじゃないでしょうか。

投稿: シロイルカ | 2010年6月13日 (日) 09時56分

蹄鉄については、wikipediaに記事がありました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/蹄鉄

* プロの装蹄師さんだと、馬の体格や肉付きから判断して最適な蹄鉄を打つそうです。

* お守りとしての蹄鉄についてもいろいろ記述がありましたよ。

投稿: XJunで〜す | 2010年6月13日 (日) 11時09分

ドイツも色んなお守りを作ってるん
ですね 戦車の蹄鉄、は知りませんでした スピナーの渦巻きもアクセント
になりますが 蹄鉄も面白いですね

投稿: あきみず | 2010年6月13日 (日) 17時57分

>お守り・・・・
いいですねぇ~、こういうの大好きであります♪

ワールドカップはイマイチなんですが、
何故か寝不足になってます(苦笑)

投稿: ハヤテ | 2010年6月13日 (日) 18時16分

XJunで~す様、ありがとうございます。
旧陸軍が装蹄技術を重視してたのがよく解りますね。
車を運転できること自体が特殊技術だった時代ですから当然でしょうか。

投稿: シロイルカ | 2010年6月13日 (日) 22時58分

あきみず様、縁起を担ぐのは洋の東西を問わないようですね。
無事生還するたびに愛着が増すのでしょうね。

投稿: シロイルカ | 2010年6月13日 (日) 23時08分

ハヤテ様、フィギュアのテクがあれば蹄鉄を貼り付けて談笑するクルーとかの情景を作ってみたいですね。
戦車がおしゃかになっても蹄鉄だけはそのまま持っていったりしたんでしょうか…
妄想が膨らみます(笑)

投稿: シロイルカ | 2010年6月13日 (日) 23時12分

>ミッキーマウス…
脱線しますが、ミッキーの郵便飛行士って興味深いですねぇ。

サン・テグチュペリの小説にもなっていますが、大戦間の時代は飛行技術そのものや航法技術がまだ十分ではなかったので、その様な仕事は「冒険野郎」のモノだったみたいです。

ディズニーのアニメも深いですねぇ。

投稿: XJunで〜す | 2010年6月13日 (日) 23時42分

XJunで~す様、確か『ミッキーの空の英雄』とかいうタイトルだと思います。

投稿: シロイルカ | 2010年6月14日 (月) 23時52分

今日会社の帰り道で厚木のショップに寄ってみたら、シロイルカ様のお馬さんやケッテンクラートが限定再販になる様です。

金型を保全するための限定再販でしょうけれど、何だか銅鑼のビジネスに似てきた様な気がしますね。

投稿: XJunで〜す | 2010年6月15日 (火) 20時36分

んで・・これはどこにつけるのですか??

ナンでしたら合宿で私のパンターにつけていただいてもOKです(^0^)

投稿: SAIUN | 2010年6月15日 (火) 22時15分

XJunで~す様、>金型を保全するための限定再販
ああ、成る程そういう意図なんですね(初耳)
いずれにせよコイツは見かけたら買っておこう(笑)

投稿: シロイルカ | 2010年6月16日 (水) 01時11分

SAIUN様、正面装甲板に貼り付けてあることが多いようです…って見えませんでしたか(笑)

言わないと解らないDUPもまた楽し(爆)
2、3個作って持って行きます♪

投稿: シロイルカ | 2010年6月16日 (水) 01時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502183/48604862

この記事へのトラックバック一覧です: 蹄鉄(笑):

« パンターG(続き) | トップページ | ダバダ~♪ »