« 蹄鉄(笑) | トップページ | 葦毛・・・オグリキャップ、タマモクロス、ビワハヤヒデ »

ダバダ~♪

ウマで~す(笑)

仕事が忙しいのと模型鬱のダボーパンチで滞っておりましたが、今日はすっと作業に入れました。

今日は塗装前のハーネス(縛帯)の取り回し・・・

キットには0.2mmプラ板が付属しておりますが勿体無いのと質感優先で板おもりを使用。

フィッテイングが良いのでハーネスの表現向き。

1

駄馬だ~♪(盗作)

2

いわゆる繋駕速歩競走にはトロットとペースがあって厳密に区別&チェックされていたようです。

↑コイツはペーサー(だく足)ですかね・・・

絵になる足運びです。

3

ペル君はよく解らない足運びですが並足かトロットのようです。

いずれにせよちょっとお疲れ気味に見えます(笑)

4

駄馬だ~(再度盗作)

5

こいつは正面から見ると味があります。

楽しいね♪

|

« 蹄鉄(笑) | トップページ | 葦毛・・・オグリキャップ、タマモクロス、ビワハヤヒデ »

模型製作記 German field kitchen」カテゴリの記事

コメント

>ダバダー
作り甲斐というか、弄る楽しさが伝わってきます。

>馬…
ウチにも銅鑼の「馬でカーゴ」曳いてるキットがあるんですが…ちょっと二の足踏んでます(困)。

投稿: XJunで〜す | 2010年6月16日 (水) 07時44分

動物のキットは肌そのものと筋肉が
丸分かりですから 表現が大変そう
です 足の運びや頭の状態など
生き生きしています

投稿: あきみず | 2010年6月16日 (水) 11時13分

♪うーまンボ!♪
側対歩はトップヘビー(騎乗&駄載)
に有利らしいね。
コブがあるラクダがそれ。
トロットは牽引力と速度重視?
ともあれタテガミの具合がいいですね!。

投稿: apuro | 2010年6月16日 (水) 18時56分

18頭立て、18番人気。
単勝240倍って感じですね。

恐らく、土砂降りのどろんこ馬場、勿論ダートで運良くスタートが決まり、逃げ残りのパターン!

もう、50cm前も見えないくらいの豪雨での出来事・・・・

舞台設定がウマくないってか?

投稿: ルシファー | 2010年6月16日 (水) 20時25分

XJunで~す様、>馬でカーゴ
そいつは楽しみです。

CO2の排出規制で馬が見直されることは無いんでしょうか?
(カイバ喰うからダメ?)

投稿: シロイルカ | 2010年6月16日 (水) 22時40分

あきみず様、これは企画勝ちですね…
この頃のタミヤには牽引者の矜持を感じます。

>表現が大変そう
確かに初めて見たときにたてがみと尻尾はどうにかならんか…と思ったのを覚えてます。

投稿: シロイルカ | 2010年6月16日 (水) 22時59分

apuro様、>側対歩
乗った場合上下動が少なくて疲労しないんでしょうね。
『だく足』というとシートン動物記を思い出してしまう私です。
駄載といえば陸軍の山砲部隊は一頭当たり砲弾六個振り分け荷物にして運ばせたそうですね。
一瞬で打ち尽くすと思うんですが…

投稿: シロイルカ | 2010年6月16日 (水) 23時08分

ルシファー様、サラブレッドを見慣れると駄馬は別の生き物に見えますねぇ(笑)

心肺能力だけ以上に発達した奇形のようなもんですから軍馬には向きませんね、きっと…
3,200m以上走らせたらバテるんでしょ(笑)

投稿: シロイルカ | 2010年6月16日 (水) 23時13分

>CO2排出規制…
「馬匹牽引」というと4頭立てで榴弾砲を曳くとかできれば凄いなとは思いますが、腕も根性もついていきませぬ。orz

投稿: XJunで〜す | 2010年6月17日 (木) 08時07分

軍馬そのものですね、足腰が強そう♪

そう言えば時代劇に出てくるお馬さん・・・
あの時代にサラブレッドが日本にいましたっけ?

投稿: ハヤテ | 2010年6月17日 (木) 23時39分

XJunで~す様、いいじゃないですか、模型は買うときもとても楽しいんですから(さる模型誌ライターさんの至言)

投稿: シロイルカ | 2010年6月17日 (木) 23時51分

ハヤテ様、当時の日本在来種を使うと黒澤作品にはならないでしょうね(笑)
体高がまずぜんぜん違うようですね…

明治期の騎兵隊の使ってたウマも五十歩百歩(高級将校はともかくとして)ですもんね。

投稿: シロイルカ | 2010年6月17日 (木) 23時57分

だく足のマスタング・・たしかシートン動物記にありましたよね~!!(懐かしい・・・)

当日これも持ち込みでつかっ!!

投稿: SAIUN | 2010年6月18日 (金) 05時51分

SAIUN様、おおっ!だく足の野生馬ご存知でしたか…シートンに書かせるとみんな誇り高い生き物に思えますよね~

ところで5月に『大哺乳類展』(国立上野博物館)に行ったんですがシートン動物記のコーナーがあってシートンの原画が展示してありました。
スケッチもめちゃ上手でした…さすが。

http://www.asahi.com/mammal/topics/TKY201002250355.html

投稿: シロイルカ | 2010年6月18日 (金) 09時43分

随分と御無沙汰してしまいました(陳謝;)
私は午年生まれでありますw
なので馬の気持ちがよく分かります。
パドックで目が合っただけで気持ちが通じます。

彼こそ、ばんえい競馬スーパーペガサスの子孫なのは内緒であります♪

投稿: hagu | 2010年6月19日 (土) 20時53分

hagu様、お久しぶりです♪
>ばんえい競馬スーパーペガサスの子孫
ふふふっ、気付きましたか、彼は伊号潜水艦で日本から独逸への技術供与でやって来た道産重種であります…
最高出力十馬力(笑)DB601のお礼であります。

投稿: シロイルカ | 2010年6月20日 (日) 01時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダバダ~♪:

» 蹄鉄(?)... [Hause des XJun III]
関東軍シロイルカ様のところで、お馬の話題で盛り上がってますので、関連ネタをばひとつご提供... 《我が家のお守りの蹄鉄(?)...》 [画像] 十数年前に何かのイベントで出ていた「競走馬用の蹄鉄」であります。 ?付きなのは、一般の家畜用なら鉄製なのですが、競走馬用ということでアルミ製で極軽量にできております。 表面処理からすると、どうやらアルミ鋳造製のようで、あまり高級品ではないのかもしれません。 ご利益は...よくわかりませんが、この10年無事に過ごしているところを見ると、厄よけにはなってい... [続きを読む]

受信: 2010年6月16日 (水) 20時55分

« 蹄鉄(笑) | トップページ | 葦毛・・・オグリキャップ、タマモクロス、ビワハヤヒデ »