« 下駄履きキャンペーン(番外)-アラドAr196 A-3 | トップページ | アラドAr196 A-3(その3) »

アラドAr196 A-3(その2)

暑い・・・

ついこの間まで震えながら作っていたのがウソのようです。

この時期だんだん塗装をするのが億劫になりますな(わたしだけ?)

早いところ宿題を終わらせて次に行きたいので機内の造作

とはいっても床を着けてフィギュアを乗せて終わりにします。

男らしく追加工作なし!!なしといったらなし!

1

このキット下手にいじり出すとフルスクラッチ必至ですもん(笑)

後席の人の腕があまりにもアレだったのでそこだけは直しました。

あ、機銃も連装だったのでジャンクの単装機銃に付け替えです。

あとは色を塗っておしまいにします。

2

エンジンもプッシュロッドとプラグコードをそれらしく追加してオシマイ。

カムカバーバルジのところまでエンジンがあるはずですがそれを追求しだすとカウリングを広げて9気筒の星型エンジンを捜さなきゃ・・・になっちゃいます。

3

ペラも付け直し・・・

顔が多少はきりっと締まりましたかねぇ(笑)

|

« 下駄履きキャンペーン(番外)-アラドAr196 A-3 | トップページ | アラドAr196 A-3(その3) »

模型製作記 Ar196 A-3」カテゴリの記事

コメント

たぶん違うでしょうが ビスマルクにも搭載されていたんでしょうか? 幼少の頃に作ったタミヤの350ビスマルクにこんな飛行機が付いていたような
なかったような・・・・
なんとなくですが 恰好のいい艦載機だと思った記憶があります


ドイツ軍機でいいんですよね?(まずそこからが怪しいw)

投稿: もず | 2010年7月 4日 (日) 16時26分

もず様、この機体艦船モデラーさんの認知度高いですねぇ。
>ビスマルクにも搭載
多分コイツで正解です(わたしも怪しい 笑)。
カタパルト用水上機と英語で書いてありました(笑)

投稿: シロイルカ | 2010年7月 4日 (日) 16時38分

いやいやいやいや。
こういうトキこそスクラッチ。w
もっともっとスクラッチ。
とことんヂゴクを味わってこそ、、。
「他人の苦労は蜜のあじー。」ww

投稿: apuro | 2010年7月 4日 (日) 18時04分

エアのフィギュアは本体よりも出来が良くて好きなんですが

アタシも股間に手を添えるポーズは、いかがなものかと
常々思っておりました。

投稿: 怪傑店長 | 2010年7月 4日 (日) 19時49分

apuro様、>他人の苦労は蜜のあじ
う~ん、このキットの内側に鋼管フレームを造作して作りこんであるのも見ましたがドMの所業ですよ(笑)
エアの古いキット、あまり手を入れるとエアらしさがなくなる恐れがあるので適当にっと(口笛)

投稿: シロイルカ | 2010年7月 5日 (月) 00時07分

店長様、>本体より出来がいい
あまり大きな声では言えませんがその通りですねぇ(爆)
この機銃手殿は手錠を嵌められているような情けないポーズだったので手術です…
パイロットは股間を両手で押さえております(笑)

投稿: シロイルカ | 2010年7月 5日 (月) 00時12分

アラドの水上機w
だれがこーいう、わざわざ銭を出して苦労を買うようなキットを買ってくるんでしょうかね(笑)
最近は合宿のためにわざわざ買って来る野郎がいるらしいですがw

投稿: ⊥TT | 2010年7月 5日 (月) 01時19分

⊥TT様、コレ、基本は悪くないと思うんですがクリアパーツでモチベだだ下がりです。
宿題として作るならば完成させるだけで皆様に納得していただけるかと(笑)

投稿: シロイルカ | 2010年7月 5日 (月) 01時33分

エアのキットはお約束でしょうねぇ。
解っていながらそれでも買ってしまう私・・・結構Mなのかもしれません。

投稿: @daigo | 2010年7月 5日 (月) 06時04分

@daigo様…>結構M
肯定はしませんが何かの症状であることは間違いありませんねえ。
何か作っているうちに愛着がわいてくるのはなぜだろう(爆)

投稿: シロイルカ | 2010年7月 5日 (月) 09時39分

そうそう、シュペーにも乗っていました。
私が始めて作った独逸機です。1/350ですが(笑)

投稿: ハヤテ | 2010年7月 5日 (月) 19時35分

ハヤテ様もシュペーですか…
私ってドイツ艦造ったことないんですよね。
兄貴がテルピッツ作ってたのを見たぐらいです。
有名機だったんですね…(汗)
でも知ってたらさらっと作れないからこれでいいのだ!(Byバカボンのパパ)

投稿: シロイルカ | 2010年7月 5日 (月) 21時46分

ドイツの海軍と空軍は嫌煙、もとい犬猿の仲。
どっちかというと、このアラドしか持たせてくれなかったのを大事にどの艦船にも載せてたようなものではないかと思います。

でも、どんな運用をしていたんでしょうかね???
通商破壊戦というと、「輸送船に忍び寄っていって...」というイメージがあるので、派手に偵察機飛ばしていたんだろうか???という素朴な疑問。

投稿: XJunで〜す | 2010年7月 5日 (月) 22時48分

XJunで~す様、ペナンにはドイツの潜水艦基地もあった様ですから周辺の哨戒用ではないでしょうか…

インド洋からロリアンに戻るのは命懸けだったでしょうからねぇ。

投稿: シロイルカ | 2010年7月 5日 (月) 23時33分

「只今からきりもみに入る、○玉を握っておれ!」
・・という特殊な設定なのかもしれませんねw
日本水上機とは一味違うフロートの支柱構造も魅力的であります♪

投稿: hagu | 2010年7月 6日 (火) 02時28分

hagu様、そうか、この機体は素性が良く各種特殊飛行容易にて○玉を握ったままでも水平飛行が可能…
足で操縦桿を押さえなくても弁当が使えるぞと言ったとかいわないとか(笑)

投稿: シロイルカ | 2010年7月 6日 (火) 06時49分

暑さはこれから本番よ・・・・
近いから状況が手に取るように分かる。
エアコン無しは地獄だね!

投稿: ルシファ | 2010年7月 6日 (火) 17時25分

ルシファ様、バチカンも蒸しますかw
ひと雨来ると多少涼しくなるので夜は何とかしのいでます。

投稿: シロイルカ | 2010年7月 6日 (火) 19時50分

エアのキットは完成すると全体形はエエ味出していますんでそれはいいのですが
小物の出来が凄まじい(笑)

たぶん私も同じHPを見たんだと思いますが
いかにも欧米作品的なこのキットをカタパルトもスクラッチして作り込んだ作品ページがありましたね~。

書かれておられるようにこのキット
弄り始めるとキット自体は芯になるだけという感じで弄りたおさなきゃならないと思いますので
素組みで正解かも(笑)

投稿: シミヤン | 2010年7月 7日 (水) 00時02分

シミヤン様、この機体人気者なんですねぇ、WEBでも画像や線図に事欠きませんけど本気で手を入れようなんて思うと半年コースですわ(笑)
ご指摘の通りこのまま味を楽しむのが正解ということですね。

投稿: シロイルカ | 2010年7月 7日 (水) 00時19分

>エアヒックス...
何だか「イタレリ尽くせり」のAFVの様な感じですね。
多分型ズレとかも同じ程度かと...
でも、パーツではドン引きするけど、塗装まで終えると「不思議と雰囲気」があるってのは欧州キット(除 独逸レベル)の特性なんですかねぇ???
ガレージキットとかは良い意味で物凄いのがあるのに不思議です。
(コツコツ手作りで自分なりに作り込む人用に設計してあるのかもしれないと最近真面目に思うようになりました)

投稿: XJunで〜す | 2010年7月 7日 (水) 23時05分

XJunで~す様、エアヒックスの場合で言うと原型が良いんでしょうね。
金型の技術が原型の良さに追いついてないんでしょうねぇ…
原型製作者≒スクラッチモデラーの裾野が広い感じがしますね(想像ですが)

投稿: シロイルカ | 2010年7月 7日 (水) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アラドAr196 A-3(その2):

« 下駄履きキャンペーン(番外)-アラドAr196 A-3 | トップページ | アラドAr196 A-3(その3) »