« アラドAr196 A-3(その5) | トップページ | アラドAr196 A-3(その7)-完成 »

アラドAr196 A-3(その6)-マスキング地獄!!

デカール死んでます・・・

ということで今回は全てマスキングで処理いたしました。

コードレター?はT3○LKといたしました・・・

1

この機番にいたった理由は↓をご覧になってくだされ。

http://shimiyan21.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_60c7.html

追記:上記URL記事のコメント欄でペナン基地のアラド機番号の考察についてのやり取りが交わされております。

『L』に深い理由はございませんが敢えて言えば『マスキングが楽』(爆)

欧州キットの常で逆卍は含まれておりません(あっても使えないでしょうが 笑)

なのでコレもマスキングにて処理します。

暑い~~~~いらいらいらいら~~~~~

2

なんといいますか、この塗装にすると独逸機の面影が無くなってしまいます。

オレンジイエローのラインのせいですね・・・

迷ったんですけど・・・WEBで見たタミヤ/イタレリのアラドのデカールに味方識別帯のデカールが入ってたんで思わず入れてみました。

入れないほうがそれらしかったかな・・・

3

まだまだ、これからタッチアップ地獄です(笑)

4

ここはどんなに自分の好みに脚色しても文句の出ようが無いのがいいです(笑)

まさに作ったもん勝ち(笑)

ほんとにこんな塗装で飛んでたら楽しいですね・・・

|

« アラドAr196 A-3(その5) | トップページ | アラドAr196 A-3(その7)-完成 »

模型製作記 Ar196 A-3」カテゴリの記事

コメント

ふむふむ。 若鶏モモ肉g88エンね。
つか、なんすか。コノ「源文」的機体は!。
ホントにあったんだろか??。 コレ。
スヴァチカさえなければ自然とだませるモノをw
私だったら報国なんたらで逃げ切っちゃうぞ。
うはははははー。
でも、ヒノマル似合うねぇ、、。

投稿: apuro | 2010年7月18日 (日) 18時24分

apuro様、>小林源文
ビルマのティーガーⅠとかですか?
日本海軍の指揮下に入るにあたり識別標識だけ塗り替えたという仮定です。
逆卍なしだとIDがなくなっちゃうと思うんですよ…自分がドイツ人なら残しますね(笑)

投稿: シロイルカ | 2010年7月18日 (日) 19時20分

>迷彩
ダークグリーンとグレーの迷彩なんでしょうか?
やっぱり海軍所属機体なので、少し空軍とは迷彩が違うんですか?

投稿: XJunで〜す | 2010年7月18日 (日) 20時05分

一瞬零式に見えたのは私だけでしょうか(笑)

ありですね~、妄想が膨らんでいくような楽しみ方。
好きです♪

投稿: ハヤテ | 2010年7月18日 (日) 20時41分

XJunで~す様、ううっ、指定はダークグリーン×オリーブグリーンだったんです、褪色した感じを出したくてグレーを混ぜすぎたようですね(汗;)
これから盛大にハゲチョロ塗装予定

投稿: シロイルカ | 2010年7月18日 (日) 21時23分

ハヤテ様、零式水偵でしょうか、確かに正面から煽ると似てますねぇ♪
零式水偵は私の好きな機体ベスト3に入ります(だからどうした・・・笑)
最新キットが欲しいですねぇ~~~

投稿: シロイルカ | 2010年7月18日 (日) 21時33分

逆卍はAFVのテンプレートを見かけた覚えがありますが、スケールが35かなw
文句言いつつ最後までちゃんと作ってますなぁ、すごい忍耐力に脱帽です(笑)
ハゲチョロは程度が難しいですな、ワシもこれから悩みます(爆)

投稿: ⊥TT | 2010年7月18日 (日) 21時44分

>零式水偵...
ホント、よく似ていますよね。
空力特性も似ているなら、比較的弱いカタパルトでもふわっと発進できたのでは???
(零式小型水偵を載せていた日本の潜水艦のカタパルトは確か空気圧式だったハズ)

投稿: XJunで〜す | 2010年7月18日 (日) 23時08分

⊥TT様、22型の応急迷彩は楽しみです♪
と、プレッシャーをかけて見たりする(笑)
あの機体はスピナーも斑に見えるしUIが消してあるように見えるのをどう解釈するかで仕上げが変わりますよね~
あ、箱絵の機体に決めつけてしまったw

>忍耐力
愚痴りながら仕上げるのが芸風ということで(爆)

投稿: イロイルカ | 2010年7月18日 (日) 23時11分

あ、金魚の方か…
XJunで~す様、有難うございます。確かにイボ付きカウルにフロート支柱の感じなんか小型水偵にそっくりだ…
そういえばペナン基地には巡潜乙型も入港したでしょうから『そっくりさん』ご対面も考えられ・・・(以下妄想なので略w)

投稿: シロイルカ | 2010年7月18日 (日) 23時20分

きましたね~、ペナンのアラド。
この機体、日本の仮装巡洋艦に搭載されたと言っても違和感はなさそうですね。
なんか、帝国海軍仮装巡洋艦を作りたくなってきたなぁ・・・。

ジャンクに日本の小型爆弾ありませんか?
対潜哨戒用につけましょう!

投稿: シミヤン | 2010年7月19日 (月) 01時15分

これは実感あります♪日本機と機影が違うので
識別帯がないと味方討ちの危険もあったのでは・・などと想像しております。

デカールが死んでいたと聞いて私だけではなかったと胸を撫で下ろす私w
そして見事なマスキング塗装にあっけにとられ(涎;)
ふ~JPSの文字の曲線が難しかったんです・・
(試みもしなかったくせにっ爆;)

投稿: hagu | 2010年7月19日 (月) 01時50分

シミヤン様、機番号の件リンクをかけさせていただきました(感謝)
ああいう考証が無償で閲覧できるのもネット時代のありがたさですね・・・
タミヤ・イタレリのキットが出たせいでアクセス増えたんじゃないですか?

>ジャンク
どっかから六番を調達します♪

投稿: シロイルカ | 2010年7月19日 (月) 06時11分

hagu様、ありがとうございます。こちらもマレーペナンGP仕様です(爆)
>マスキング塗装
マスキングの切り出しはA4のクリアフォルダーにデカールを挟み上からマスキングテープを貼ってトレースしてます(この方法はnananiya72師匠に教えてもらいました)。
『3以外は』直線なんでそれほど手間かかりません・・・JPSは・・・難しいかなぁ(金文字だし)

投稿: シロイルカ | 2010年7月19日 (月) 06時20分

ぃやぁ
凄く御無沙汰になってしまいますたが
皆様・管理人様
お元気でしょうか?
相変わらず精力的に飛行機を進めてらっしゃいますね
自分も・・・戦闘機やりたくなります。


さて、
御報告です
以前、話題にでたバンド活動ですが
本日、10年以上振りにスタジオに入ってみま~す!
楽しみ~

投稿: Tucker | 2010年7月19日 (月) 11時06分

Tucker様、バンド活動再開ですか♪
前のメンツでやるにしろ、新しいメンツでやるにしろ新鮮な楽しさがありますよ~
絶対楽しいかと・・・

やりすぎて嫁さんの不興を買わないように気を付けて下さい(何を隠そう私のこと・・・笑)

投稿: シロイルカ | 2010年7月19日 (月) 17時48分

♪轟沈!轟沈!!♪

歌いたくなってきました(笑)

完成乙であります♪

投稿: SAIUN | 2010年7月23日 (金) 20時30分

SAIUN様、潜水艦や水上機って海の男のお仕事感が強いですよね。インド洋の潜水艦乗りは輸送任務に比べると士気が高かったのかな~やっぱり。

投稿: シロイルカ | 2010年7月24日 (土) 06時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アラドAr196 A-3(その6)-マスキング地獄!!:

« アラドAr196 A-3(その5) | トップページ | アラドAr196 A-3(その7)-完成 »