« アラドAr196 A-3(その4) | トップページ | アラドAr196 A-3(その6)-マスキング地獄!! »

アラドAr196 A-3(その5)

いや~暑いですね・・・

夏になると艦船や水上機に気持ちがシフトしていくシロイルカです(笑)

アラ?と思ってると、ドドドのアラド(hagu様のコメからパクリました・・・ハイw)も塗装前の最終仕上げ(というより昨日からほとんど進んでないのよ・・・日曜の夜は更新したいという気持ちだけの記事です)

1

エルロンとエレベーターが可動なので動翼に表情を付けてみました。

着水直前の低速状態で右翼が下がり気味のところにエルロンで当て舵などと妄想してますが実際に操縦したことはないのでまったくのフィクション・・・細かい突っ込みはよしましょう(笑)

2

この角度・・・しびれます・・・水上機の色気が漂って何ともいえませんわ~♪(←変態)

3_2

このスタンドに乗せて着水寸前のジオラマ風にさせていただきます(つまり水面は作らないということ・・・笑)

4

写真映えしますね~

アラ?と思ってるとドドド(まだ言うかwww)

|

« アラドAr196 A-3(その4) | トップページ | アラドAr196 A-3(その6)-マスキング地獄!! »

模型製作記 Ar196 A-3」カテゴリの記事

コメント

2枚目の画像、支柱と張線のコントラストが
特に2枚目であります♪
ドドド>もしや水面の変わりに魚雷を作られるという符号・・(ええっ爆;)
エルロンとエレベーターが可動・・
きっと色々と表情を変えて楽しんでおられるのでありましょう(涎;)

投稿: hagu | 2010年7月11日 (日) 21時58分

申し訳ありません、魚雷→魚雷艇の誤りであります(汗;)

投稿: hagu | 2010年7月11日 (日) 21時59分

hagu様、あまりにもいい感じだったのでコメをパクらせていただきました。
>魚雷艇
ううむ、魚雷艇に日本軍から支給された6番爆弾を叩き込む場面…萌える♪
想像するだけでドドド(笑)

投稿: シロイルカ | 2010年7月12日 (月) 05時54分

このように全部一度組み上げて
完成時の雰囲気を掴む様な製作を
した事無いので、新鮮味を感じます
エァーの透明スタンド以外に役に
立ちます 最近はスタンドの付いた
キット無いですから

投稿: あきみず | 2010年7月12日 (月) 16時41分

アラ?(;゚Д゚) ドドドドド。
あっというまにカタチになっちゃった。
今回は一点集中「どんぶり喰い」??。
この状態からいかにして塗装するのか?。
おそろしや、、。

投稿: apuro | 2010年7月12日 (月) 18時08分

今日厚木のショップでタミレリの箱絵を見たら、「カタパルトから射出した瞬間」という絵でした。不思議な形の台車でした。翼面荷重が低そうなので飛び上がれるのかな?

投稿: XJunで〜す | 2010年7月12日 (月) 22時13分

あきみず様、仮組み好きということで笑って見てやってください…
支柱の整形とか塗装の前に終わらせておきたいんですね(笑)
ある意味戦車モデラーさんに近い感覚かも…

投稿: シロイルカ | 2010年7月12日 (月) 22時15分

apuro様…う~ん塗装はマスキング地獄ですね(笑)
支柱は最後にタッチアップでしょうね。
でも、未塗装でここまで組み上げるのも中々いいと思いませんかw

投稿: シロイルカ | 2010年7月12日 (月) 22時20分

XJunで~す様、ああ、ほんとだ…台車は使い捨てじゃないのか…
低速時の安定性とかも良さそうだから苦も無く飛び上がれるんでしょうかね。

投稿: シロイルカ | 2010年7月12日 (月) 22時29分

こうなってくると、エアのキットは素敵に見えてくるんですよねぇ、不思議と。手にとって「ぶ~ん」てやりたくなります。
張り線がいいインパクトになって精密感が出てると思いますです。

投稿: @daigo | 2010年7月12日 (月) 22時44分

@daigo様、確かにそうですねぇ、子供の頃買って貰ったミニカーの感覚に近いですかね…
あ、もちろんトミカなんてまだ無い時代の(笑)
自分が運転手(パイロット)なんですよね~

投稿: シロイルカ | 2010年7月12日 (月) 23時00分

これを持って、タガマヤへGo!

投稿: ルシファ | 2010年7月15日 (木) 18時11分

ううう、ルシファ様…タガマヤ…

投稿: シロイルカ | 2010年7月15日 (木) 23時59分

フロート支柱がマスキングの困難さを助長しているような…

機銃を持って空戦も出来る水上機は日本軍のお家芸ですが、
この機体は「瑞雲」に近いような気がします。
まぁ。個人的な感想ですが。

投稿: シミヤン | 2010年7月18日 (日) 10時46分

シミヤン様、水上機が空戦で陸上機に対抗できるか…という問題はともかくとして、この分野に傾注された技術陣の努力には頭が下がりますねぇ。
しかし瑞雲と晴嵐は性格が被ってますね…
この一機種で戦いきった独逸のことを考えるとどちらが正解だったのか…

投稿: シロイルカ | 2010年7月18日 (日) 12時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アラドAr196 A-3(その5):

« アラドAr196 A-3(その4) | トップページ | アラドAr196 A-3(その6)-マスキング地獄!! »