« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

海自祭り-新明和PS-1(その11)めんどくせ~

モールド再生完了・・・背中の高揚力システムの給排気用のモ-ルドあたりが複雑なんですけど途中でわけ判らなくなったので適当に終了(笑)

塗り分けでそれらしく見せましょう。

というわけで塗装開始しました。

2

日の丸とプロペラ警戒線を赤く塗ってマスキング・・・

そして黒いところを先に塗ったところです。

黒はかなりグレーを混ぜてます、ところがまたアクリルお得意のノズルのつまりが発生!

くっそ~頭にきた・・・

というわけで掟破りのグンゼMrカラーのシンナーで溶いてみました。

(だったらMrカラーにしなさいって 笑)

ノズルのつまりが解消して案外うまくいったんでこれからもやることにします(え?)。

3_2

さて・・・これから黒い部分をマスキングして→白→グレーの順に吹いていきます。

が、疲れたので今日はここまでにします。

4

なにしろデカいんで1回モチベが下がると『じゃまくさい』モード全開になります。

平日は見るのもめんどくせ~感じです(笑)

5

早く終わりにしたい・・・

| | コメント (22) | トラックバック (1)

海自祭り-新明和PS-1(その10)再開

PS-1に戻りました。

6/1以来ですから2ヶ月近く放置してたのか・・・

おかげで締め切りまで後わずかです(笑)

萎えて放置の原因になった主翼と補助フロート、魚雷ポッドをつなぐ支柱は接着せずに整形まで終わらせて接着直前状態にしました。

1

だいぶモチベが戻りました。

世傑を見て気付いた修正を数箇所・・・

2_2

脚庫の水抜き用穴(両側)

3

試作一号機の証、大型ピトー管

4

最終仮組み

実はナセルの整流板ですが試作一号機には最初付いていません。

波消しチェインのスリットを付ける改修と内側二機のナセル整流板の取り付けが同時に行われています。

つまり整流板をつけるならスリットもあける必要が・・・

『パス』(爆)

5

もうあと付けるものはアンテナぐらいですか。

さて・・・塗装じゃ

やる気が起こらんぞ~(笑)

| | コメント (18) | トラックバック (0)

アラドAr196 A-3(その7)-完成

Arado Ar 196 A-3 (incorporated IJN )

完成です♪

1

昭和19年2月・・・ペナン基地

『お~いハインツ・・・今日からヤーパニッシュのロクバン爆弾をつむことになったぞ。』

『中尉殿・・・これでトミーの哨戒艇に爆弾を叩き込めますね』

『うむ、ロクバンは60kgだから我が軍の50kgと同じように使えるはずだ・・・』

『中尉殿・・・爆弾架を改造に出したらバルケンクロイツを消されちまいましたね』

『しょうがないさ(笑)、インド洋から東には大ドイツの飛行機は俺たちの2機だけだ』

『日本軍のFLAKに間違って撃たれるよりはましってことですかね・・・』

***********************

というわけで日本海軍指揮下に入り日の丸を付け(られ)たアラドの雄姿です。

2

単機で哨戒を行っているペナン基地のアラドをイメージ。

3

六番の爆弾と爆弾架はフジミの零観から持ってきました。

トミーの哨戒艇に6番を叩き込め!!の場面です。

日の丸をつけたアラドの同乗者には帝国海軍の搭乗員が選ばれたこともあるようです。

訂正:ドイツ軍のパイロットが日本の搭乗員を同乗者にして零観を操縦したこともある

ということです。

4

ちょっとスワスチカが大きすぎたようです・・・ ご愛嬌ということで(笑)

歴戦の機体らしく派手目にハゲチョロ入れてます♪

5_2

インド洋Uボートの守護神・・・は大げさか(笑)

| | コメント (22) | トラックバック (1)

アラドAr196 A-3(その6)-マスキング地獄!!

デカール死んでます・・・

ということで今回は全てマスキングで処理いたしました。

コードレター?はT3○LKといたしました・・・

1

この機番にいたった理由は↓をご覧になってくだされ。

http://shimiyan21.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_60c7.html

追記:上記URL記事のコメント欄でペナン基地のアラド機番号の考察についてのやり取りが交わされております。

『L』に深い理由はございませんが敢えて言えば『マスキングが楽』(爆)

欧州キットの常で逆卍は含まれておりません(あっても使えないでしょうが 笑)

なのでコレもマスキングにて処理します。

暑い~~~~いらいらいらいら~~~~~

2

なんといいますか、この塗装にすると独逸機の面影が無くなってしまいます。

オレンジイエローのラインのせいですね・・・

迷ったんですけど・・・WEBで見たタミヤ/イタレリのアラドのデカールに味方識別帯のデカールが入ってたんで思わず入れてみました。

入れないほうがそれらしかったかな・・・

3

まだまだ、これからタッチアップ地獄です(笑)

4

ここはどんなに自分の好みに脚色しても文句の出ようが無いのがいいです(笑)

まさに作ったもん勝ち(笑)

ほんとにこんな塗装で飛んでたら楽しいですね・・・

| | コメント (18) | トラックバック (0)

アラドAr196 A-3(その5)

いや~暑いですね・・・

夏になると艦船や水上機に気持ちがシフトしていくシロイルカです(笑)

アラ?と思ってると、ドドドのアラド(hagu様のコメからパクリました・・・ハイw)も塗装前の最終仕上げ(というより昨日からほとんど進んでないのよ・・・日曜の夜は更新したいという気持ちだけの記事です)

1

エルロンとエレベーターが可動なので動翼に表情を付けてみました。

着水直前の低速状態で右翼が下がり気味のところにエルロンで当て舵などと妄想してますが実際に操縦したことはないのでまったくのフィクション・・・細かい突っ込みはよしましょう(笑)

2

この角度・・・しびれます・・・水上機の色気が漂って何ともいえませんわ~♪(←変態)

3_2

このスタンドに乗せて着水寸前のジオラマ風にさせていただきます(つまり水面は作らないということ・・・笑)

4

写真映えしますね~

アラ?と思ってるとドドド(まだ言うかwww)

| | コメント (15) | トラックバック (0)

アラドAr196 A-3(その4)

塗装前にいろいろとやらなくてはならないことが残ってます。

まずは排気管・・・キットではきっぱりとオミットされてますね・・・

WEBから引っ張ってきた線図を参考にでっちあげます。

1

排気管の間にあるインテイクもむくだったので開口します。

ちょっとした工作でいぢった感の出るおいしい工作です♪

そしてフローと支柱間に斜交いに走っている張り線・・・

2

フロート支柱周りのごちゃごちゃ感はレトロ水上機全般のチャームポイントだと思います。

キット純正のスタンドに乗せてみました。

何かドイツ機というよりはイギリス機みたいに見えてきます。

多分イギリス人もこの機体が大好きなんでしょうね(笑)

3_2

フロート支柱全景・・・これをカタパルトから打ち出すのはすごいですね・・・

台車は自然落下するから引っかかったりしないのかなあ。

4

びっくりしたんですけどコイツ20mm機銃が二丁も装備されてるんですね・・・

魚雷艇なんか木っ端微塵にしてくれるわ~(笑)

コレにプラス六番の爆弾が二個だから二式水戦並みの強武装を誇っているわけですね。

5

ペナン基地の哨戒は俺たちに任せろ・・・っていう感じですな。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

アラドAr196 A-3(その3)

フィギュアを塗装・・・

ペナン基地のドイツ搭乗員の服装の資料なんぞ無いのでとりあえず普通にライフジャケットをオレンジ、飛行服をブルーグレーです。

1/72なんでうまく塗れません・・・・ぐあっ・・・あちこちはみ出してる。

3

1/72というスケールに限界を感じるなぁ・・・

4

とりあえず具はおしまいにして蓋をしました。

あとは合わせ目を整形してキャノピのマスクで塗装に入ります、

やっつけに見えますかぁ??

そのとおりですよ~

あ!もう一箇所追加工作、フロートのえ~と・・・何だ・・・補強の金属線

0.4mmの真鍮線を貼り込んでおきました。

1

今回は早いでしょ(笑)

エアヒックスに嵌るのは地獄行きだもんね・・・

2

皆さんの言うとおり雰囲気はバッチリですなぁ(感心)

| | コメント (18) | トラックバック (0)

アラドAr196 A-3(その2)

暑い・・・

ついこの間まで震えながら作っていたのがウソのようです。

この時期だんだん塗装をするのが億劫になりますな(わたしだけ?)

早いところ宿題を終わらせて次に行きたいので機内の造作

とはいっても床を着けてフィギュアを乗せて終わりにします。

男らしく追加工作なし!!なしといったらなし!

1

このキット下手にいじり出すとフルスクラッチ必至ですもん(笑)

後席の人の腕があまりにもアレだったのでそこだけは直しました。

あ、機銃も連装だったのでジャンクの単装機銃に付け替えです。

あとは色を塗っておしまいにします。

2

エンジンもプッシュロッドとプラグコードをそれらしく追加してオシマイ。

カムカバーバルジのところまでエンジンがあるはずですがそれを追求しだすとカウリングを広げて9気筒の星型エンジンを捜さなきゃ・・・になっちゃいます。

3

ペラも付け直し・・・

顔が多少はきりっと締まりましたかねぇ(笑)

| | コメント (22) | トラックバック (0)

下駄履きキャンペーン(番外)-アラドAr196 A-3

宿題キットですが、多数決でえあひっくすのアラドになりました・・・

バルカン砲は今参加中の祭りキットたちがひと段落したら取り掛かります。

まずは仮組み~

案外さくさくと形になりますがひけや表面の荒れはさすがにキビシイものがありますね~。

1

特にスピナーの型ズレがひどいので一回ペラを切り飛ばしてモーターツールでぶん回しながらドリルレース。

ココは飛行機の顔なのできちんとしてあげたいトコロ。

2

あとイタイ出来なのはクリアパーツです・・・

あまりにも分厚いので気休めですが縁を削りました。

3

エンジンの出来は・・・こんなもんでしょう。

開口部が広いのでよく見えますからプラグコードぐらいはつけましょうかねぇ。

半日で仮組み完了・・・このあと一度バラしてコクピを造作します(すっからかんですが 笑)

4

デカールの干物(笑)

ところでペナン基地のアラド・・・

WEBでみると独軍のようなコードレターですが本当でしょうかねぇ(謎)

****************************

追記:WEB上でシミヤン様とt-wak様のやり取りを見つけました。

なるほど元は独仮設巡洋艦(武装商船?)の搭載機なのですね(納得)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

ベースをつくりませう

宿題キットはまだ決まりませんが(笑)

モチベの高いうちにベースを作ります・・・

半年振りに『ウメール』登場!

使いまわしのディスプレィケースにウメールを盛ります。

半乾きのうちに車輪の轍とウマの足跡をつけました。

1

丸一日放置、

完全に雨上がりのぬかるみ状態です・・・

ダート、重馬場ですね・・・

2

このディスプレイケース・・・大きさがこのキットを納めるのにピッタリです。

さて、ここまで来たら一休み。

次は宿題かPS-1か

3

ペナン島の日の丸アラドについてしらべてみまつ。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »