« Spitfire MK.Vb Float Plane | トップページ | 曳き物コン・フィールドキッチン(その9)-輪っか作り »

曳き物コン・フィールドキッチン(その8)-本体できた・・・

関東は相変わらずメリハリの無い暑さが続いています。

気が付けば曳き物コンの締切りも間近にせまってプレッシャーを感じる今日この頃です。

フロートスピットは寝かせておいてフィールドキッチンの続き・・・

1_2

インストの指定どおりに塗装してから、車輪と足回りを地面と同色(フラットアース)で汚してあります。

ぬかるみに脚を取られているベタな設定なので汚しは派手目に入れてます。

2_2

一応ミルク缶、保存容器などは全部積み込んであります、ただ、これだと前線に配食に行くというよりも糧食を受領してきたように見えてしまいますね~

ん~・・・今回は箱絵の再現が目的なのでコレでよしとします。

3_2

次はウマとリンバーのドッキングだな・・・

手綱の取り回しを考えるだけで眠くなってきます(笑)

次回は完成にしてしまいたい・・・

とはいえヤンキーのレーションになんかに比べるとずいぶん牧歌的なアイテムですが、作ると楽しいですねぇ。

某所でもフィールドキッチンが製作開始されていることですし。

来てますよ!・・・何かって飯炊き車のブームが(笑)

J衛隊の飯炊き車もキット化してくれないかな(本当に買うのか???)

4_2 

コレをキット化したタミヤさんに素直に敬意を表しておきます。

|

« Spitfire MK.Vb Float Plane | トップページ | 曳き物コン・フィールドキッチン(その9)-輪っか作り »

模型製作記 German field kitchen」カテゴリの記事

コメント

>フィールドキッチン...
ベースも含めて細かく作り込まれてますねぇ。
・路傍の草が自然な感じです。:麻紐でしょうか?
・兵のユニフォームも徽章類まで細かく塗り込まれていますよね。:私は長らく肩章の兵科色を塗ったことがありませんし、国家徽章も塗っていません。
・ベースに合わせて汚しをかけているので、色調の調和がとれていますねぇ。
・麻袋の形も自然。:エポパテか何かで造形されたのでしょうか?

きっちり作り込まれているのが画面からよく伝わってきます。(羨)

完成の姿を期待しております。
(私は「質より量」勝負なので....(自爆))

投稿: XJunで〜す | 2010年8月22日 (日) 21時00分

ネタ違いなので、もう1件。

>J隊炊飯車...
確かこのキットが発売された頃の「○ミヤニュース」に記事が出ていました。
3t半(?)トラックで牽引するのですが、調理用のエンジンがあって、ジャガイモなどの皮むき機がついていたり、ガソリンか灯油のバーナーで米飯とスープ類が同時に調理可能であったように記憶しています。

炊飯車のキットが出るなら、給水車(牽引タンク車)も一緒に欲しいですね。(「災害支援」みたくなりますね)

>ドイツの馬車...
今「ヒトラー最後の戦闘」を読んでいますが、当時ベルリンのような大都市でも馬車で牛乳を配送していたそうです。我々の想像以上に馬車が生活全般に関わっていたのかもしれません。
(日本だとリヤカーや大八車?)
ちなみに、私が作っている105mm野砲でも、馬匹券引用の足回りの部品も入っています。(砲兵の乗るリンバーは無いですが...)

投稿: XJunで〜す | 2010年8月22日 (日) 21時07分

ベースが出来てもう少しですね
木製の車輪が時代を感じます
補給を大切にした現われのキットです
馬とうまくまとめて下さい 

投稿: あきみず | 2010年8月22日 (日) 22時36分

ネチネチと加工のギャップでイチビロうとおもったんだけど、もうすぐ完成じゃ仕方ない。
実際の運用は満載状態だとおもわれ、、。食材食器
燃料、水とかいば、オチタタミのテーブル。
ゴミ缶やらバケツにオイルカップ(車軸の下に吊るす)
肉やパンは別にはこぶんだろうかねぇ。

投稿: apuro | 2010年8月22日 (日) 22時40分

XJunで~す様、徽章類は普段陸物を作らないのでWEBを漁ってみたんですがよく判りませんでした・・・なので適当です(笑)
>麻袋
これはキットオリジナルパーツです、パーティングラインがいい感じに走ってたのでそのまま使いました。
さすがタミヤ

投稿: シロイルカ | 2010年8月22日 (日) 23時01分

XJunで~す様、給水車はJ衛隊の駐屯地のある町の人間には見慣れたアイテムです。
昔は断水のたびに出動してきました(笑)

投稿: シロイルカ | 2010年8月22日 (日) 23時05分

あきみず様、WEBで見ると欧州の飯炊き車はみんな似てますねぇ・・・
やはり戦争慣れしてるんでしょうか、なんかシステマチックですよね。

投稿: シロイルカ | 2010年8月22日 (日) 23時10分

既に雰囲気バッチリじゃないですか!

それにしても石焼き芋屋さんに見えてしまう
自分が情けない(涙)

投稿: ハヤテ | 2010年8月22日 (日) 23時13分

フィギュアは好きで色々在庫がありますが、これは作ったことが無いです、で、思ったんですがズベズタのサイドカーで豚を抱えているモデルがありますが、それを横に置いたら何気に合うんぢゃないかと閃きましたが、単なる妄想かw

投稿: ⊥TT | 2010年8月22日 (日) 23時14分

apuro様・・・あんなの見せられたら逃げ切り体勢に入りますよ(笑)
私のは移動中ですから!!移動中!
>肉やパン
肉はともかく軍用パンはもっと小さい単位で配給されたかもしれませんね。

食器・・・かぁ・・・( ̄◆ ̄;)

投稿: シロイルカ | 2010年8月22日 (日) 23時16分

ハヤテ様、石焼芋屋・・・その連想はあながち間違ってないような気がします(笑)
配食車が来たぞ~と笛を鳴らしながら走り回ってたかも(爆)

投稿: シロイルカ | 2010年8月22日 (日) 23時24分

⊥TT様、>豚を抱えた兵士・・・
なんか・・・ドナドナみたいですがこの牧歌的な感じには合いそうですね。ズベズダのサイドカーですか(メモメモ)

そのままペットになったりして(爆)

投稿: シロイルカ | 2010年8月22日 (日) 23時28分

フランダースの○を思い出してしまいますねぇ

投稿: もず | 2010年8月22日 (日) 23時34分

もず様、牛乳缶ですね♪
ウチの田舎は酪農の町でもあるので牛乳缶を積んだ軽トラとかが缶をカランカランいわせながら走ってたりしましたね。
トウモロコシは牛の飼料用のデントコーンというのがいっぱい作られてました(最近はどうなのか知りません)

投稿: シロイルカ | 2010年8月22日 (日) 23時53分

>肉とパン&食器...
シチュエーションによりますよね。
ドイツ軍では師団単位で精肉中隊と製パン中隊があったので、パンは、焼いた状態で運んだと思いますが、肉に関しては中隊単位で調理済みのシチュー/スープを届ける時には既に缶の中...。あとは模型映えの話ですね。

食器は戦場写真で見ても、前線では基本は個人装備の飯ごうや飯ごうの蓋を使っていますね。(綺麗な食器で食べられるのは司令部の偉いさん...この辺、欧州では曹士と将校との差が激しいですね。)

ちなみに欧州では徴兵制が導入されるまでは傭兵制だったため、飯が悪いとさっさと契約途中でも逃亡してしまうという歴史を経験しているので、食糧の配給には各国とも力を注いだのだと思います。

話が前後しますが、中隊から小隊、分隊にシチューなどを配給するときは、最前線ではシチュー缶(小学校の給食の缶みたいなのに、背負い紐がついた奴)を背負って「特攻隊」よろしく前線まで届けたりしたようです。

投稿: XJunで〜す | 2010年8月23日 (月) 00時28分

XJunで~す様、>傭兵制
なるほど・・・士気を維持するのにメシは欠かせませんね。
日本軍のように草の根齧ってもという精神ではないんでしょうね。

相手が露助じゃなければ捕虜になってもちゃんとした待遇だったでしょうしね・・・

投稿: シロイルカ | 2010年8月23日 (月) 06時12分

芋煮会!

投稿: ルシファ | 2010年8月23日 (月) 17時49分

同時多発芋煮会!!

投稿: シロイルカ | 2010年8月23日 (月) 22時14分

あらためて形になったキットをみると
出た当時のアイテムとしてはとてつもなく地味ですね。
現在でこそこの手のアイテムは結構出ていますが・・・。

このキッチンカーにあの馬がくるんですね。
もう少しではないですか。

投稿: シミヤン | 2010年8月24日 (火) 00時47分

>フィールドキッチン...
最近このキットが限定再販されていますが、「ドイツ歩兵休息セット」(座って飯喰ってるヤツ)とか、一時期まったり系のキットもありましたが、まだビネットとかが流行る前だったんで、売り方に苦労しているみたいですね。

この2頭立ての馬が出来るのなら、6頭立ての馬匹牽引の大砲のキットは作れると思うんですが、さすがに作る人がいないかな?

第二次大戦で本格的に「自動車化」できたのはJeep(R)を大量投入できた米軍だけだったので、却って「馬車」やラバで荷物を運んでいるのを見ると、「欧州」を感じます。

投稿: XJunで〜す | 2010年8月24日 (火) 06時56分

シミヤン様、私の様にフィギュアの改造や自作が出来ない人間は、キットのシチュエーションに頼るしかないです(笑)
そういう意味では往年のタミヤキットは素組みでもそれなりのシーンが再現できるすぐれものが多かったですね。

投稿: シロイルカ | 2010年8月24日 (火) 07時37分

XJunで~す様、>自動車化
騎兵という伝統ある兵科に属してたり大型砲の砲兵だったりすると伝統に対するこだわりも多少ありそうですね。
欧州という予定戦場内ではそれでも問題なかったんでしょうか・・・

投稿: シロイルカ | 2010年8月24日 (火) 07時42分

当時、自動車での行動を計画するのは大変?。
乗用車、貨物車(スペックいろいろ)を混用して、
隊列組んだ場合、トラブル予測を含めた行動時間の
予測&故障による損失を計算するのは頭を悩ませる。
その点馬匹は古来からのデータとノウハウがあってキッチリしていた。
飼葉と時間がハンパないが、、、。

投稿: apuro | 2010年8月25日 (水) 02時36分

apuro様、道路の整備された欧州でそうなんだから中国や南方は推して知るべしですね・・・
輜重部隊の進出が遅れるのは致命的・・・

空挺部隊や自動車化された高速部隊はあくまでも一発勝負用のアイテム?

投稿: シロイルカ | 2010年8月25日 (水) 07時40分

>Jeepの続き...
米国の場合、T型フォード以来国全体の自動車人口も多く、自動車を大量生産できた唯一の國だったわけで...。

対するドイツの場合はひとえに「無い袖は振れない」状態で、ソフトスキンは国内外から各種の自動車(乗用車/貨物車)をかき集めて使用していましたし、もともと燃料を自前で調達できないので、「自動車化」自体に限界がありましたねぇ。

さらに輪をかけたのが、アドルフ伍長が勝手に1939年に戦争を始めちゃったので、陸海軍ともに装備その他が揃っておらず、戦車師団、自動車化師団への改変もままならなかったのが実情です。(ソ連侵攻はもはや論外...)

恐らく、自動車と同様に馬も各地からかき集められたんでしょうね。

投稿: XJunで〜す | 2010年8月26日 (木) 19時37分

XJunで~す様、国民車構想に楯突いてカデットを出したオペルに冷や飯を食らわせたヒトラーですからねぇ・・・
独裁者の好みが計画的な戦備に悪影響を与えたのは間違いなさそうですね。

投稿: シロイルカ | 2010年8月26日 (木) 23時35分

この前、模型屋さんでフィールドキッチンを眺めていて、思わず買いそうになりました(笑)

なんか・・戦場の癒し場所っていうか・・やっぱ食い物が出来るところはいいですね~(なんのこっちゃ・・・・)

投稿: SAIUN | 2010年8月28日 (土) 08時45分

SAIUN様、買えばよかったのに(笑)
コイツのバージョン換えはエプロン姿の兵隊さん(?)が付いていてより癒し度が高い気がします。
とりあえず積んでおくだけで豊かな気分になれるキットですね♪

投稿: シロイルカ | 2010年8月28日 (土) 10時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 曳き物コン・フィールドキッチン(その8)-本体できた・・・:

« Spitfire MK.Vb Float Plane | トップページ | 曳き物コン・フィールドキッチン(その9)-輪っか作り »