« T-34(その10)一人増量(笑) | トップページ | ハセガワさんの1/450赤城(6)武装のダウングレード »

T-34(その11)終了

T34/76  mod.1941/42

さて、人気の無いT-34(笑)

完成ではなく終了といたします。

ベースを作ると置くところが無いので半完成ということで。

1

ベースが無いので足回りの汚しも適当に終了・・・

2

冬期迷彩は案外いい塩梅にあがりました。

ところでこのT-34タミヤの廃版前の名称は1942年型になってたんですが近年の資料では1941年型の簡易工作版となっているようです。

零戦と一緒で新説がいまだに出てくるんですねぇ。

3

信号旗は例によって板おもりを使ってます。

シチュエーション的には僚車と連携をとりながら微速前進中といったところでしょうか・・・

すくなくとも最前線ではないですね。

4

フィギュアの装備品もばらばら・・・ヴェテランと補充兵と思うように(笑)

詳しい人は気付かないふりでお願いします。

5

戦車はしばらくおしまい(笑)

T34

↑追加画像-タミヤ白箱w

|

« T-34(その10)一人増量(笑) | トップページ | ハセガワさんの1/450赤城(6)武装のダウングレード »

模型」カテゴリの記事

模型-AFV・ソフトスキン」カテゴリの記事

模型製作記 T-34/76mod1942」カテゴリの記事

コメント

>T-34...
完成お疲れさまでした。
白色迷彩の剥げ方が絶妙ですね。(多分同じものは誰も作れない。っていうか、パターンがあるものじゃないので、同じじゃない方が自然...)
それとベースが無い分、いかにもT社「ホワイトボックス」みたいで却って情景が目に浮かぶようです。

>新説...
そうそう。当初T社から発売された頃は「1942年型」と銘打って出ていましたよね。それとこれにアップリケ装甲のついたのもあったような、無かったような...。

ま、いろんな工場で適当な図面で材料もアリもので製造しているので、いろんなパターンが完成していて、専門家でも分類不能のような気がします。(ノルマは「何台完成」であって、台数が揃っていて適当に走れれば、工場の責任は問われない。JS戦車で転輪に鋳造のスが入っている写真を見た事があります(w)。)

泥濘の中を進むにはトラックじゃムリなんで戦車に便乗というところでしょうね。(1943年春の泥濘の頃は独ソ睨みあいの状況だったハズ。小競り合いくらいでハリコフ戦以外、大きな会戦はなかったと記憶してます。)

ともあれ、お疲れさまでした。

投稿: XJunで〜す | 2010年10月11日 (月) 17時23分

はいはい、極寒になる前にもう数点!

投稿: ルシファ | 2010年10月11日 (月) 17時58分

正面からのパネルの中 ロシア兵
よく現れています 車体にこれだけ
兵員を乗せて余裕の進撃でしょうか
赤い旗がよいポイントになっています。

投稿: あきみず | 2010年10月11日 (月) 19時45分

XJunで~す様、>ハリコフ戦以外、大きな会戦はなかった
そうなんですね、ツィタデレ作戦前の睨み合いでしたか。
>台数が揃っていて
員数主義はいずこも同じ…

投稿: シロイルカ | 2010年10月11日 (月) 21時49分

ルシファ様、寒い、暑いの方が野暮用が入らなくて捗るのが判りましたw

投稿: シロイルカ | 2010年10月11日 (月) 21時53分

あきみず様、ロシアの戦車に歩兵を鈴なりにさせるのはある意味ド定番かもしれません。
一度はやってみたかったんです(笑)

投稿: シロイルカ | 2010年10月11日 (月) 21時58分

おほほほほ。
「64号」!!。
てんこ盛りの搭乗シーンが素敵デス。
T34は初期型が欲しいのですが、今の時流ドラでしょうか。
でも高価いなぁ、、。

車長のハイテンションがイイですね!。
「魔女のバアサンに誓って
   一人ずつ殺してやる」 デスネ。w

投稿: apuro | 2010年10月12日 (火) 19時56分

apuro様、この設定だと車長はやられキャラ(笑)
モンゴルからの徴兵バートルが実はノモンハンで負傷してモンゴル人に助けられた日本軍将校・・・
以下どこかで聞いたような話なので略
>T-34
ズベズダかどこかから初期型出てましたよね(キャタのパターンが複雑なヤツ)

投稿: シロイルカ | 2010年10月13日 (水) 02時17分

それにしてもうまくまとめられますね(羨)
ベースが無くても情景が思い浮かぶような動きは
やっぱりフィギュアの恩恵なんでしょうか♪


投稿: ハヤテ | 2010年10月14日 (木) 23時43分

>ベース…
デンデケデン…もとい、ベースの効果も善し悪しで、展示品として格好がつく代わりにイメージが固定されてしまいますよね。

ホワイトボックスの利点は見る人の想像力を掻き立てる楽しさにあるのではないかと…。

最近のT社抱き合わせMMはシーンが固定され過ぎていて…。ファンってわがままですね(爆)。

投稿: XJunで〜す | 2010年10月15日 (金) 00時40分

ハヤテ様、T-34に歩兵を鈴なり…はみんな考えるらしく載せやすいポーズのフィギュアが各社から出てるんですね…
日本兵≒着剣突撃ぐらいポピュラーです。

投稿: シロイルカ | 2010年10月15日 (金) 09時53分

XJunで~す様、ベースを付けてしまうと置く場所が無くなる、というのが一番の理由です(笑)
○居氏とアマモの影響でベース付きが当たり前になってしまった部分はありますねえ。

投稿: シロイルカ | 2010年10月15日 (金) 09時57分

>ベース...
テケテケテケテケ...(しつこい)
最近はウチの地元のショップのコンテストでも「ベース」必須になってきております。店としては、破損防止が一番の眼目のようですね。
こちらのコンペくらいじゃぁ賞品云々の話にはならないのですが、場合によっちゃ、破損すると相当揉めることになるので、「ベースに完全固定」が世の流れになってきてますねぇ。

P.S. こないだの105mm砲は開き直って板の上に乗せちゃいましたが、なんだか、安物の置物に見えてしまいましたorz。

投稿: XJunで〜す | 2010年10月15日 (金) 19時19分

この騎上歩兵は銅鑼のセットですか?
1942型はタミヤの箱絵のイメージか
私には作られたこの冬季迷彩がビンゴです。

うちにも1943のT-34(いわゆるミッキーマウス)がありますが
いいかげん作らないと腐るかな(笑)

投稿: シミヤン | 2010年10月16日 (土) 00時05分

XJunで~す様、都会の住宅事情だと使いまわしのベースにしない限りスペース破綻必至だと思うんですが・・・

投稿: シロイルカ | 2010年10月16日 (土) 00時16分

シミヤン様、歩兵はミニアートとタミヤ、銅鑼の連合軍です(銅鑼は海兵隊?のキットです)

この箱絵の迷彩は私も脳味噌に刷り込まれましたねぇ(笑)
35年がかりでイメージどおりに仕上げた感じ(笑)

投稿: シロイルカ | 2010年10月16日 (土) 00時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: T-34(その11)終了:

« T-34(その10)一人増量(笑) | トップページ | ハセガワさんの1/450赤城(6)武装のダウングレード »