« T-34(その8) | トップページ | T-34(その10)一人増量(笑) »

T-34(その9)

戦車続きます。

箱物と生(なま)物の苦手な方、すみません(笑)

デジカメの手振れ補正が調子悪いようで

微妙にピントの合わない画像ばかり撮れます(鬱)

というわけで車両のハゲチョロは一段落したんで兵隊さんを乗せてみました。

1

こんなもんかなぁ・・・

兵隊さんの服装から考えるともう雪解け時分となりますね、となれば下は泥濘か、

まぁ、ベースは皆様の想像力を喚起してもらって(笑)

2

緊張感の無い場面・・・ですね。

すべて既存のフィギュアなのでこんなもんでしょうか(汗)

3

こちら側が淋しい?

|

« T-34(その8) | トップページ | T-34(その10)一人増量(笑) »

模型製作記 T-34/76mod1942」カテゴリの記事

コメント

さすがに早いペースですねぇ(敬)

>ベース…
トコトン泥んこにするか、いっその事T社 ホワイトボックス風にするか…悩み所ですねぇ。
安直ですが、タミヤのテクスチャーペイントの泥の上にクリアを吹いても面白い感じになりそうですね。

>緊張感…
露助の記録写真はほぼヤラセなんで気にするほどでもないかと…。

戦車からすると43年の春先…両軍とも行動力が落ちてる頃ですから、元々「緊張感」を出すのが難しい時期ですね。
兵力の回復を感じられればOKではないかと…。

投稿: XJunで〜す | 2010年10月 7日 (木) 01時43分

P.S. 戦車長が指揮棒みたいなのを振ってますが、手旗なので、トレーシングペーパーあたりに"アクリルガッシュ"の赤(いろいろあります)を塗ってやると発色がよくスカッと艶消しになりますよぉ。

(昔フィギュアの被服をアクリルガッシュで塗ったこともあります。乾燥が速いので影をつけるのは難しいですが、発色は超綺麗です)

ついで...
レンドリースで米軍から供与された中で露助が一番喜んだのが、M3とかに積んでいる「無線機」だったそうで、それまでは手旗で小隊長が合図を送っていた(もともと練度が低く難しい部隊運動は無理で単縦陣くらいしかできなかったんですが) のが米国の無線機でやっと無線がまともに使える様になったと厨房の時にサンケイ出版のシリーズ本の「T-34」で読んだ覚えがあります。

投稿: XJunで〜す | 2010年10月 7日 (木) 06時35分

XJunで~す様、ベタですが車長は僚車と旗で信号を交わしている設定です。
>速いペース
えと・・・露助どもは2年ほど前にここまで塗ってあったんです、載せ直しただけでした(汗)

投稿: シロイルカ | 2010年10月 7日 (木) 23時29分

まだ雪が解けずにわだちが残る 平原を進む 余裕のある情景です
フィギアが色んなシーンを想像させて
もらえます

投稿: あきみず | 2010年10月 8日 (金) 15時13分

タンクもさることながら、お人形さん達のお顔が異常にリアルですね。
まるで本物のロ助ですよ。
ホント素晴らしい・・・私もそんなリアルな日本兵を作りたいな。
憎きチャンコロを銃剣で串刺ししている勇敢な日本兵・・・作りたいけどキットが出ない(涙)

投稿: 笛吹 | 2010年10月 8日 (金) 17時23分

あきみず様、ありがとうございます。
見た方それぞれが色々な解釈をしてもらえるのが理想です。

忙中閑ありな感じですかねぇ。

投稿: シロイルカ | 2010年10月 8日 (金) 23時39分

笛吹様、多分ミニアートのフィギュアがとてもいい顔してるんだと思います。
モールドにあわせて塗るだけでとてもいい表情になります。
>日本兵
アマモの付録の重機に付いていた銃手と装填手はとてもイイ感じでしたねぇ。

PS:リンクありがとうございます。
こちらからもリンクさせていただきます。

投稿: シロイルカ | 2010年10月 8日 (金) 23時43分

フィギア乗せると、T-34が妙に小さく見えますが、実機も小型だったんですかね?

投稿: ルシファ | 2010年10月 9日 (土) 00時01分

>T-34...
T-34はドイツのIV号戦車よりも10cm強全長・全幅が大きいくらいですね。なので、スタイルは似ていますがV号 Panther の方がかなり図体の大きな戦車になります。

確かT34はリヤエンジン、リアドライブなので、車体はコンパクトですね。

投稿: XJunで〜す | 2010年10月 9日 (土) 00時21分

>フィギュア…
金型の精度が良くなり、原型のも彫りが深く細かくなってきたので、インジェクションでも良いフィギュアが増えましたね。

さっと基本色を塗り、墨入れとハイライト部分のドライブラシだけでもくっきりした表情を再現出来るモノが増えました。
日本人の顔は塗りが難しそうですが…。

投稿: XJunで〜す | 2010年10月 9日 (土) 01時08分

こげに沢山の人がおると、面白いですね!!

反対側には綺麗なネータンを配置するとか・・・しませんよね~(笑)

投稿: SAIUN | 2010年10月 9日 (土) 08時11分

ルシファ様、76cm砲のT-34は砲塔が狭くて装填手が乗せられなかったようです・・・
車体も砲塔も斜めにそぎとったような形なので中は狭くて息苦しかったでしょうね。

投稿: シロイルカ | 2010年10月 9日 (土) 08時39分

XJunで~す様、>リヤエンジン、リアドライブ
トランスミッションがらみで苦労した独戦車(含むエレファント)のことを考えると先見の明があったんですかね。
>フィギュア
ドラゴンのも2体いるんですが顔がイマイチです・・・

投稿: シロイルカ | 2010年10月 9日 (土) 08時44分

SAIUN様、露助にオネータンはダメです(笑)
猫に鰹節です・・・泥棒に追い銭・・・
>こげに沢山
タミヤの露助も物色中(笑)

投稿: シロイルカ | 2010年10月 9日 (土) 08時47分

>ミニアート...
ミニアートとかICMって東欧系にしては、結構よいモールドのフィギュアなどのキットが増えて来ましたよね。それにMM以上にフィギュアだけで物語の設定ができて、ビニェットが作れそうな商品が出てきています。国産MMじゃ作れそうにない思い切った場面設定も面白いです(w)。
(自分も上手く塗れたらいいなぁ...と思うことしきり)

投稿: XJunで〜す | 2010年10月 9日 (土) 21時14分

XJunで~す様、東欧のフィギュアは良いです♪
装備品や銃器類はやぱーりタミヤですが、表情やデッサンがいいですね(地元だから当たり前?)

投稿: シロイルカ | 2010年10月10日 (日) 00時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: T-34(その9):

» 撮影機材... [Hause des XJun III]
S様のところでデジカメの手ブレの話が出ていたのでちょっと一言。(ご存知でしたらゴメンナサイm(_ _)m) 今でも、模型の途中経過の写真はPCの上でデジカメを手持ちでストロボ撮影していますが、夏に撮影ブースの出物を見つけてゲットしてから、完成品は撮影ブースを使用しています。 手ブレに関しては、完成品撮影の場合、三脚を使い、レリーズの代わりにセルフタイマーを利用しています。 三脚上でアングルを決めたら、セルフタイマーで撮影するとシャッターボタンを押す際のブレが無いのOKになるという理屈です。 三脚... [続きを読む]

受信: 2010年10月 7日 (木) 18時54分

« T-34(その8) | トップページ | T-34(その10)一人増量(笑) »