« 96艦戦(その12)-基本塗装完了・・・涙; | トップページ | Ⅳ号J型-リベンジ »

96艦戦(その13)-完成

本格的な冬型になり関東南部は乾期に入りました。

寒いのでエアブラシのトリガーを引く手も凍えがちな今日この頃・・・

96艦戦の最終仕上げにいそしんでます。

初期の中国戦線らしくピカピカ仕上げにしようと思います(特に初期だからピカピカだという根拠もないのですがイメージ優先ね(笑)

グロス仕上げはいつもの汎用床ワックス

テレスコ型照準器、着艦フック、ヘッドレストを取り付け・・・

かんしぇーい

***********************************

Mitsubishi Type 96 Carrier Fighter (A5M2 )"Claude"

96式2号1型艦戦

1号艦戦の発動機を寿3型に換装、プロペラは3翅に変更

過給器が降流式となったため過給器インテイクが機首上面につきだしています。

マーキングは12空の岩本徹三三空曹 昭和13年春 南京となっております。

1

塗装はいわゆるアルマイト色を意識した色にしてますが2号1型にこのような色の機体が実際に有ったのかどうかはリサーチしてません。

というかワニス仕上げも定説がなくよく分からない状態です。

2

色々失敗はしたんですが完成品の雰囲気は気に入ってます。

3

4号艦戦とは違いカウルフラップがないので隙間からエンジンがよく見えます。

シリンダーの隙間から着地点を狙ったというのが実感できますね。

4

5

ナイフのようにエッジーな翼形は繊細でいて獰猛な感じ

6

尾灯もクリアーにしてみました(笑)

7

中々格好いいキットなので見かけたらまた買ってしまうと思いますね♪

いつか4号艦戦も作ってみたいです。

|

« 96艦戦(その12)-基本塗装完了・・・涙; | トップページ | Ⅳ号J型-リベンジ »

模型製作記 九六艦戦」カテゴリの記事

コメント

96艦戦、完成お疲れ様でした。

苦労の甲斐あって、美しい仕上がりになりましたね。

楕円テーパー翼は96艦戦と99艦爆くらい?
過渡期の設計だったのでしょうか。
敏捷な雰囲気が伝わってきます。
ともあれお疲れ様でした。
次は巡洋艦ですか?

投稿: XJunで〜す | 2011年1月15日 (土) 04時58分

完成乙です!

このまま楕円翼を進化させたらまた面白い戦闘機に発展したんでしょうなぁ・・・

次は巡洋艦行くんですか??

投稿: SAIUN | 2011年1月15日 (土) 10時07分

ほう、アルマイト色ね。
納得!

投稿: ルシファ | 2011年1月15日 (土) 18時47分

「♪・・・南京あたりもひとっ飛び・・・ブンブン荒鷲ブンと飛ぶぞ」

ご挨拶遅くなりまして申し訳ございません。

旧年中は誠にお世話になりました。

本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

荒鷲の完成おめでとうございます。

投稿: ラッキーユダヤ | 2011年1月15日 (土) 20時41分

完成お疲れでした。

勝っている頃の戦闘機はどこも派手な色を使ってますな(笑)
危なくなって来ると、迷彩に力が入りだすw
岩本徹三氏の戦記は読み応えがありましたな、海軍3大エースの1人だと思います。
あと2人は誰だ、と言われると悩みますがw

投稿: ⊥TT | 2011年1月15日 (土) 20時47分

XJunで~す様、上から平面形で見るとハインケルの没戦闘機に似てますね。
これも太平洋戦争の緒戦はすでに二戦級機ですから当時の進歩は日進月歩だったんですねぇ。

投稿: シロイルカ | 2011年1月15日 (土) 22時41分

SAIUN様、作りにくい楕円テーパー翼を嫌って直線テーパーに変更しなかったら零戦は一万機も生産できなかったかな?
この当時は大量産なんか考えてなくて当然?

投稿: シロイルカ | 2011年1月15日 (土) 22時44分

ルシファ様、アルマイト色は当時の関係者(操縦者&整備員)の証言(伝聞を含む)ですから本当のところは闇の中です。
なるほどと思っていただければ満足であります。

投稿: シロイルカ | 2011年1月15日 (土) 22時46分

ラッキー様、最近当時の陸軍航空隊の戦記を読んでるんですが、南京辺りでも地上部隊はわかりませんが陸軍航空隊の軍紀は粛然たるものだったようですね。
こういう事は声を大にして言っておかなくてはいけませんね(これ以上は自主規制…)

投稿: シロイルカ | 2011年1月15日 (土) 22時54分

⊥TT様、岩本氏の戦記は後半の沖縄戦の辺りも読み応えありますねぇ・・・
空戦の経験数から言っても一番のエースでよろしいのかと・・・
後は西沢氏とか武藤氏とか操縦練習生出身者がやはり凄いのではないでしょうか。
あ、坂井三郎氏もやはり(笑)
*2010/1/28訂正
西澤廣義氏は予科練(乙飛)出身ですね・・・失礼しました。

投稿: シロイルカ | 2011年1月15日 (土) 23時08分

おおーっ、インパクトありますね!

私の祖父はこの色の事を弁当箱色と言っていました♪

完成おめでとうございます。

投稿: ハヤテ | 2011年1月15日 (土) 23時52分

ハヤテ様、そういえばやかんも弁当箱もみなくなりましたね~
もうアルマイト色といっても若い人には伝わらないのね(爆)

投稿: シロイルカ | 2011年1月16日 (日) 10時20分

ほこほこ。
やりましたね!。 きれいな仕上がりです。
うひょひょひょひょー。

投稿: apuro | 2011年1月16日 (日) 22時06分

完成、おめでとうございます。

私が昨年作った72の96艦戦は先日家内が飾り棚からたたき落として破壊してしまいました(涙)
大切に保管して下さい・・・。

投稿: 笛吹 | 2011年1月16日 (日) 23時10分

apuro様、最近ヒコーキの仕上げはスミ入れとか無しにすることが多くなりましたね~
気分でまた変わるとは思うんですが仕上げは人それぞれでいいかなと思ってます。

投稿: シロイルカ | 2011年1月17日 (月) 09時44分

笛吹様、私も過去地上撃破は数限りなくw
敵は猫、当時の子供たちが主でした…
最近は保管不良の事故で失われる機体が多く、
自業自得ですがなんとかせねばであります。

投稿: シロイルカ | 2011年1月17日 (月) 09時47分

nananiya72です。
九六式艦上戦闘機 完成 乙おめ であります。
まさに、ごっついHe-112のスリムな空冷版ですね。
48ほどにすると、リファインぶりがよくわかりますね。
同じ設計者ながら、九六式艦戦と零式艦戦にデザイン的な流れは
見えませんね。 進歩や流行が速かったのでしょうか。
この度の「雷電」32で烈風を除けば勢揃いが可能になりますね。

ぜひ!

投稿: nananiya72 | 2011年1月17日 (月) 20時54分

完成お疲れ様でした(・∀・)イイ!

投稿: rf4suke | 2011年1月17日 (月) 21時48分

nananiya72様、堀越ワークスといえば師匠様のスケールアビエーションの記事を思い出すであります。
一番作風が似てるのは雷電と誉の試製烈風のような気がします・・・
>勢揃い
1/48じゃダメですか?(笑)

投稿: シロイルカ | 2011年1月17日 (月) 22時24分

rf4suke様、ありがとうございます。
最近はウェザリングやエイジングに凝るのもトレンドですけど、こんなピカピカ仕上がりもあります(笑)
35年ぐらい前(おぢさんが中学生の頃)はきれいな仕上げの作品ばっかりでしたね・・・
まだ修行中です(笑)

投稿: シロイルカ | 2011年1月17日 (月) 22時29分

チョットぽっちゃりとなった4号よりも、2号の方が原型の九試単戦っぽくてカッコいいですねぇ~

投稿: 怪傑店長 | 2011年1月17日 (月) 22時37分

店長様、確かにその通りですね♪
異型の3号艦戦もなかなかですが、この2号艦戦が一番96艦戦らしい雰囲気だと思います。

投稿: シロイルカ | 2011年1月17日 (月) 23時21分

まじり様、ご連絡ありがとうございます。
念のためコメは非表示にさせていただきました。
>尾灯
透明ランナーさえあれば簡単にできます、
マスキングがめんどい(爆)

投稿: シロイルカ | 2011年1月18日 (火) 09時33分

遅くなりましたが 96艦戦完成おめでとうございます アルマイト地の輝きが初戦の躍進を
彷彿させます 岩本機もまずはこの機体から
エースに上り詰めていったのですね
良い刺激を貰いました

投稿: あきみず | 2011年1月18日 (火) 21時27分

あきみず様、ありがとうございます。
ぎりぎりまで減量した競走馬のようなスリムなシルエットに魅了されました。
この機体が好きという方が多いのが作ってみてよく解りました♪

投稿: シロイルカ | 2011年1月19日 (水) 09時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 96艦戦(その13)-完成:

« 96艦戦(その12)-基本塗装完了・・・涙; | トップページ | Ⅳ号J型-リベンジ »