« A-6Eイントルーダー(その4)・・・お化粧中 | トップページ | A-6Eイントルーダー(その5)・・・塗装開始 »

巡洋艦祭りクリーブランド-(その3)

さて、人気の無い米巡です。

今日は船体の追加工作・・・

え~と、何でしたっけフェアリーダーとアンカーが納まるところのモールドが無いので高荷画伯の箱絵を参考に適当に再生しました。

1

米海軍に詳しい人はスルーしましょう(笑)

そしてプロペラガードがプラパーツなので真鍮線で造作しなおしました。

2

詳しい方・・・スルーしてください。

まあ、資料も知識も無い艦なんでこんなもんです。

ごめんなさいね・・・

あと、塗装図を見るとファンネルキャップがあるようなのでコチラも極細金属線で追加。

3

微妙にピントが合いません・・・

う~む、ペンタックス1mmcmマクロ敗れたり・・・(笑)

4

全景・・・

もうこれ以上手を入れる気は無いので塗装に入りま~す

メジャーなんたらって・・・じぇんじぇん解からないよ~

やれやれ

|

« A-6Eイントルーダー(その4)・・・お化粧中 | トップページ | A-6Eイントルーダー(その5)・・・塗装開始 »

模型」カテゴリの記事

コメント

>メジャーなんたら...
米艦というと迷彩が見せ場のひとつですが、個艦でも時期や左右・上面のパターンが一様ではないので、資料探しが一仕事ですね。

対日終戦前後だと基本色に舷側下方を塗り分けただけでおKなフネが多いですが、どないなさるんでしょうか???

仮組みの際に真鍮線を通しているのが塗り分けの際に役立つように思うんですが...。

投稿: XJunで〜す | 2011年3月 2日 (水) 22時25分

ファンネルキャップ、いいっすね~♪
艦の幅がかなり広そうに見えますが、
帝國海軍艦と比べてどうでしょう?

投稿: ハヤテ | 2011年3月 3日 (木) 00時11分

アメリ艦の迷彩って効果有ったんですかね?
めじゃ~なんたら
どれ見てもモダンアートに見えてしまいます(笑)

投稿: もず | 2011年3月 3日 (木) 09時44分

XJunで~す様、とりあえず一番簡単そうな迷彩
船体ネービーブルー、上から見える部分デッキブルー、構造物側面グレーでいきます…
メジャー12???かな???

投稿: シロイルカ | 2011年3月 3日 (木) 09時45分

ハヤテ様、レポートいたします。
比べ易い加古と比較した場合
船幅はほぼ同じですが全長が違います…
こいつは下半身デブなので後ろ側が寸詰まりに見えます。
加古のスマートな船体に比べ・・・(以下略)

投稿: シロイルカ | 2011年3月 3日 (木) 09時59分

もず様、モダンアート!
まさにそんな感じですね~
こんなに種類が有って識別に苦労しなかったのか知らん?
アメリカ人って面白いw

投稿: シロイルカ | 2011年3月 3日 (木) 10時02分

>迷彩…
大戦末期にはだいたいこのパターンですよね。

PiTのデッキブルーは確か絶版だから調色が必要ですよね?

どの迷彩にしても色味がよくわからない(困)。

投稿: XJunで〜す | 2011年3月 4日 (金) 05時34分

ポロペラガードがキマすねー。
模型的カナヅチよりWW。

投稿: apuro | 2011年3月 4日 (金) 19時10分

XJunで~す様、本当に色味はよく解らないです。
わからないのをいいことに自分好みにしちゃいます(笑)

投稿: シロイルカ | 2011年3月 4日 (金) 19時32分

apuro様、どこかに自分の個性を出したいですよね~
牡猫がスプレィするようなもんで
『ほぼ素組だけどちょっと違うよ!!!』
というメッセージ(笑)

投稿: シロイルカ | 2011年3月 4日 (金) 19時34分

ご無沙汰です。
アメリカのお船は迷彩が面白いですよね。
私もメジャーなんたらはよく解りませんけど^_^;
昔、何かの本で迷彩塗装の基本的な事を読んだことがあるのですが、全然理解できませんでした。

投稿: @daigo | 2011年3月 4日 (金) 21時14分

>迷彩…
マリアナ沖海戦以降のアメリカがフネを大量投入してきた頃には海上で怖いのは味方の同士討ちくらいだったのでは?と考える次第…。

ド派手な迷彩は味方にアピールするためとか…。
デッキブルーはともかく、船体のモダンアートは照準を眩惑する効果はすこぶる疑問ですねぇ。

ちなみに、あの迷彩のコツは「急がば回れ」だそうです。

ウチのオイゲンより凄い塗装に…(以下自粛)

投稿: XJunで〜す | 2011年3月 4日 (金) 22時39分

@daigo様、面白いだけで充分なんでしょうかねぇ、私もちゃんと読んだことがないのでどういう経緯でこんなたくさんのパターンができたのか全く解かってません(笑)
もしかしてモデラーのため?w

投稿: シロイルカ | 2011年3月 5日 (土) 14時26分

XJunで~す様、>味方にアピール
解かるような解かんない様な…w
形状を誤認させるとか、測距を妨げるとかは関係ないのか…
目立たせるってことですか…
アメリカ人わかりません(笑)

投稿: シロイルカ | 2011年3月 5日 (土) 14時30分

来週初めから寒の戻りがあるみたいよ。
早めに仕上げてね。

投稿: ルシファ | 2011年3月 5日 (土) 21時02分

ルシファ様、私も寒くても(第3の)ビールです!
>早めに仕上げる
大丈夫です500ml一本あればバッチリ出来上がります(あれっ?違った? 笑)

投稿: シロイルカ | 2011年3月 5日 (土) 22時30分

洋物の艦船はさっぱり・・・知識=0でありますので、なんとコメすればもわかりません(^^;

一回なにか作ってみるときっかけになるかもなどと思いますけどね~

投稿: SAIUN | 2011年3月 6日 (日) 13時44分

SAIUN様、いえいえ無理してアメリ艦を作る必要は無いかと…
私は案外米軍アイテム好きなんで実は陸海空たくさん積んであります。
お客様受けが悪いのがなんとも…(爆)

投稿: シロイルカ | 2011年3月 6日 (日) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502183/51013890

この記事へのトラックバック一覧です: 巡洋艦祭りクリーブランド-(その3):

« A-6Eイントルーダー(その4)・・・お化粧中 | トップページ | A-6Eイントルーダー(その5)・・・塗装開始 »