« ヴィクトリアマイル | トップページ | Fi-156cシュトルヒ(その4)-士の字(汗;) »

Fi-156cシュトルヒ(その3)-キャノピ合わ~ん

予想通り5分割キャノピ合わんです・・・

カードア部分は開状態にするからいいとして、下面のオーバーハング部分が合いましぇん。

2

単純な形なのでやすって削っての繰り返し・・・

1

往年の1/32キットはみんなこんなもんでしょうかね(諦念)

仮組みトリミングを繰り返しこうなりました。

胴体とのフィッテイングはまあまあ・・・前の部分に隙間が出来ないのは立派かも(笑)

後部の合わせはペケです・・・プラ板挟み込み&パテ埋めが必要です。

3

しかしこうやってみるとなんとなくアニメキャラを思わせる風防(風貌)ですね~

英国のライサンダーに比べるとコワモテさでは一歩譲りますが神出鬼没感はこっちの方が上かな・・・

帝国陸軍の直協機、軍偵なんかの働くヒコーキ感満点な地味系ルックスもいいのですが(←変?)シュトルヒには造形になんともいえん味がありますね~

******************************************

おまけ

アカデミー1/72テキサンっす

自衛隊デカールの限定品です。

4

見覚えのあるかたは昔からのお客様(笑)

テキサンゼロへの改造なんて無茶振りもありましたなぁ~

☆機の範疇ですが日の丸仕様なんでセーフですよね(笑)

お客様!爆竹はダメです。

|

« ヴィクトリアマイル | トップページ | Fi-156cシュトルヒ(その4)-士の字(汗;) »

模型製作記 Fi156シュトルヒ」カテゴリの記事

コメント

32シュトルヒはキャノピーパーツがネックでしたか。
72でも苦労したような記憶があります。
透明部品なのでごまかしのきかせようがないと言いましょうか・・・。

テキサン自衛隊機仕様・・良いですね~。
でも零戦にとは言いません
99艦爆に・・・
あ!?99はバルティでしたっけ?

投稿: シミヤン | 2011年5月19日 (木) 22時49分

我町に日の丸付けたテキサンが展示(?)されてます。

それを零戦とノタマウ人間の多い事。
腹が立つやら情けないやら(涙)

プロペラに日の丸付いてりゃ零戦とは。
因みにプロペラに★が付いてればグラマンだそうで(爆)

投稿: 爆竹ハヤテ(爆) | 2011年5月19日 (木) 23時23分

シミヤン様、これ当時の工具やパテ類だと結構ハードル高そうですね…
1/48や1/35のキットが出てしまった今となってはM体質御用達キットとしか評価できんです(笑)

>ハリウッド・ゼロ
キャノピーさえクリアーできれば案外楽しく作れそうですね、やりませんけど(笑)

投稿: シロイルカ | 2011年5月19日 (木) 23時57分

ハヤテ様、ゼロ戦は『セスナ』とおんなじで一般人には普通名詞なんでしょう(笑)
>グラマン
空冷は『グラマン』で4発は『B-29』液冷はみんな『かつをぶし』(爆)

投稿: シロイルカ | 2011年5月20日 (金) 00時04分

奈良に遠足に行った折り、J隊の学校にテキサン(練習機仕様?)が展示されてるのを柵越しに見た覚えがあります。

造形的には全然零に似てないのに映画では「質より量?」(M47を王虎と思わなきゃいかん映画の世界)

ヒコーキがお題になると続々といろんな機種が出て来るものですね。

投稿: XJunで〜す | 2011年5月20日 (金) 06時39分

XJunで~す様、所沢の航空公園の展示館にも特等席に展示してありますね。
旧軍機が残って無いのでしょうがありませんが…
再建自衛隊の雛鷲が皆お世話になったんですから
まあいいんでしょうけど(微妙)

投稿: シロイルカ | 2011年5月20日 (金) 09時50分

やっぱり風防は合いませんでしたか ここはこの頃のキットとして何か印象に残る一品としておきましょう 私も奈良の友人から0戦が置いてあると
写真を見せてもらった事があります

投稿: あきみず | 2011年5月20日 (金) 21時52分

あきみず様…ところがハセのシュトルヒをもう一個もってるんです(シミヤン様放出)
今回は練習ということで(笑)
>奈良
ということはやっぱりゼロとテキサンは似ているということなんですね(一般人的には 笑)

投稿: シロイルカ | 2011年5月20日 (金) 22時35分

殆どの人が旧軍戦闘機のすべてを「零戦」と呼びますしね・・

そこでウンチクを垂れると大抵のひとが「つまらなさそう」にします・・(爆!)

投稿: SAIUN | 2011年5月21日 (土) 05時42分

SAIUN様、うん、ゼロ戦→爆装→特攻のイメージなんでしょうね…
日本映画がそんなんばっかりだから仕方ありませんが、あの戦法は外道だと殆どの古参パイロットが認識してたのは伝わりませんね…
私はそういうときは知らん振り(爆)

投稿: シロイルカ | 2011年5月21日 (土) 06時58分

キャノピ合わないのか、、。きびしーね。
1/32だとどーぶつ満載って考えたケド、
やつらアタマでかいからギチギチになるねw。
テキサン、アカの。 あれいい感じだよね。ペプシはヤだけどw。
私のストックあったけど、静岡のビンゴに出しちゃった。

投稿: apuro | 2011年5月21日 (土) 18時45分

apuro様、ひさびさに力技の士の字でした(次回記事参照)
>どーぶつ満載
いいな、それ…どーぶつマンセー!いやいや違う
それはペプシだったw
そう、このテキサン箱絵はROK仕様…
この箱で北米は売れないでしょ

投稿: シロイルカ | 2011年5月21日 (土) 20時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Fi-156cシュトルヒ(その3)-キャノピ合わ~ん:

« ヴィクトリアマイル | トップページ | Fi-156cシュトルヒ(その4)-士の字(汗;) »